学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

農薬も肥料も使わない「奇跡の米作り技術」を「普通」にしたい!

月額支援型

細谷 啓太

株式会社 Wakka Agri、取締役社長

挑戦期間

2023/07/03 - 2026/03/31

最終活動報告

2024/02/28 09:44:12

活動報告

4回

サポーター

1人

経過時間

2023/07/03 10:00:00

無肥料栽培やってますが収量半分です。収量上がる方法教えてください。

野崎直仁 2024年03月02日

野崎 様

ご支援ありがとうございます。
無肥料栽培で収量が低い件、御察しいたします。
無肥料栽培の生産事例を多く見てきた中で、また私自身の生産経験の中でも、無肥料栽培の収量性改善は一番最初に突き当たる課題だと思います(逆に品質は良いケースが多いか、原因が明確なケースが多い)。

ちなみに、「収量半分」というのは、慣行栽培に対して半分ということでしょうか?
低い収量の場合、その現象を分解して考えると原因が探りやすいです。例えば、収量が低いといっても、穂数が少ないのか、1穂籾数が少ないのか、登熟歩合が悪いのか、それとも粒が小さいのか、といった具合にです。無肥料栽培の場合、たいていの場合は穂数が少ないことが原因になっています。

穂数は稲がどんどん分げつする時期のパフォーマンスで決まってきますから、田植えから分げつ期のおおよそ2カ月の間に原因があることが多いです。我々の圃場の場合ですと、①苗が悪い、②水田土壌からの供給窒素量が少ない、③灌漑水の水温が低い、④雑草が多く窒素分の多くがとられている、ことが主要因のことが多いので、原因に対応した解決策を講じています。

低い収量という結果も、1つ1つ分解していくと、原因は絞られてくるので、対策も練りやすいです。圃場を見れない分、アドバイスも限定的になってしまいますが、考え方はお伝えできると思いますので、是非今後も情報交換しながら、共に無肥料栽培に取り組めたら嬉しく思います。

細谷 啓太 2024年03月03日
このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

1人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.