12月5日〜9日 毎夜21:00より academist Prize 2期生の若手研究者が、対談形式でお互いの研究を深堀りしていきます! 12/5〜9 毎夜21:00〜 academist Prize 2期生の若手研究者が、お互いの研究について対談します! 12/5〜9 毎夜21:00〜 Prize 2期生研究対談!
Academic crowdfunding platform "academist"
JP | EN

繁殖メカニズムを解明し、アライグマ問題を解決したい!

Share Tweet
NEXT GOAL
SUCCESS
佐鹿万里子
北海道大学、助教
Pledged: 1,119,600 JPY
Target Amount: 500,000 JPY
NEXT GOAL: 1,000,000 JPY
Funded
223 %
Supporters
82
Days left
Closed
Support this project
頑張れ!
sun / January 27, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
頑張ります!
佐鹿万里子 / January 27, 2022
どのような手段を講じても、人の手に委ねるという点で罪悪感に苛まれますが、さまざまなアプローチでベターな方法を見つけ出すというのは、大変意義深いものであると思います。小さなお手伝いで恐縮ですが、応援させていただきます。
azuma / January 26, 2022
ご支援と心に響くメッセージをありがとうございます。
アライグマ問題に長く関わっていると迷うことも多く、葛藤の毎日を送っていますが、メッセージを拝読し、勇気をいただきました。ありがとうございます。
少しずつでも前進していけるよう努力を続けていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / January 27, 2022
生態学分野からアライグマの調査を行っている大学院生です。アライグマの管理/防除に際し、獣医学分野の知見の必要性をとても実感しております。お気持ち程度の支援ですがお役に立てば幸いです。今後もご活躍をお祈り申し上げます。
Oji Akaishi / January 26, 2022
このコロナ禍で、学生のみなさんもバイトができなかったりと、いろいろ大変な中でご支援いただき、ありがとうございます。皆様からご支援いただいた研究費は、アライグマ問題解決のために、大切に使わせていただきます。
メッセージもありがとうございます。これからの未来を担う大学院生の方がアライグマ問題に取り組んでくださっていることは、私にとって心強いです。
今は学会もオンライン開催が多いですが、いつか学会等でお会いできるといいですね!
お互い体調には気を付けて頑張りましょう!
佐鹿万里子 / January 27, 2022
日本に定着したアライグマの生態について、色々と学ばせていただきました。少ない額ですが、お役に立てば幸いです。頑張ってください!
神 武海 / January 26, 2022
プロジェクトページに掲載する写真のご提供だけでなく、ご支援までいただき、本当にありがとうございます!
神さんの野生動物を撮影する技術は本当に素晴らしいと思います。さすがです!私もいつも勉強させていただいています。ありがとうございます。

アライグマ問題解決に向け、これからも頑張りますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / January 26, 2022
ご研究の過程で在来種(生態系)への影響についても具体的に明らかにしていただけたらと期待しています。
simarinsu / January 25, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
在来種への影響についても継続して調査していきますので、またご報告させていただきます。
これまでに発表させていただいた内容を簡単にまとめさせていただきます。

私が長年調査を行ってきました北海道立自然公園野幌森林公園の研究結果になるのですが、アライグマとタヌキの食性と生息地を比較したところ、アライグマはやはりトウキビを好むため農地に隣接した場所を好み、タヌキは昆虫やヤマグワ、コクワ、ヤマブドウなどの野生果実を好むため森林中心部を好むことがわかりました(アライグマとタヌキで好きな餌資源と生息地が異なることがわかりました)。また、野幌森林公園のようにアライグマ対策が継続して行われており、アライグマ個体数が比較的低密度に維持されている地域では、在来種のタヌキ個体数に大きな影響を与えていないこともわかりました。しかし、対策が行われている野幌森林公園でも、一部のアライグマはタヌキが好むエリア(森林中心部)に侵入してきており、それらのアライグマはタヌキと同じ餌資源を食べていることもわかりました。やはり、アライグマ個体数が増加してしまうと、残念ながら在来のタヌキやキツネに影響が出てしまう可能性が高いと考えられます。

