Archives for 研究成果 - Page 60

研究成果

ヒトは冬眠できるのか? – 冬眠が基礎代謝を下げるメカニズムを解明し、臨床応用を目指す

基礎代謝の維持は生命の土台 基礎代謝とは、動物が生命維持に必要な最低限のエネルギーのことを指します。動物を構成するすべての細胞に、それぞれの基礎代謝が存在し、それらを維持するために私たちの体は呼吸を行… この記事を読む
研究成果

がん遺伝子「GRWD1」の発見 – 新たな抗がん剤の開発を目指して

  「がん」とは? 私たちの体は、多くの細胞から出来ています。これらは、厳密なコントロールのもとで、必要なときに必要なだけ増えるように制御されています。たとえば、体の表面の皮膚組織では、細胞… この記事を読む
研究成果

ヒトは無意識に情報を取捨選択している? – 心理学的アプローチで解明する

  潜在学習とは ヒトは何かを学習しようという意図がないときにも、気がつかないうちに視覚場面の情報を学習しています。わたしたちが日常生活で感じる「勘」のようなものや、なぜかわからないけれど上… この記事を読む
研究成果

エサが変われば形も変わる – 葉潜り虫の変身物語

  葉に字を描く虫 植物の葉に字を書く虫がいることをご存知ですか?
 草木の葉をよく見てみると、一筆書きした文字のような跡が見つかることがあります。 アルファベットのSにみえる潜葉痕 これは… この記事を読む
研究成果

天敵が生き物の多様化を促す? – カタツムリとオサムシの攻防をめぐる進化の謎に迫る

  生き物の多様化をめぐる冒険 地球上には、人類の想像の及ばないほどに多種多様な生き物が生息しています。生き物の多様な色や姿、またその生き様に、私たちは興味を掻き立てられ、驚きと感動に満ちた… この記事を読む
研究成果

遺伝子改変ブタの作成に成功! - そのポイントは「電気」の力に

  ブタはヒトに似ている? ブタと聞くと、どのようなイメージを持ちますか? 豚丼、とんかつ、豚汁など、美味しい食材というイメージでしょうか。家畜のイメージがどうしても先行してしまうブタですが… この記事を読む
研究成果

ひとつの量子的なシャッターで、2つのスリットを同時に閉じる – 量子力学の不思議さの本質に迫る

  光は波なのか? 粒子なのか? 1805年頃、トーマス・ヤングは、2つのスリットに光を通してその先のスクリーンにできる干渉縞を見るという実験を行いました。当時、光が「粒子」なのか、それとも… この記事を読む
研究成果

【連載】脳望遠鏡:Biology 5.0で脳に挑む(4)

* 連載目次はこちら 動物は、目という「望遠鏡」を持っています。特に、ヒトが外界から受け取っている情報の9割は、目からであると言われています。つまり、ヒトは 視覚を多用している動物と言えるでしょう。視… この記事を読む
研究成果

情けはハチの為ならず? – 花色変化に込められた植物のしたたかな戦略

花粉を運んでもらうかわりに蜜をあたえる花と虫の関係。そう聞くと、絵本にあるような牧歌的な光景を思い浮かべるかもしれません。ところが、蜜ほしさに花を訪れる虫と、とにかく花粉を運んでもらいたい植物、両者の… この記事を読む
研究成果

日本のトリュフを知り、栽培に挑戦!- 初の国産トリュフ誕生を目指して

トリュフはキャビア、フォアグラとならぶ世界三大珍味のひとつとして知られるキノコです。イタリアやフランスが有名な産地ですが、アメリカやメキシコなど北中米、また中国、インド、タイなどのアジア地域でも発生し… この記事を読む