学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

科学的知見に基づく指導法をバレエの世界に届けたい

Prrofile
三浦哲都
早稲田大学人間科学学術院 / 准教授
支援総額: 369,800 円
目標金額: 1,300,000 円
達成率
28 %
サポーター
48
残り時間
43
支援する
academist スタッフからの一言
動作解析装置でバレエテクニックと外反母趾の関係を調べる

世界一のバレエ人口を誇る日本ですが、ダンスが科学の対象であることはあまり知らせていません。ダンス科学者である三浦さんは、バレエ指導に有用な科学的知見を蓄積し、正しい解釈とともにバレエ指導の現場に届けることが重要だといいます。今回のプロジェクトでは、バレエダンサーの職業病ともいわれる外反母趾に注目し、動作解析装置を用いてバレエのテクニックと外反母趾の関係を詳細に調べます。ダンスを科学で応援できる世の中を実現したいという三浦さんの挑戦にぜひご注目ください。

Ntanaka

田中奈穂美

運動科学×認知科学の手法を用いた「ダンス科学」

バレエの舞台を観て美しいと感じて心が癒されたり、好きなアーティストのダンスを観て心が躍ったりする経験をみなさんお持ちではないでしょうか。プロのダンサーは10年以上の長い間日々トレーニングを積み重ねることで、私たちの心を動かす高度なスキルを身に付けます。

私はこれまで運動科学×認知科学の手法を用いて、ダンスのスキルを科学的に明らかにする研究を行ってきました。このダンス科学の知見は、より効率的に上手くなるためにどのような練習をすればよいかというトレーニング方法の開発につながります。またリハビリテーション医療にも応用されており、パーキンソン病の治療にダンスが有効であることも明らかになっています。私はダンス科学を通じてより良い社会作りに貢献したい! という夢を持って研究を進めています。

Miurasensei no1

科学的知見をバレエの指導現場に届ける

ダンス科学は教育にも貢献します。芸術文化を重んじている国、たとえばフランスやロシアではバレエ教師になるために国家資格が必要であり、バレエ教師は一定のスキルや医科学的な知見を身に付けていることが求められます。一方、日本ではこのような資格は整備されておらず、ダンスが科学の対象であることさえも知られていない状況です。

たとえばバレエのトゥシューズを幼いころから履いて練習をしすぎると、足の発達に悪影響を与え、その子の未来を潰してしまう可能性があります。そのため「子供の体力や練習頻度に応じてどのようにトゥシューズを履いていくか」という国際的な基準が、科学的な研究から設定されています。しかし日本ではこの基準の認知度は極めて低く、より幼い年齢でトゥシューズを長時間履かせてくれるバレエ教室が人気になり、生徒が集まることもよくあるのです。

私はダンス科学者として、指導に有用な科学的知見を正しい解釈とともに現場に届けたいと思っています。このような理由から、私は正しいバレエ教育のために科学的研究によってエビデンスを積み上げるプロジェクトを開始しました。

Miurasensei no2

動作解析でバレエのテクニックと外反母趾の関係を明らかに

まずは、バレエダンサーの職業病ともいわれる外反母趾に着目しました。外反母趾は過度なターンアウト(つま先を広げて立つバレエの基本の立ち方)が一因です。このターンアウトは、股関節から脚全体を外側に回すのが解剖学的に正しいやり方ですが、なかなか脚を開けない場合に足先だけを外側に向けようとすることで、膝や足首の関節に間違った負荷がかかり、外反母趾など障害の原因になるといわれています。

そこで私は、外反母趾とターンアウトの関連を動作解析装置によって詳細に調べる研究を始めました。バレエ歴10年以上の上級者では、外反母趾の程度(角度)とターンアウトの角度には関係がありませんでしたが、興味深いことに外反母趾の角度と骨盤から上の身体の傾きなどに相関関係を見つけました。つまり地面との接点となる足の形がバレエのテクニックに影響を与えるのです。

このことは外反母趾がバレエを踊っている最中の姿勢を変え、その姿勢の変化が外反母趾を含むその他の障害を助長する可能性も示唆しています。外反母趾による姿勢の変化は、動作解析装置で明らかにされた非常に小さな変化ですが、何万時間も同じ練習を繰り返すバレエダンサーにとっては致命的な怪我につながる可能性があります。

