筑波大学とアカデミスト、寄付金獲得に向けてクラウドファンディング業務提携契約を締結 - 武安光太郎助教の研究プロジェクトでサポーター募集を開始


2020年01月28日(火)

日本初の学術系クラウドファンディングサービス「academist」を運営するアカデミスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:柴藤亮介、以下 アカデミスト)と国立大学法人筑波大学(所在地:茨城県つくば市、学長:永田恭介、以下 筑波大学)はこの度、寄付金獲得による研究推進を目的として、寄付型のクラウドファンディングプロジェクト「ミトコンドリアの複雑なエネルギーシステムはなぜ高効率なのか?」について業務提携契約を締結し、サポーターの募集を開始いたします。

■ プロジェクトの概要
プロジェクト名:「ミトコンドリアの複雑なエネルギーシステムはなぜ高効率なのか?」
チャレンジャー:武安光太郎(筑波大学 数理物質系 物質工学域・助教)
クラウドファンディング実施期間:2020年1月28日〜2020年3月26日
目標金額:50万円
URL:https://academist-cf.com/projects/156?lang=ja
プロジェクト内容:私たちの身体に必要なエネルギーの産生を担っている細胞内小器官「ミトコンドリア」。糖分や脂肪を酸素と反応させることでATPを合成しています。一見、単純な働きにも思えますが、この化学反応を進行させる酵素の種類だけでも20種類以上あり、さらに化学反応自体もネットワークのような回路を構成しています。なぜ生命は、このように複雑なシステムを選んだのでしょうか? 武安さんはこの問いに、物理化学・電気化学的なアプローチで迫ります。

サポーターは同プロジェクトに支援することで、研究進捗レポート等の寄付金額に応じたリターンおよび筑波大学が発行する寄付金受領にかかる領収書を受け取ることができ、税制優遇措置を受けることが可能となります。

■ アカデミスト株式会社 概要
アカデミストは、「研究者がいきる、私たちがつなぐ。」をミッションに、研究者を応援する人や研究者の力を必要としている人たちと研究者とをつないでいく事業を展開。主に学術系クラウドファンディングサービス「academist」および学術系メディア「academist Journal」の運営を行っています。academistは、日本初の研究費獲得に特化したクラウドファンディングサービス。2014年4月の公開以降、これまでに約140名の研究者がクラウドファンディングプロジェクトに挑戦し、総額約1.2億円の研究費の獲得に成功してきました。

・学術系クラウドファンディングサイト「academist」 https://academist-cf.com/
・学術系メディア「academist Journal」 https://academist-cf.com/journal/
・コーポレートサイト https://corp.academist-cf.com

■ 本件に関する問い合わせ先
(クラウドファンディングについて)
アカデミスト株式会社 
メール info@academist-cf.com