12月5日〜9日 毎夜21:00より academist Prize 2期生の若手研究者が、対談形式でお互いの研究を深堀りしていきます! 12/5〜9 毎夜21:00〜 academist Prize 2期生の若手研究者が、お互いの研究について対談します! 12/5〜9 毎夜21:00〜 Prize 2期生研究対談!
学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

ウィトゲンシュタイン哲学の国際ワークショップを開催したい!

シェア ツイート
SUCCESS
木本 周平、槇野 沙央理
東京都立大学、博士課程/城西国際大学、非常勤講師
支援総額: 1,350,000 円
目標金額: 1,000,000 円
達成率
135 %
サポーター
174
残り時間
終了
支援する
開催年につきまして

サポーターのみなさま

長らくお待たせしておりますが、ワークショップの企画・開催について進捗がありましたのでご報告さしあげます。

9月14日に、国際ワークショップ“Wittgenstein and Traditional German Philosophy”の、東京での開催に向けて、当初来日予定であったAlexander Berg氏とDenis Kaidalov氏とミーティングを行いました。

厚生労働省ホームページにて発表される最新の「水際対策」を参考に、こちらからは、2023年の春か秋にワークショップを開催することを提案いたしました。

他方、Berg氏とKaidalov氏からは、同様のテーマでヨーロッパで連続して開催される国際ワークショップとシリーズにすることを提案されました。そのシリーズではすでに、2022年9月にバルセロナで、2023年9月にウィーンで開催することが決定・発表されています。(参考URL:http://wittgensteinhegel2017.weebly.com/self-consciousness-and-self-reference.html
両氏の提案に従えば、東京での国際ワークショップは、2024年の開催となります。

私たちとしましては、すでに2021年と2022年の開催を見送っており、支援者の方々の期待に応えるために、できるだけ早く開催したいと考え、その旨を伝えました。しかし、両氏の提案も合理的であり、同様のテーマで連続して国際ワークショップを開催する場合、より多くの参加者を見込むためには、あまり短い間隔で開催することは望ましくないだろうと思われます。

今後も、Berg氏・Kaidalov氏とのミーティングを重ね、少しずつ詳細を決定していく予定ですが、ひとまず、2024年に東京での開催を行う方向で進めて参りたいと思います。ただし、プレ・ワークショップとして、2023年中に日本語で類似テーマのイベントを開催できればと考えております。

アップデートがありましたらこちらの「進捗報告」にてまず皆さまにお伝えいたしますので、引き続き見守っていただけますと幸いです。

オーガナイザー 槇野・木本

連絡先:morerain19@gmail.com(槇野)

槇野 沙央理 / 2022年09月23日
academist Journalに寄稿しました

支援者のみなさま

久しぶりの活動報告となります、槇野です。
academist Journalというウェブメディアにコラムを寄せましたので、そのお知らせです。

「クラファンする哲学者の日常:私たちがお互いを見られるようにするために」
https://academist-cf.com/journal/?p=16301

現在継続しているWittgenstein's Hegelの読書会や、2022年のワークショップ開催の見通し等に触れながら、クラウドファンディングをしてみて、何が変わったか、現在の活動はどうなっているかについて書いています。

academist Journalは携帯からの閲覧を前提としているデザインらしいので、もしよければ、空き時間にでもお読みいただければと思います。

槇野沙央理

槇野 沙央理 / 2021年11月03日
Wittgensteins Hegel読書会のお知らせ

支援者の皆さま

ワークショップWittgenstein and Traditional German Philosophyの東京開催の目処はまだ立っておりませんが、モチベーションを保つため、関連書籍の読書会を開催します。

対象書籍:Alexander Berg (2020), Wittgensteins Hegel, Brill.
第一回日時:8月16日(日)14:00-16:00
参加方法:オンライン(Google Meetを使用する予定です)

初回は槇野が§1 Wittgenstein über Hegelの節について簡単にまとめ、その後、レジュメ担当の方々数人とそれぞれが担当したい箇所を話し合います。
レジュメを担当しないライトな参加も歓迎します。参加希望の方には開催前にURLをお知らせしますので、ご連絡ください。

参考までに、目次の一部を添付しますので、ご覧ください。(画像を一枚しか添付できないようなので、続きは出版社のサイトhttps://brill.com/view/title/54766?language=deでご確認ください。)
またテクストの入手に関して、常勤職にある方、科研費や学振などで研究費のある方は、ご自身で手配するようお願いいたします。そうでない方は、槇野までご相談ください。

