Tag archives for 医学

研究コラム

高齢者の体が震える原因とは? – 「本態性振戦」の発症メカニズムをマウスの脳から探る

本態性振戦とは? 今、日本は未曽有の高齢化社会です。連日のように高齢化社会によるさまざまな問題がマスメディアによって報道されています。 人は歳を取ると細かい動きが不得意になります。とくに手先の震えは老… この記事を読む
研究コラム

AIによる緑内障の自動診断 – 未来型の個別化医療を目指して

【関連記事】緑内障による失明を食い止めたい – 個別化医療への挑戦 未来型医療とは?- 東北大学が目指す個別化医療 最近、IoT(Internet of Things)やビッグデータ、人工知能(Art… この記事を読む
インタビュー

脂肪幹細胞の性質を明らかにして、学術界と産業界双方の立場から不治の病に挑む – シンガポールA*STARバイオ工学ナノテクノロジー研究所 杉井重紀グループリーダー

「脂肪」と聞くと、なんとなく身体に悪い印象を持つ人も多いのではないだろうか。しかし脂肪には、貯蔵系や燃焼系などいくつかの種類があり、その全貌は未だに明らかにされていない。シンガポールA*STARバイオ… この記事を読む
クラウドファンディング

【精神科領域の適正な薬物治療の実現に向けて #5】抗精神病薬の有用性が持効性注射剤の導入によって高まる理由

【クラウドファンディング】精神科領域の適正な薬物治療を実現したい! 統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用 「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い 抗精神病薬の単剤使用が… この記事を読む
クラウドファンディング

【精神科領域の適正な薬物治療の実現に向けて #4】抗精神病薬の有用性を最も高めるアプローチ:再発予防

【クラウドファンディング】精神科領域の適正な薬物治療を実現したい! 統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用 「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い 抗精神病薬の単剤使用が… この記事を読む
クラウドファンディング

【精神科領域の適正な薬物治療の実現に向けて #3】抗精神病薬の単剤使用がなぜ重要なのか?

【クラウドファンディング】精神科領域の適正な薬物治療を実現したい! 統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用 「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い 抗精神病薬の単剤使用が… この記事を読む
クラウドファンディング

【精神科領域の適正な薬物治療の実現に向けて #2】「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い

【クラウドファンディング】精神科領域の適正な薬物治療を実現したい! 統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用 「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い 抗精神病薬の単剤使用が… この記事を読む
クラウドファンディング

【精神科領域の適正な薬物治療の実現に向けて #1】統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用

【クラウドファンディング】精神科領域の適正な薬物治療を実現したい! 統合失調症の薬(抗精神病薬)の効果と副作用 「地域移行の達成」は、医療費抑制・適正化に貢献できる可能性が高い 抗精神病薬の単剤使用が… この記事を読む
研究コラム

精子はどのように卵を見つけるか? – ホヤが受精するときの繊細な認識機構

精子の走化性 ヒトをはじめ多くの動物は性を持ち、雄由来の精子と雌由来の卵とが受精という融合をおこすことによって新しい世代を生み出します。その過程で精子は卵を探す必要がありますが、精子は雄の体外に出ると… この記事を読む
研究コラム

難治性乳幼児てんかんの原因遺伝子を発見 – その病態形成メカニズムに迫る

難治性乳幼児てんかんとは てんかんは最も頻度が高い神経疾患のひとつであり、およそ1000人に6~8人がてんかんに罹患しているといわれています。特に乳幼児期に発症する早期発症型てんかんは、難治性であるこ… この記事を読む