Archives for 研究コラム - Page 21

農薬に頼りきらない害虫防除に向けて

未だに害虫被害はなくならない 農作物を食べてしまう害虫は、農家に大きな損失をもたらす厄介な存在です。その被害を少しでも減らすために最も普及している対策が、農薬です。農家は、農薬を使うことでターゲットと… この記事を読む
研究コラム

ことばを調べれば歴史がわかる【後編】 – 「タロイモ」の伝播ルートを探る

ことばを調べれば歴史がわかる【前編】はコチラ なぜミズズイキか? 太平洋の多くの地域では、日本のサトイモと同じ種に属するタロイモが主食となっています。サトイモと似ていますが、地下茎すなわち「イモ」は子… この記事を読む
研究コラム

ことばを調べれば歴史がわかる【前編】 – 「歴史言語学」が明らかにすることとは

  先史の暮らしをことばから再建する ことばを調べることで先史の文化がわかる、というと、よく不思議そうな顔をされます。考古学なら、発掘した遺物を扱いますから、昔のことを扱うのは自然であるよう… この記事を読む
研究コラム

カエデの葉を巻く不思議な蛾「ハマキホソガ」の謎

  秋のもみじが赤く色づく様は日本の原風景の中でも格別美しく、古くから多くの人の心を魅了しています。そんなもみじはみなさまにとっても馴染み深いのではないでしょうか。今回はそんなカエデ属の植物… この記事を読む
研究コラム

盲目のシロアリはどうやって卵を数えているのか?【後編】

卵量シグナルの正体は? 前回ご紹介した研究で、眼の見えないシロアリが「何らかの方法で卵の量を知り、リゾチーム生産量を調節している」ことがわかりました。そこで、次の研究として「どのような方法で卵の量を知… この記事を読む
研究コラム

カラスは食べられるのか!? – 私がカラス食を研究する理由

カラスは私たちにとって最も身近な野鳥のひとつです。彼らは人間の社会にうまく入り込んで生きているのですが、近すぎるがゆえに、人間とカラスの間にはたびたび摩擦が起きています。カラスにとっては、生きるための… この記事を読む
研究コラム

盲目のシロアリはどうやって卵を数えているのか?【前編】

  「シロアリ」という名前を聞いたことがない人は少ないと思います。家を食べる、あのシロアリです。しかし、その高い知名度とは裏腹に「どういう特徴を持った生き物なのか?」といった生態に関する情報… この記事を読む
研究コラム

「ウォール街の物理学者」が新しい学問を作り出す

風船がふくらんでいくようすを想像してみよう。はじめは、グニャリとしたゴムのかたまりであり、外からの刺激に強く、針を刺しても割れることはない。しかし、風船に空気を入れつづけていくと、どんどん刺激に弱くな… この記事を読む
研究コラム

絶滅の危機にある希少種がなぜか大量発生! – 生態系に改変をもたらす動物とは

  突然ですが、みなさんはシカと聞いてどういうイメージをお持ちになるでしょうか? 修学旅行の定番である奈良公園や宮島でシカとふれあい、その可愛さに癒された人も多数いらっしゃると思います。 そ… この記事を読む
研究コラム

考古学者が面白いと思う、日々の小さな発見の積み重ね – 考古学研究の素顔

    考古学は実益にはなりません 「あなたの研究は、どのような形で社会に貢献できるのでしょうか」ー これまでに何度も、たくさんの人に聞かれました。ペルーの考古学を研究していますか… この記事を読む