アフリカの地で「伊万里焼」の輸出ルートを解明する!

支援総額
96,920円
達成率
16%
サポーター
11
残り時間
61

プロジェクト内容 コメント 7 進捗報告 1

academistスタッフからの一言

小さな陶磁器の欠片を求めて

中国と地中海世界の間の交易路である「シルクロード」に対して、陶磁器が運ばれた海の道を「セラミックロード」と呼んでいます。長崎大学の野上教授は、鎖国時代に長崎から世界各地に伊万里焼が輸出されていたのではないかという仮説を立て、世界各地からその証拠を見つけ、検証を進めてきました。今回のフィールドは、アフリカです。野上教授と一緒にセラミックロードを辿ってみませんか?

Rshibato

担当者:柴藤亮介

アフリカの海岸で日本の磁器の欠片を発見

私のゼミの学生が、昨年アフリカのザンジバルに海外フィールドワークに出かけ、海岸で近現代の陶磁器の欠片を発見して、採集してきました。そのなかには、日本の磁器も含まれていました。これは、日本とアフリカの間に陶磁器が運ばれた海の道(セラミック・ロード)があったことを意味します。

B1

日本とアフリカをつなぐセラミック・ロード

日本とアフリカを結びつけたセラミック・ロードは、いつから存在しているのでしょうか。

私は、数百年前には存在していたと考えています。なぜなら、鎖国時代に長崎から世界に向けて輸出された日本の磁器の道があるからです。その磁器は積出港に因んで「イマリ」と呼ばれていました。「イマリ」は長崎からオランダ船や中国船で輸出されました。鎖国時代に長崎に入港することが許されたのはそれらの船だけでしたが、私は、スペイン船でもアメリカ大陸に運ばれていたとする仮説を立て、それを証明して新しい鎖国の姿を描き出すことができました。

さらに今、インド洋のダウ船も運んでいたのではないかという仮説も立てています。世界中の船でイマリが運ばれ、日本とアフリカもまた陶磁の道によってつながっていたと考えています。


「イマリ」の欠片が語る過去を明らかにしたい

私自身は、10年ぐらい前からスペインのガレオン船がラテンアメリカに運んだ「イマリ」の研究をしてきました。メキシコ、グアテマラ、パナマ、キューバ、ペルー、コロンビアと調査を続け、アルゼンチン、チリにまでフィールドを広げてきました。そして、次なる新しいフィールドとして、以前より南米が終わったら、次はアフリカと考えていました。

考古学では、最終的には発掘して過去を掘り起こさないと確実なことはわからないのですが、掘らなくてもある程度わかる方法があります。そのひとつが海岸や町中を歩き回って過去の痕跡を探し回ることです。海岸や地面には過去の生活の跡が残されています。そのひとつが小さな陶磁器の欠片です。

私は数十年にわたって、陶磁器の欠片ばかり見てきました。陶磁器を焼いた窯跡、陶磁器を運んで沈んだ船の積荷、町中の地下に埋もれた遺跡から見つかった欠片などです。「イマリ」であれば、たとえ指先ほどの大きさの欠片であってもおおよその時代や種類がわかる自信があります。

モノは時として言葉や文字よりも雄弁です。一見するとゴミにしか見えない陶磁器の欠片が過去を鮮やかに語り出すことがあります。遠いアフリカの地に船で運ばれた陶磁器の破片を調査して、中世から20世紀に至るまでのセラミック・ロードを描き出したいと思います。そして、モノからみた日本とアフリカのつながりを明らかにしたいと考えています。

B3

研究費サポートのお願い

調査のための道具や機器はすでに持っており、私自身はイエローカード(黄熱病予防接種証明書)も取得済みで、すぐにでもアフリカに出かけられます。しかしアフリカは遠く、フィールドに出かけるまでに時間とお金がかかります。また、国内の磁器の生産地の調査や研究報告書のための印刷費も必要です。私費で行うには少々金額が大きいです。

そうした場合、いろいろな研究助成をしてくれるところを探すのですが、これまでアフリカへ運ばれた日本の磁器に関する研究はほとんど行われていません。ほぼ白紙の状態ですから、アフリカまで行って調査したとしても必ず成果があることを示すことができません。ある程度の成果が確実に見込めるものでなければ、公的な研究助成を受けることはなかなか難しいものがあります。そんななか、ゼミの学生にクラウドファンディングを勧められました。

