Archives for 研究コラム - Page 21

研究コラム

サカナのヒレが人間の指に進化した? – ゲノム編集から判明した意外な事実

  約4億年前のデボン紀 - 魚はその姿を徐々に変え、上陸に成功します。頭蓋骨の形はすっかり変わり、エラ呼吸をやめ、ヒレで泳ぐかわりに陸を歩く。テレビで見たり、本を読んで御存知の人も多いでし… この記事を読む
研究コラム

糖尿病はなぜ発症するのか? – マウスを用いた新たな発症メカニズムの解明

  糖尿病とは 糖尿病は主に、1型糖尿病と2型糖尿病に大きく分けられます。1型糖尿病は、インスリンを分泌する膵ランゲルハンス島のb細胞が破壊され、インスリン分泌不足になり、血糖が上昇すること… この記事を読む
研究コラム

超巨大ブラックホールの起源に迫る! – 最新電波観測から導かれた仮説とは

  多くの大質量銀河の中心には、太陽の数百万倍から数十億倍(!)にも至る質量を持つ「超巨大ブラックホール」が存在すると考えられています。今回は、最新の電波観測から推測された超巨大ブラックホー… この記事を読む
研究コラム

極限高温高圧のマグマをレーザーで再現? – 惑星科学研究の新領域に迫る

  地球を作ったマグマの正体は? 地球上でマグマが冷えて固化すると、岩石になります。海中の場合には、新しい島が形成されます。地球上には、地殻を構成する酸性の花崗岩や流紋岩から、マントルを構成… この記事を読む
研究コラム

賢いひとは脳にシワが多いの? – フェレットを用いて脳のシワ形成の謎に迫る

  脳とシワの関係性 ヒトの脳の表面がシワだらけであることは、たぶんほとんどの人がご存じかと思います。また「賢いひとは脳にシワが多いの?」と聞かれることが多いように、脳のシワに興味がある人は… この記事を読む
研究コラム

パーキンソン病は早期発見できるのか? – バイオマーカー「酸化DJ-1」から切り開く難病治療の未来

  パーキンソン病はなぜ発症するのだろうか? 手足のふるえや姿勢が維持できなくなるパーキンソン病は、アルツハイマー病に次いで、患者数の多い神経変性疾患です。主なリスクファクターは加齢であり、… この記事を読む
研究コラム

iPS細胞で脊髄損傷が治る? – 再生医療を実現するための三位一体の治療戦略とは

  わが国では年間およそ5千人もの方が脊髄損傷を受傷しており、慢性期脊髄損傷患者さんの人数は延べ20万人以上に達しているといわれます。近年の脊髄損傷に対する集学的医療の進歩によりその平均余命… この記事を読む
研究コラム

グリーンランド氷床を溶かしている微生物の塊「クリオコナイト粒」の謎に迫る!

  グリーンランド氷床の融解と微生物 グリーンランド氷床は、南極氷床に次いで世界で二番目に大きい氷の塊です。近年、この氷床は融解による氷の減少が顕著になり、海水面の上昇などに影響を与えること… この記事を読む
研究コラム

【連載】あなたの研究必須アイテムを教えてください! -[第2回]生態学研究者の場合

  生物の研究者なら顕微鏡や電動ピペット、数学の研究者なら紙とペン……? どの分野にも、研究者にとっての必須アイテムがあるはずです。本連載ではさまざまな分野で活躍されている研究者の方々に、ご… この記事を読む
研究コラム

村上先生のアリ研究記(3)- 私が福島第一原発周辺でのアリ相調査を続ける理由

(第1回はこちら。第2回はこちら) 今回の科学エッセイを福島第一原発周辺でのアリ相調査の解説で締めたいと思う。 2011年3月11日午後2時46分。巨大な地震が東日本を襲い、それに誘発された巨大津波の… この記事を読む