琉球大学とアカデミスト、寄付金獲得に向けてクラウドファンディング業務提携契約を締結 - 松﨑吾朗教授・高江洲義一准教授の研究プロジェクトでサポーター募集を開始


2019年09月02日(月)

日本初の学術系クラウドファンディングサービス「academist」を運営するアカデミスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:柴藤亮介、以下 アカデミスト)と国立大学法人琉球大学(所在地:沖縄県西原町、学長:西田睦、以下 琉球大学)はこの度、寄付金獲得による研究推進を目的として、寄付型のクラウドファンディングプロジェクト「結核の新たな治療法として『免疫療法』を確立したい!」について業務提携契約を締結し、サポーターの募集を開始いたします。

■ プロジェクトの概要
プロジェクト名:「結核の新たな治療法として『免疫療法』を確立したい!」
チャレンジャー:松﨑吾朗(琉球大学熱帯生物圏研究センター/教授)、高江洲義一(同/准教授)
クラウドファンディング実施期間:2019年9月2日〜2019年10月30日
目標金額:75万円
URL:https://academist-cf.com/projects/144?lang=ja
プロジェクト内容:結核は、細菌の一種である結核菌によって起こり、空気感染により人から人に広がる感染症です。現在でも世界中で年間1,000万人以上が罹患し、150万人以上が亡くなるなど脅威は衰えておらず、世界三大感染症の一つとされています。抗菌薬による適切な治療を行えば治る疾患ですが、抗菌薬への耐性を獲得した多剤耐性結核菌が世界の一部地域で増加していることが問題となっています。結核の病原体となる結核菌は、免疫細胞のひとつであるマクロファージの殺菌作用を抑える病原因子を作り出し、免疫応答を抑制することによって細胞内に寄生します。松﨑教授と高江洲准教授らの研究チームは、この結核菌の病原因子の働きをブロックする方法を検討することで、まったく新しいタイプの結核に対する免疫療法への応用を目指します。

サポーターは同プロジェクトに支援することで、研究報告レポート等の寄付金額に応じたリターンおよび琉球大学が発行する寄付金受領にかかる領収書を受け取ることができ、税制優遇措置を受けることが可能となります。
 
■ アカデミスト株式会社 概要
アカデミストは、「開かれた学術業界を実現し、研究者の価値を最大化することで、学問の発展に貢献する」ことをミッションに、研究費獲得のためのクラウドファンディングサービス「academist」および学術系メディア「academist Journal」の運営を行っております。academistは、日本初の研究費獲得に特化したクラウドファンディングサービスです。これまでに約100名の研究者がクラウドファンディングプロジェクトに挑戦し、総額約1億円の研究費の獲得に成功してきました。

・学術系クラウドファンディングサイト「academist」 https://academist-cf.com/
・学術系メディア「academist Journal」 https://academist-cf.com/journal/

本社      : 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F Inspired.Lab
代表者     : 代表取締役 CEO 柴藤亮介
設立日     : 2013年4月
Webサイト  : https://corp.academist-cf.com

■ 本件に関する問い合わせ先
(クラウドファンディングについて)
アカデミスト株式会社 
メール info@academist-cf.com

(研究内容について)
琉球大学熱帯生物圏研究センター 教授 松﨑吾朗
メール matsuzak@comb.u-ryukyu.ac.jp