学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

農薬も肥料も使わない「奇跡の米作り技術」を「普通」にしたい!

月額支援型

細谷 啓太

株式会社 Wakka Agri、取締役社長

挑戦期間

2023/07/03 - 2026/03/31

最終活動報告

2024/02/28 09:44:12

活動報告

4回

サポーター

1人

経過時間

2023/07/03 10:00:00

#04 【私見】自然栽培で設定すべき目標反収は?

 世界中のファーマーにとって、”反収”すなわち「単位面積当たりの収穫量」は必要不可欠な指標だが、自然栽培ファーマーにとってはその重みはより大きくなる。
なぜなら、肥料や農薬を使用した栽培に比べて、自然栽培の反収のバラつきはより大きい傾向があるからだ。

 実際、私にとっての初めての米作りは大学キャンパス内の庭園水田の管理を任された農学部3年生の頃のことだが、研究室に代々伝わる「稲作ノート」に従

細谷 啓太 2024/02/28 09:44:12

#03 有機・自然栽培の普及に不可欠な除草機最前線

除草剤というのは革新的なテクノロジーで、その発明によって人類がどれほど農作業から免れたかは筆舌しがたいものがある。とある研究では、除草剤の使用により除草作業時間は約1/50に減少したという報告すらある。(参照→https://www.jcpa.or.jp/qa/a6_18.html

他方で、近年では様々な背景や理由により(ここでその議論は避けるが)除草剤を使用せずに水稲作を出来ないかというニ

細谷 啓太 2023/12/28 01:15:59

#02 無肥料の栽培で持続可能な農業生産は可能なのか?

「肥料を投入せずに農業生産を続けると、生産の度に農地の養分が収奪され、最終的には何も作れない場所になる」
というのが、農学における常識です。
農業には「収奪」という前提があるからこそ、その農地の養分を「補填」する施肥の知識・技術が発展してきました。現代農業の高い生産性は、明らかにそうした土壌肥料学の知見に拠っていることは明らかです。

他方で、マイノリティながらも、長期的に施肥をしない水田で

細谷 啓太 2023/10/30 17:54:12

#01 Academistプロジェクトがスタートしました

 肥料も農薬も使わない米作りに魅せられ、”研究”と”生産”の異なる立場から自然栽培の田んぼに関わり始め早10年の月日が経ちました。
 私の農業観のベースは、博士課程の3年間、東日本の100以上の自然栽培農家さんを調査させてもらったことにより出来上がったと思います。その内容の一部は、博士論文(文章最下部参照)にまとめていますが、そこで書ききれていないこと、その後生産現場での実践経験を通じて、加筆や修

細谷 啓太 2023/08/30 18:47:20
このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

1人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.