在来種のタヌキやキツネの調査を行っている地域は少なく、私たちもマンパワーが足りないため、タヌキやキツネに関しては調査地を広げられていない状況ですが、できるだけ多くの調査を行えるよう、頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / January 26, 2022
猫や犬の殺処分の現状を無くしたいと思っています。アライグマの問題は以前より気になっておりました。どうか人間の勝手で連れてこられた動物に対しての研究、宜しくお願い致します
齊藤 誠子 / January 25, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
私も、子供の頃に猫や犬の殺処分問題について知った時、とても心を痛めました。この問題も解決しなければいけない悲しい問題だと思います。私の研究・活動が、アライグマ問題だけでなく、そのほかの動物や自然環境保全にも役立てられると嬉しいです。
佐鹿万里子 / January 25, 2022
北海道十勝に住んでいます。
学生時代、生態系にかかわる分野に携わっていたので、
アライグマの問題はずっと気になっていました。
とても大変な問題ですが、研究が進み、アライグマの問題が解決されることを切に願います。
がんばってください。
佐々木 梨江 / January 25, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
私も学生時代に十勝に住んでいたので、十勝のアライグマの現状が今も気になっています。私が住んでいたころは、まだ農業被害はそこまでひどくなかったのですが、十勝地域のアライグマ捕獲数は年々増加しています。問題解決には時間がかかると思いますが、少しずつでも改善していけるよう、頑張ります。
佐鹿万里子 / January 25, 2022
自然環境が改善されていくことを願っています。
応援しています!
KANAE / January 24, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。アライグマ問題解決に向け、これからも頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いします!
佐鹿万里子 / January 25, 2022
72年(工
mao-g / January 18, 2022
毎年、畑のとうもろこしがアライグマの被害に遭っております。困難にもめげずに頑張ってください。佐鹿先生の研究に関心と期待を寄せております。
Terada Nobuya / January 12, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
アライグマの被害に遭われている方々も年々、増えておりますので、被害を減らすためにも頑張りたいと思います。
佐鹿万里子 / January 12, 2022
ぜひ頑張ってください
入交眞巳 / January 11, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。
皆様に良いご報告ができるよう、頑張ります。
佐鹿万里子 / January 11, 2022
頑張ってください
有益な成果が得られることを期待しています
阿部 豪 / January 06, 2022
ご支援とメッセージ、ありがとうございます。期待に応えられるよう頑張ります!
佐鹿万里子 / January 10, 2022
北海道のWillderness、特に大雪山の縦走中に多くの野生生物に出会いました。かけがえのない生態系を護るためのご研究、応援させていただきます。私も臨床の傍らで基礎研究に励んでいた時期があり、資金難で困っていましたが、先輩の好意に甘えながら研究を続けて成果に結びついたことを思い出しました。論文を読むのが楽しみです。良いお年を‼️
宇都宮の病院から
田所 学 / December 30, 2021
ご支援と温かいメッセージをありがとうございます。アライグマ問題の解決にはまだまだ時間がかかると思いますが、皆様のご期待に応えられるよう、これまで以上に研究活動に邁進して参りますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / December 30, 2021
1人の行動が世界を変える。
今はそのような時代だと思います。
目指すべきところは同じだと思ってますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ファームエイジ株式会社 / December 24, 2021
多くのご支援と温かいメッセージをありがとうございます。
長くこのアライグマ問題に関わっていると大変なことも多いですが、皆様のご協力とご支援のお陰で、なんとかここまで続けることができました。まだまだこれからで、長い道のりになると思いますが、これまで以上に邁進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / December 25, 2021
職場同僚からの紹介で知りました。実現を切に願います。
アイザワマサミ / December 23, 2021
ご支援とコメントいただき、ありがとうございます。問題を解決するには、まだまだ長い道のりが続くと思いますが、頑張ります。
佐鹿万里子 / December 24, 2021
佐鹿さま 突然のお願いにも関わらず、地域の小学生にアライグマとエゾタヌキの現状について教えていただきありがとうございました。困難な現状に苦悩や葛藤を抱きつつも光を信じ前に進む佐鹿さんの姿に、児童も大人もとても刺激を受けました。少額で恐縮ですが応援しています。
大西 潤 / December 23, 2021
ご支援とコメントいただき、本当にありがとうございます。とても嬉しいです。長い戦いになると思いますが、これからも頑張りますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
佐鹿万里子 / December 24, 2021
繁殖力が高く、賢いアライグマを研究するのは、一筋縄ではいかない部分もあるかと思います。研究応援しております。
福田真平 / December 23, 2021
ご支援とコメントいただき、ありがとうございます。問題解決には長い道のりになると思いますが、頑張ります。
佐鹿万里子 / December 24, 2021
万里子さん素敵なライフワークですね。応援しますので頑張ってください。
nishidahisami / December 23, 2021
お久しぶりです。元気ですか?ご支援とコメント、ありがとうございました!嬉しいです。コロナが落ち着いたら、また会えるのを楽しみにしています。
佐鹿万里子 / December 24, 2021
応援しています!
tomomi / December 22, 2021
ご支援いただき、ありがとうございます。頑張ります!
佐鹿万里子 / December 24, 2021
Supporters will be charged the funding amount only if the project reaches the funding goal (JPY 500,000) before 17:00 on January 27, 2022 (JST: GMT+9).
Payment options
Credit cards (VISA, Mastercard), bank transfer, convenience store payment, Pay-easy and PayPal are available
Securities

SSL encryption communication is used in this Web site, and the informations filled out are safely transmitted.

1,100 JPY(tax included)

お礼メッセージ

26 supporters back
(No quantity limit)

5,500 JPY(tax included)

お礼メッセージ / 研究報告レポートにお名前掲載

24 supporters back
(No quantity limit)

11,000 JPY(tax included)

お礼メッセージ / 研究報告レポートにお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ

21 supporters back
(No quantity limit)

33,000 JPY(tax included)

お礼メッセージ / 研究報告レポートにお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ / 論文謝辞にお名前掲載

8 supporters back
(No quantity limit)

55,000 JPY(tax included)

お礼メッセージ / 研究報告レポートにお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ / 論文謝辞にお名前掲載 / 野生動物に関する個別オンライン講義

3 supporters back
(No quantity limit)

Featured projects
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.