そこで今回のプロジェクトを学生とともに立ち上げ、是非とも皆さんのご支援を頂きたいと考え、チャレンジすることを決めました。支援いただいた研究費は、旅費や印刷費の一部に使う予定です。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

B4

挑戦者の自己紹介

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 04 27 18.07.03

はじめまして。野上建紀(NOGAMI Takenori)と申します。子供の頃から地図と歴史が好きで、北九州で通った高校では社会部サークルに所属し、大学では考古学を学びました(もっとも高校中退して大学に入るまでに数年間の放浪生活があります。)。大学卒業後は25年間、陶磁器の産地の有田の窯跡の発掘調査を行い,沈没船を探して海底に潜る生活をしてきました。そして、4年前から長崎大学で考古学を教えています。これまで陶磁器片を求めて、世界中の遺跡をめぐってきましたが、いつも地面を探しながら何かを拾い集めてきた半生のような気がします。今は学生と一緒に大学のキャンパスや離島の山の中の遺跡の中、測量器材と写真器材を担いで走り回っています。

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2018年05月 クラウドファンディング挑戦
2018年06月 東アフリカ現地フィールド踏査
  1. 8月には東アフリカの補足調査を行う予定です。
2018年10月, 12月 国内生産地調査
2019年03月 調査報告書作成(〜2020年03月)

リターンの説明

1,000円
(税抜)

注目のリターン:調査レポート(電子版)

  1. 調査レポート(電子版)
1000

今回の調査内容や考古学研究の方法論、アフリカの様子などについて、レポートにまとめて報告いたします。

現在、4人のサポーターが支援しています。

(数量制限無し)

5,000円
(税抜)

注目のリターン:オリジナルTシャツ

  1. オリジナルTシャツ
  2. 調査レポート(電子版)
5000

現地のアフリカン現代アートのマサイペインティングをプリントしたオリジナルTシャツをお送りします!サイズは、S, M, L, LLよりお選びください。

現在、4人のサポーターが支援しています。

(数量制限無し)

10,000円
(税抜)

注目のリターン:サイエンスカフェ参加権

  1. サイエンスカフェ参加権
  2. オリジナルTシャツ
  3. 調査レポート(電子版)
10000

2018年11月17日に長崎大学で開催予定のサイエンスカフェにご招待いたします。今回の調査だけではなく、これまでの研究成果についてもあわせてご紹介いたします。ご予定が合いましたら、ぜひお越しください。

現在、1人のサポーターが支援しています。

(数量制限無し)

30,000円
(税抜)

注目のリターン:論文謝辞にお名前掲載

  1. 論文謝辞にお名前掲載
  2. サイエンスカフェ参加権
  3. オリジナルTシャツ
  4. 調査レポート(電子版)
30000

皆さまのお名前を謝辞に掲載させていただきます。調査で結果が出なかった場合には、関連論文でのお名前掲載を予定しております。

現在、2人のサポーターが支援しています。

(数量制限無し)

50,000円
(税抜)

注目のリターン:野上先生と個別ディスカッション権

  1. 野上先生と個別ディスカッション権
  2. 論文謝辞にお名前掲載
  3. サイエンスカフェ参加権
  4. オリジナルTシャツ
  5. 調査レポート(電子版)
50000

調査に関するディスカッションの時間を設けさせていただきます。一緒にセラミック・ロードについて一緒に考えてみませんか?

現在、0人のサポーターが支援しています。

(数量制限無し)

このプロジェクトは、
2018年07月27日 19時00分までに目標金額 600,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。

Available cards

銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。
1,000円(税抜)
  1. 調査レポート(電子版)

1000

4人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. オリジナルTシャツ
  2. 調査レポート(電子版)

5000

4人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. サイエンスカフェ参加権
  2. オリジナルTシャツ
  3. 調査レポート(電子版)

10000

1人が支援しています。
( 数量制限無し )

30,000円(税抜)
  1. 論文謝辞にお名前掲載
  2. サイエンスカフェ参加権
  3. オリジナルTシャツ
  4. 調査レポート(電子版)

30000

2人が支援しています。
( 数量制限無し )

50,000円(税抜)
  1. 野上先生と個別ディスカッション権
  2. 論文謝辞にお名前掲載
  3. サイエンスカフェ参加権
  4. オリジナルTシャツ
  5. 調査レポート(電子版)

50000

0人が支援しています。
( 数量制限無し )