近年、博士人材のキャリアパスが多様化してきています。研究を遂行するにあたっては、高度な専門性はもちろん、課題設定能力や課題解決能力、リーダーシップ、成果を広く世の中にアピールする力など、さまざまな能力が求められます。

こうした能力は、アカデミアの世界に限らず、産業界をはじめ広く社会に生きてくるはずです。本連載では、アカデミアの世界から飛び出し、研究キャリアを生かしてさまざまなビジネスで活躍している方々にインタビューを行っていきます。

【第1回】宇宙ベンチャー Spire エンジニア・湯浅孝行博士

第1回にご登場いただいたのは、米国の民間企業 Spireで働く湯浅孝行さん。Spireは、2012年に設立された小型人工衛星ビジネスを手がけるスタートアップ企業です。本社は米国サンフランシスコにありますが、現在は世界各国に拠点があり、湯浅さんはシンガポールのオフィスでソフトウェアエンジニアとして働いています。

もともとは宇宙航空研究開発機構(JAXA)や理化学研究所でX線天文学の研究に携わっていた湯浅さん。academistでクラウドファンディングに挑戦した雷雲プロジェクトのメンバーでもあります。当時の研究キャリアは、現在の仕事にどのようにつながっているのでしょうか。

【研究キャリアの生かし方】今の仕事も研究も、”世界初”に関われる – 宇宙ベンチャー Spire エンジニア・湯浅孝行博士

【第2回】Sansan データサイエンティスト・前嶋直樹氏

第2回は東京大学の博士課程で社会ネットワーク理論を研究する前嶋直樹さんにお話を伺いました。大学院で研究を続ける一方で、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanにて、機械学習や画像処理などのエンジニアに囲まれながら働く社会科学系のデータサイエンティストでもあります。

まだまだ聞きなれない、社会科学をバックグラウンドとしたデータサイエンティスト。ほかにはないキャリアを歩む前嶋氏に、研究や仕事のこと、そしてそうしたキャリアを歩むにいたった経緯についてお聞きしました。

【研究キャリアの生かし方】”社会科学の力”を”社会の力”に – Sansan データサイエンティスト・前嶋直樹氏

【第3回】マネーフォワード エンジニア・内波生一博士

第3回に登場していただくのは、大学院時代に「ニュートリノ振動」をテーマに素粒子物理学の研究に携わっていた内波生一さんです。

内波さんは、博士号取得後にITエンジニアとしてのキャリアをスタートし、現在は家計簿アプリなどのサービスを手がけるマネーフォワードで、「アカウントアグリゲーション」技術の構築・開発を担当しています。大学院時代の研究経験は、今の業務にどうつながっているのでしょうか。

【研究キャリアの生かし方】ITベンチャーで活躍する元・素粒子物理学者 – マネーフォワード エンジニア・内波生一博士