Tag archives for 数理科学

研究コラム

ゼリーとヨーグルトに共通の法則とは? – ゲルの浸透圧を数学的に表現する

暮らしに身近な「浸透圧」 私たちが初めて浸透圧を学ぶのは、中学校の理科です。ナメクジに塩をかけると、体の水分を失って縮みます。また、ことわざの「青菜に塩」のように、植物に塩をかけても同様に縮みます。こ… この記事を読む
研究コラム

無数の電子の協力現象「量子液体」 – 人工原子×数理的アプローチで、その隠された性質に迫る

私たちは、量子液体と呼ばれる無数の電子の協力現象について数理的な手法を用いて調べることで、その新しい性質を明らかにしました。本稿では、この研究の成果とその背景にある多数の電子による協力現象について、物… この記事を読む
研究コラム

細胞コロニーにみられる「動的スケーリング則」の不思議 – 実験と数理モデルから明らかになったこと

細胞コロニーが一定の構造を形成する仕組み 生命科学者は目的に応じてさまざまな種類の培養細胞を使って実験を行います。その種類はJCRB 細胞バンクに登録されているものだけで1300種余りにも及びます。そ… この記事を読む
研究コラム

生物の移動パターンを数理モデルで探る – レヴィウォークの仕組みと機能的利点

生物はどのように動く? 生物において、空間を移動する性質は普遍的にみられます。動物個体はもちろんですが、細胞でも移動する性質をもつものもあります。では、生物はどのような移動パターンを示すのでしょうか?… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #6】「モデリング」で芸術と科学を再融合する

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #5】生命システムの数理 – 現象の背後にある普遍性を目指して

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #4】現象と数理モデルの双方向性がもたらす美しさ

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #3】生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #2】花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #1】研究者と芸術家の共通点を探る

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む