Miurasensei no3

世界のバレエ界にも貢献しうる研究

本プロジェクトではこの研究をさらに進め、外反母趾とバレエのテクニックの関係を詳細に調べます。このような知見を蓄積することで怪我をしない練習方法を開発し、日本バレエ教育者協会と連携して指導の現場に届けることを目指します。日本ではバレエ愛好家を含めるとバレエを習っている生徒数は40万人にのぼり、世界一です。また近年、日本人バレエダンサーが国際コンクールで上位に入ることも増えてきました。科学によって明らかになった適切な指導方法によって、日本のバレエ界がもっと発展してほしいと思っています。

今回の研究で得た成果は、国内専門誌のみならず国際専門誌に掲載することを目指し、積極的に世界に向けて発信します。国際専門誌へエビデンスを積み上げていくことは、日本のみならず世界のバレエ界を変えることにつながります。たとえば、この知見がフランスやロシアのバレエ教師の国家資格作成に利用されるかもしれません。またみなさんが憧れる世界のバレエダンサーが、開発された練習方法を取り入れる可能性もあります。本プロジェクトは、世界中のバレエダンサーを含め、これからバレエを始める未来のすべてのバレエダンサーのための研究なのです。

研究費サポートのお願い

私は本プロジェクトを通して、科学が世界のバレエ界を変えうることを広く知ってもらいたい、バレエダンサーを目指して一生懸命練習をしている子どもたちに科学的に正しい練習方法を届けたいと思っています。このような理由から今回クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。そのため、バレエの練習に役立てられるような魅力的なリターンも用意しています。

今後は、さまざまなレベルのバレエダンサーに実験に参加していただき、動作解析装置によって運動を計測します。多くのデータを計測するために、持ち運び可能な動作解析装置が必要であり、ご支援の大部分はその購入費に充てさせていただく予定です。その他、実験にかかる人件費(実験参加者への謝礼金など)、研究成果を発信するための論文掲載費、学会参加費などに充てさせていただきます。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

挑戦者の自己紹介

はじめまして、三浦哲都(みうらあきと、博士〔学術、東京大学〕)と申します。現在、早稲田大学人間科学学術院で准教授をしております。私自身、学生時代はストリートダンスをやっておりました。そのときから「踊る」という行為について興味を持ち、身体運動科学・認知科学の視点から研究を続けています。そもそも人間はいつから踊っているのでしょうか。石器時代の壁画には2人が動きを合わせて踊っている絵があります。つまり人間は少なくとも数万年間、踊り続けているのです。近年、心理学の研究から人間は他人と運動を合わせるだけで、その人を好きになったり助けたりするということが報告されています。最新の研究ではこのダンスの効果は、いがみ合っている民族間においても成り立つことが報告されています。ダンスはまさに世界平和に貢献する可能性を秘めているのです。ダンスの魅力を科学的に明らかにし、世界平和に貢献する(World Peace Through Dance Science)をモットーに研究を進めています! ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

Prrofile

三浦哲都

研究計画

時期 計画
2019年8月 クラウドファンディング挑戦
2019年11月 機材購入・予備実験
2020年3月 本実験開始
2020年5月 実験と同時に解析を進める
2020年10月 学会にて研究発表
2021年3月 論文を国際専門誌へ投稿

リターンの説明

1,000 円 (税抜)
注目のリターン: 研究報告レポート
研究報告レポート
1000r

研究の詳細な進捗などをレポートにまとめてお送りします。バレエを習う子どもたちが読んでも理解できるように書きます。バレエ愛好家の皆様にも、自分の練習にいかせるようにわかりやすいレポートを作成します。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

17人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

3,000 円 (税抜)
注目のリターン: アドバイスシート
アドバイスシート / 研究報告レポート
3000r

日本バレエ教育者協会監修のもと、本プロジェクトによる研究成果を練習にいかすためのコツをまとめたアドバイスシートをお送りします。バレエを習う子どもたちが読んでも理解できるように書きます。バレエ愛好家の皆様にも、自分の練習にいかせるようにわかりやすいレポートを作成します。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

14人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

5,000 円 (税抜)
注目のリターン: 学会発表資料の謝辞にお名前掲載
学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
5000r

学会にて本研究に関する発表をする際、謝辞にお名前を掲載させていただきます。また、発表資料を送付いたします。※2020年度に学会発表が叶わなかった場合、その後の学会発表資料の謝辞にお名前を掲載いたします。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

9人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

10,000 円 (税抜)
注目のリターン: 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載
日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
10000r

