Author Archives: 切江志龍, 堀部和也

研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #6】「モデリング」で芸術と科学を再融合する

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #5】生命システムの数理 – 現象の背後にある普遍性を目指して

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #4】現象と数理モデルの双方向性がもたらす美しさ

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #3】生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #2】花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む
研究コラム

【連載:数理生物学の生命観 #1】研究者と芸術家の共通点を探る

【連載:数理生物学の生命観】 #1 研究者と芸術家の共通点を探る #2 花をモデルにしたグラフィック作品を制作する芸術家の視点から #3 生命を扱うアーティストが提示する「感得者を含むモデル」の可能性… この記事を読む