連絡先
槇野沙央理:morerain19@gmail.com
木本周平:kemotyke@gmail.com

槇野 沙央理、木本 周平 / 2021年08月03日
「国際ワークショップのホームページへお名前掲載」を実施しました

30,000円以上のサポートをしてくださった方へのリターン「国際ワークショップのホームページへお名前掲載」を実施しました。

ホームページ上でお名前をご確認ください。
https://witthegeljapan.weebly.com/appreciation.html

なお、お名前の掲載は、事前のアンケートにて、「掲載可」を選んだ方のみとさせていただいております。
事前のアンケートにて「掲載可」を選んだにも関わらずお名前が掲載されていない方は、お手数ですが、以下のアドレスのいずれかにご連絡をお願いいたします。

槇野:morerain19@gmail.com
木本:kemotyke@gmail.com

槇野 沙央理、木本 周平 / 2021年02月28日

支援者の方、特に一万円以上の支援をしてくださった方へ

明日、1月16日(土)の15:00-17:00に、入門セミナーを開催します。
上記の日程は、プロジェクトページに記載したものと同じです。
開催場所であるZoomのURLに関しては、12日にAcademistの担当者の方からメールでお知らせがあったかと思います。
もし万が一、一万円以上の支援をした方で、ZoomのURLが記載されたメールを受け取っていない方がいらっしゃいましたら、恐れ入りますが槇野か木本までご連絡いただけますでしょうか。

槇野:morerain19@gmail.com
木本:kemotyke@gmail.com

槇野 沙央理、木本 周平 / 2021年01月15日

支援者のみなさま

遅ればせながら、英語版のページを公開する運びとなりました。
この機会に、国内外のお知り合いの方にページを宣伝していただけますと幸いです。
https://academist-cf.com/projects/200?lang=en

残り約二週間程度のチャレンジとなりますが、ストレッチゴールである「150万」を目指し、最後までこの取り組みをお知らせしていきたいと思います。

冬になり、コロナウイルスの新たな感染者数は増え、将来の見通しも非常に厳しいものとなってきました。
できることはほとんどやり尽くしたかのようにも思えますが、ワークショップ開催を掲げながら、支援者の方々、また研究者の方々と協力して、研究の場を枯らさないよう育てていきたいと思います。

槇野・木本

槇野 沙央理、木本 周平 / 2020年11月25日

明日、科学基礎論学会 2020年度 研究例会(オンライン開催)にて、槇野がワークショップの枠で発表します。

ワークショップのタイトル:多元的一性を支える知の枠組とは何か
個人タイトル:何がSolipsismusとみなされてきたか
日時:2020年11月14日(土) 13:00 - 15:00
講演者:槇野沙央理(城西国際大学) ほか
http://phsc.jp/conference.html

槇野 沙央理、木本 周平 / 2020年11月13日

今週末に、Zoomで開催される「哲学オンラインセミナー」にて、木本が研究発表します。

タイトル:概念形成論史の中の「具体的普遍」
日時:2020年11月8日(日) 15:00 - 17:00
講演者:木本周平(東京都立大学)
https://www.philosophyonline.net

槇野 沙央理、木本 周平 / 2020年11月06日

明日は槇野が司会をつとめる「三木那由他『話し手の意味の心理性と公共性:コミュニケーションの哲学へ』トークイベント」が、哲学オンラインセミナー(Zoom)にて開催されます。

詳細は以下をご覧ください。

https://www.philosophyonline.net

槇野 沙央理、木本 周平 / 2020年10月23日
このプロジェクトは、 2020年10月14日(水) 09時00分 から 2020年12月08日(火) 17時00分 までの間に目標金額1,000,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。
お支払について
お支払にはクレジットカード(VISA, Mastercard)、銀行振込、コンビニ決済、Pay-easy、PayPalをご利用頂けます。
セキュリティについて

当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。

1,100 円(税込)

研究報告レポート(PDF版)

92 人 が支援しています。
(数量制限なし)

5,500 円(税込)

オンラインコミュニティ(Slack)参加権 / 研究報告レポート(PDF版)

42 人 が支援しています。
(数量制限なし)

11,000 円(税込)

オンラインセミナー参加権 / オンラインコミュニティ(Slack)参加権 / 研究報告レポート(PDF版)

30 人 が支援しています。
(数量制限なし)

33,000 円(税込)

国際ワークショップのホームページへお名前掲載 / オンラインセミナー参加権 / オンラインコミュニティ(Slack)参加権 / 研究報告レポート(PDF版)

4 人 が支援しています。
(数量制限なし)

55,000 円(税込)

個別ディスカッション権 / 国際ワークショップのホームページへお名前掲載 / オンラインセミナー参加権 / オンラインコミュニティ(Slack)参加権 / 研究報告レポート(PDF版)

2 人 が支援しています。
(数量制限なし)

110,000 円(税込)

出張講演 / 個別ディスカッション権 / 国際ワークショップのホームページへお名前掲載 / オンラインセミナー参加権 / オンラインコミュニティ(Slack)参加権 / 研究報告レポート(PDF版)

4 人 が支援しています。
(数量制限なし)

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.