感謝のしるしとして、日本バレエ教育者協会HPにお名前を掲載させていただきます。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

4人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

30,000 円 (税抜)
注目のリターン: サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権
サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
30000

ご支援一口につきまして1名様(ご支援者様以外の1名様でも可)をサイエンスレッスンにご招待いたします。今回の研究内容に関する講義と実技指導を合わせたサイエンスレッスンです。開催は2021年5月ごろで、場所は東京都内を予定しています。年齢やバレエのレベルは問わず、どなたでもご参加いただけます。バレエ未経験の方の参加も歓迎しますので、奮ってご参加ください! 当日ご参加いただけない場合には、発表資料を送付いたします。※開催地までの交通費は各自ご負担をお願いいたします。またレッスン内容の録音・撮影はお控えいただきますようお願いいたします。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

3人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

50,000 円 (税抜)
注目のリターン: 論文謝辞にお名前掲載
論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
136 50000r

科学論文は、未来のバレエ界を変える確かな一歩です。本プロジェクトでは100年後も世界中で引用される論文を目指します。その論文中の謝辞にお名前を掲載させていただきます。※研究成果をまとめられるよう努力いたしますが、論文の掲載に至らない可能性もございますこと、ご承知おきいただけますと幸いです。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

0人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

100,000 円 (税抜)
注目のリターン: 動作解析およびプロのバレエダンサーと比較をしたアドバイスシート
動作解析およびプロのバレエダンサーと比較をしたアドバイスシート / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
100000

実際にバレエ動作を計測し、プロのバレエダンサーの動作と比較したアドバイスシートをお送りします。ご支援一口につきまして、1名様(3歳から100歳までのバレエ愛好家・バレエダンサーの方、ご支援者様以外の1名様でも可 )が対象です。バレエのレベルは問いません。計測したデータは解析後、プロのバレエダンサーのデータと比較して、アドバイスシートを作成しお届けいたします。※計測場所は、都内を予定しています。日時についてはご相談のうえ、決定いたします。また計測場所までの交通費はご負担をお願いいたします。解析には半年程お時間がかかってしまう場合もございますので、ご了承をお願いいたします。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

1人のサポーターが支援しています (数量制限なし)

300,000 円 (税抜)
注目のリターン: 出張サイエンスレッスン(科学+実技指導)開催権
出張サイエンスレッスン(科学+実技指導)開催権 / 動作解析およびプロのバレエダンサーと比較をしたアドバイスシート / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート
30000 136

講師2名(三浦および日本バレエ教育者協会バレエ講師)がご要望の場所へ出張し、サイエンスレッスンを行います。支援していただいた方が会を主催し、受講生を呼んで頂いて構いません。※旅費・宿泊費等は別途頂戴いたしますのでご留意ください。開催時期はご相談させてください。またレッスン内容の録音・撮影はお控えいただきますようお願いいたします。(本プロジェクトが達成した場合、決済日は10月30日以降の予定です。消費税率が10%となる可能性があります。)

支援する

0人のサポーターが支援しています (限定 3 個)

このプロジェクトは、 2019年08月12日 10時00分 から 2019年10月30日 19時00分 までの間に目標金額1,300,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。
お支払について
お支払にはクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
Available cards
銀行振込について

銀行振込をご希望の方は下記のフォームよりご連絡ください。 フォームへ

セキュリティについて

当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。

1,000 円(税抜)

研究報告レポート

1000r

17 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
3,000 円(税抜)

アドバイスシート / 研究報告レポート

3000r

14 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
5,000 円(税抜)

学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

5000r

9 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
10,000 円(税抜)

日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

10000r

4 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
30,000 円(税抜)

サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

30000

3 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
50,000 円(税抜)

論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

136 50000r

0 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
100,000 円(税抜)

動作解析およびプロのバレエダンサーと比較をしたアドバイスシート / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

100000

1 人 が支援しています。
(数量制限なし)

支援する
300,000 円(税抜)

出張サイエンスレッスン(科学+実技指導)開催権 / 動作解析およびプロのバレエダンサーと比較をしたアドバイスシート / 論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスレッスン(科学+実技指導)への参加権 / 日本バレエ教育者協会HPにお名前掲載 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / アドバイスシート / 研究報告レポート

30000 136

0 人 が支援しています。
(限定 3 個)

支援する

注目のプロジェクト一覧

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.