Tag archives for 化学

研究コラム

磁石中の”カエルの合唱”を発見! – スピン波を介した動的な協力現象

カエルの集団も磁石も協力して成り立っている 日常で聞くことは珍しくなりましたが、カエルは春になると他の仲間と鳴き交わす行動をとることが知られています。ホタルの集団も一斉に明滅を繰り返すことが知られてい… この記事を読む
研究コラム

原子の対称性を超えるナノ物質を発見!? – 理論化学の最前線

球よりも対称性の高い四面体 数学や物理学、コンピューターシミュレーションなどを駆使することで、実験室で実験を行うことなく、物質の性質を明らかにする学問のことを理論化学と呼びます。実験で得られるデータを… この記事を読む
研究コラム

シークエンスが制御された高分子の合成 – 温度応答とpH応答機能を交互に並べることに成功

生体高分子と合成高分子の違いは「シークエンス」にある 「シークエンス」は順序や連続を意味し、学問から娯楽までさまざまな分野で用いられているタームです。おそらく生物学における「シークエンス」が最もよく知… この記事を読む
研究コラム

量子化学計算を駆使したキラル触媒設計で未達成不斉ホウ素化反応を実現!

有機ホウ素化合物とは? 有機ホウ素化合物は、その炭素-ホウ素結合をさまざまな原子との結合へと変換することができる“ブロック”のように利用することができます。そのため、医薬品合成や液晶材料合成に広く用い… この記事を読む
研究コラム

典型元素触媒と水素を活用したクリーンなアミン変換法を実現!

アミンの還元的アルキル化反応、その理想的な形式を目指して アミン(NR3、Nは窒素でRは炭素や水素など)は多くの医薬品、農薬、機能性材料、食品添加物などに含まれる重要な化合物です。たとえば、下図に紹介… この記事を読む
研究コラム

空気を肥料とする植物は可能か? – 光合成生物で窒素固定酵素を作動させる試み

ハーバー・ボッシュ法による窒素肥料生産と環境問題 窒素は、肥料の三大要素「窒素・リン酸・カリ」の筆頭にあげられ、植物の生産性を決める主な要因のひとつです。20世紀以降世界の人口は急速に増加し、現在75… この記事を読む
PR

川崎市を医療の”コンビナート”に! – 体内をナノマシンが巡回する「体内病院」の構築を目指すiCONM・片岡一則センター長

京浜工業地帯の中心として日本の産業を支えてきた神奈川県・川崎市。ここを拠点として今、世界が注目する日本発の新たな医療技術の研究開発が進められている。この取り組みを主導する川崎市産業振興財団・ナノ医療イ… この記事を読む
研究コラム

舌だけではない! 体を守る味細胞 – 生体防御に関わる化学感覚細胞のマスター因子を発見

舌だけではない! 全身に分布する味(化学物質)を感じる細胞 私たちは食べ物を口に入れると味を感じます。味覚は、舌の味蕾に含まれる味細胞が味を呈する物質を検出して、その情報を脳の大脳皮質の味覚野に送るこ… この記事を読む
研究コラム

微生物の生命活動を「金ナノ粒子」を使ってリアルタイムで評価する!

微生物の活性評価 お酒やヨーグルトなどに欠かせない微生物。一方、食中毒や感染症の要因となる微生物。私たちはさまざまな微生物に囲まれて生活しています。私たちの研究グループでは、微生物を検出する研究を行っ… この記事を読む
研究コラム

骨の治癒がヒントに! 高速で傷が治る耐熱セラミックス

「自己治癒材料」とは 骨は我々の体重や日々の活動を支えている主要な構造部材です。さらに、骨折した場合、き裂を「自律的」、そして「完全」に修復してくれます。この機能は、室温、大気中および地球の重力下で人… この記事を読む