Author Archives: academist journal 編集部

クラウドファンディング

顕微鏡のなかのミクロな世界を3Dプリンタで出力する!- 深層学習で3Dデータを作る

近年、3Dデータを撮ることのできる顕微鏡の開発が進み、観察対象の3D表面形状の観察や測定ができるようになりました。しかし、そのデータを他の人に伝えるときには、パソコンや紙などに表示するなど、2次元に焼… この記事を読む
クラウドファンディング

ゾウリムシで細胞内共生の仕組みを解明する!- 山口大学・藤島政博教授の挑戦

細胞内に入り込んだ細菌が、気付けば細胞内に定着するようになる「細胞内共生」は、細胞の進化の原動力になっています。山口大学の藤島政博教授は、未だ明らかにされていない細胞内共生の成立機構をゾウリムシの一種… この記事を読む
インタビュー

「生きているからこそ感じられる魅力を伝えたい」- 日本で唯一の深海生物に特化した「沼津港深海水族館」

巨大な眼や半透明な身体、するどい牙に、暗闇にキラリと光る発光器ーー。深海にすむ生物は、私たちの想像をはるかに超える興味深い形態と生態を持っている。沼津港深海水族館(以下、沼津水族館)の石垣幸二館長は、… この記事を読む
クラウドファンディング

茨城大岡西助教、academistで獲得した資金での研究論文を発表 – 日本初の”クラウドファンディング論文”

茨城大学とアカデミスト株式会社は3月28日、茨城大学理学部 岡西政典助教らの研究グループが学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」で資金を獲得し、それらを活用して進めて… この記事を読む
クラウドファンディング

お茶の旨み成分テアニンの濃度を測るバイオセンサーを作りたい! – iGEMに神戸大学から初参戦

合成生物学の国際大会「iGEM」の出場を目指す神戸大学のチームiGEM Kobeがacademistのクラウドファンディングに挑戦します。 お茶の旨み成分テアニンの濃度を測るバイオセンサーを作りたい!… この記事を読む
クラウドファンディング

「血液のがん」の発症メカニズム解明に挑む! – 異分野連携チームで目指す、創薬までの道のり

血液内科医として働く傍ら、20年以上も基礎研究を継続されてきた順天堂大学・小松教授。現在、工学や薬学などさまざまなバックグラウンドを持つ基礎研究者たちとチームを組み、「血液のがん」の発症メカニズムの解… この記事を読む
クラウドファンディング

最強生物クマムシの耐性の謎をゲノム編集で解明する!-水がなくても生きられる?クマムシの極限環境耐性のメカニズムとは-

生命活動に必要不可欠な水。この水がなく、かつお節より乾燥している状態でも、「乾眠」という仮死状態になることで、生き続けられる生き物がいます。それが最強生物クマムシです。そこには一体どのような仕組みがあ… この記事を読む
クラウドファンディング

無人探査ロボットで東京ドーム1万個分の海底地図を描きたい! – 地球最後のフロンティア”深海”に挑む –

地球最後のフロンティアとも言われる深海。その深海には、どのような地形がひろがっているのでしょうか?海洋開発機構(JAMSTEC)をはじめとする国内の研究者が立ち上げた「Team KUROSHIO」が、… この記事を読む
クラウドファンディング

北大博物館に100万分の1スケールの地球断面図を作りたい! – 6.4mの巨大展示パネルで地球の大きさを体感

北海道大学総合博物館(北大博物館)の山本順司准教授が、北大博物館の展示室を新設するため、academist初の"博物館プロジェクト"に挑戦します。この新設展示室で最も重要なディスプレイとなるのは、半径… この記事を読む
クラウドファンディング

生分解性プラスチックを用いた打ち上げ花火を作りたい! – 「持続的な美」の実現を目指して

花火が上空で爆発すると、紙で作られた花火容器の玉皮が稀に大きな破片となって落下し、怪我を招いたり環境汚染を引き起こしたりします。この課題を解決するため、秋田県立大学の邱研究室では玉皮に生分解性プラスチ… この記事を読む