Author Archives: 柴藤 亮介

インタビュー

「出口は目指すが、やるのは基礎研究」 – 有機ELの先駆者、九大・安達千波矢教授

スマートフォンやVRゴーグル、テレビの素材として注目されはじめている「有機EL」をご存知だろうか。有機ELが初めて注目されたのは、1950年代。当時、未来のディスプレイを夢見た研究者たちは、液晶と有機… この記事を読む
インタビュー

ウミガメって、どんな一生を送っているの? – 東京大学大学院・木下千尋さんに聞く

  「ウミガメ」と聞くと、テレビなどで観たその産卵風景などを思い浮かべる方も多いのではないだろうか。私たちにとって身近な動物のように思えるが、ウミガメがどこで生まれ、どのように成長しているの… この記事を読む
インタビュー

スカイツリーと氷河はつながっている? その答えは「微生物」に – 国立極地研究所・植竹淳研究員

  現在クラウドファンディングに挑戦中の国立極地研究所・植竹淳研究員は、氷河微生物生態学を専門としており、世界各国の氷河を訪問し、現地の微生物の調査研究を行っている。一方で、今回の研究プロジ… この記事を読む
クラウドファンディング

【2016年版】世界の学術系クラウドファンディングサイトTOP5!

昨年に引き続き、今年も世界の学術系クラウドファンディングサイトTOP5をご紹介します。(プロジェクト公開数などを指標として、独自の視点で順位付けいたしました。) 第1位:Experiment@アメリカ… この記事を読む
インタビュー

「ゲノム編集」で世界は変わるのか? – 広島大・山本卓教授に聞く

  生命の設計図と言われている遺伝子を人為的に操作できる「ゲノム編集技術」が注目を浴びている。この技術をうまく活用できれば、食料やエネルギー、医療分野などにおける問題を一気に解決できるかもし… この記事を読む
インタビュー

重力波検出を30年以上支えた「ノイズハンティング」技術とは – 東大宇宙線研・川村静児教授

  2015年9月、米国のレーザー干渉計重力波観測所「LIGO(ライゴ)」にて、世界で初めて重力波が検出された。アインシュタインがその存在を予言してから100年。重力波の研究は、どのような経… この記事を読む
インタビュー

集団を絶滅させる”裏切りアリ”の謎に挑む – 京大・土畑重人博士

現在、クラウドファンディングに挑戦中の「アリに学べ!ロボットの集団行動最適化プロジェクト」は、ロボット工学や情報工学、数理生態学など、さまざまな分野を専門とする研究者で取り組む異分野連携型のプロジェク… この記事を読む
インタビュー

クマムシ研究のこれまでとこれから – クマムシ博士・堀川大樹さんに聞いてみた

  先日、横綱のように強い耐性を持つことで知られる「ヨコヅナクマムシ」のゲノムが解読されて、その放射線耐性メカニズムの一端が解明されたという研究発表があった。ヨコヅナクマムシが命名された10… この記事を読む
インタビュー

カイコで遺伝病は治療できるか – 徳島大・伊藤孝司教授が語るカイコ研究の最先端

  現在、「遺伝子組み換えカイコで「リソソーム病」の治療薬を作りたい!」でクラウドファンディングに挑戦中の徳島大学・伊藤孝司教授。最近、光るシルクなどで話題を呼んでいるカイコですが、いったい… この記事を読む
イベント

学術研究とおカネの関係について考える「academist シンポジウム Vol.1」を開催しました!

  9月3日(土)14時より、academist 初となるイベント「academist シンポジウム  」をカクタスコミュニケーションズ社にて開催しました! 以下の4名の若手研究者と一緒に、… この記事を読む