Academic crowdfunding platform "academist"
JP | EN

学校教育に「Sense of Coherence」の概念を取り入れたい!

Share Tweet
SUCCESS
磯和壮太朗
博士(人間科学)、大阪大学大学院人間科学研究科 修了
Pledged: 269,900 JPY
Target Amount: 250,000 JPY
Funded
107 %
Supporters
50
Days left
Closed
Support this project
新たな試みのパイオニアとして期待しています。
Nakanishi Yoshifumi / September 25, 2019
ご支援ありがとうございます!現在,日本の心理学分野におけるSOC研究では割と前を走っている方なので,新たな試みのパイオニアで居続けられるように頑張っていく所存です。
磯和壮太朗 / September 28, 2019
研究内容がすごく興味深いです!!
楽しみにしています!!
小山祐介(コヤ) / September 21, 2019
ご支援ありがとうございます!結果,楽しみにしていただければと存じます!
磯和壮太朗 / September 21, 2019
期待しています(*´ω`*)
Yosuke Satonaka / September 21, 2019
ご支援ありがとうございます!ご期待いただきまして大変嬉しいです。ご期待に添えるよう頑張ります!
磯和壮太朗 / September 21, 2019
Souさん、支援が遅れてごめんなさい。賛同します!頑張ってください。
Kengo / September 20, 2019
ご支援ありがとうございます!遅れたなんてとんでもないです!頑張っていきたいと思います!
磯和壮太朗 / September 21, 2019
今回のプロジェットで、新たな視点を見い出せると良いと思い、支援しました、
息の長い研究ですので、息切れしませんように程々に頑張って下さい
siromasu / September 19, 2019
ご支援ありがとうございます!息切れしない程度に頑張っていきたいと思います。継続的に結果を還元できれば,と考えております。
磯和壮太朗 / September 21, 2019
SOCという概念自体初めて知ったのですが、強烈に腹オチしました。また、SOCを公教育に取り入れるべきという点にも強く共感いたします。加えて、SOCの醸成が、昨今のSNS隆盛に代表されるような仮想的有能感(の乱発)とは負の相関があるという点も興味深いです。
個人的所感としては、高校生年代あたりに特に有益のように思いましたが、一方で、SOC教育においては、まず教師側が強いSOCを持つ人物であることが望ましいはずであり、その辺りは今後の課題の一つになりそうと感じました。場合によっては、個々の教員が指導教本に則って授業するのではなく、ごく少数のスーパー教師(教員に限らない)がオンライン動画などで広くレクチャーする形式の方が合理的かもしれない(それはそれで公教育の現場の反発がありそうですが)・・など、想像が膨らみました。
いずれにしましても、ささやかながら応援させていただきます。マイペースで頑張ってください。


蛇足ですが、下記記事ではスペリングが2か所誤記になってしまっていますね。
https://academist-cf.com/journal/?p=11617
×Cohenrece
×Coherense
seebra / September 18, 2019
ご支援ありがとうございます!私も,この概念に出会った際には強烈に腹オチしたことを覚えています。また,教育場面への導入を考えた際には,子どもたちに直接SOCをl教育する,という視点よりは,学校教員がSOCを高め,理解し,それを涵養できる環境を整えて子ども達に提供することが王道かと思っております。記事の誤記もご指摘いただきありがとうございます!マイペースに息長く,研究を続けて参りたいと思います。
磯和壮太朗 / September 21, 2019
応援します!またお話聞きたいです。
tkurita / September 18, 2019
ご支援ありがとうございます。返信が遅れまして大変失礼をいたしまいた。おかげさまで,無事にプロジェクトを達成することができました。またぜひお話させてください!
磯和壮太朗 / October 15, 2019
研究成果、楽しみにしてます。
SETOMINAKO / September 12, 2019
ご支援ありがとうございます!研究成果を楽しみにしてくださるとのこと,励みになります。頑張って研究を進めてまいります。
磯和壮太朗 / September 15, 2019
興味深いと思ったので支援させていただきます。私も一般家庭から博士取得までなんとか行きましたが、病気や家庭問題などプライベートでのストレスと学習・研究・就職など社会的成功との関連を強く関連していると実感しながら生きてきました。子供の頃からこのような知識を身に着けることは、まさに「生きる力」になると思います。研究頑張ってください。
津田 真樹 / September 09, 2019
ご支援・応援ありがとうございます!おっしゃられるように,プライベートでのストレスと社会的成功は強く関連していると思います。まさしく,「生きる力」に関する研究です。これからも頑張って研究を進めてまいります。
磯和壮太朗 / September 09, 2019
30年以上前になりますが、昔、心理学を専攻していました。多少の支えになるのであれば、応援させていただきたいと思います。
Yasuyuki Araki / September 09, 2019
ご支援ありがとうございます!心理学を専攻なさっていたのですね。大きな支えになります,感謝いたします。
磯和壮太朗 / September 09, 2019
すごく面白いと思いました。
頑張ってくださいね!楽しみにしています!
Hitomi Sasaki / September 09, 2019
ご支援ありがとうございます!頑張って研究を進めてまいります!
磯和壮太朗 / September 09, 2019
Sense of Coherence の動画ビデオを拝見させていただき、とても共感いたしました。一人一人の子供たちや大人たちが、自分の源と繋がって、個人の幸せと他者の幸せの両方を願い行動できる社会になればという願いを私も持っています。これを実現するための方法論として、様々なアプローチがあると思いますが、まずは、Sense of Coherence の考え方で研究を深めていただければと思います。そして、他の実践方法との関係や位置づけ、相乗効果なども探求していただければと思います。ご健闘をお祈りいたしております。
片山 立 / September 05, 2019
ご支援・応援をいただきありがとうございます。お返事が遅くなりまして大変失礼をいたしました。
はい,私としても,まずはSOCを突き詰める形で研究を進めていき,SOCの視点から他の実践方法との関係や位置付け,相乗効果なども探求していきたいと考えております。現在のところ,クリティカルシンキングに関する教育は,SOCの涵養による若干のリスクファクターを補えるという結果を得ています。このように,様々な観点から研究を進めてまいります。今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。
磯和壮太朗 / September 08, 2019
頑張ってください応援してます。
カビ‼︎カビ‼︎ / September 04, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!
目標金額の達成,および,それを受けての研究を精力的に進めていきます!
磯和壮太朗 / September 05, 2019
ざっくりは理解しました。また説明にある現在暗黙のうちに現場で提供されている首尾一貫感覚や今提供することができていない教員にもできる汎化した方法など詳細についても聞きたいです。成功を祈ってますね。
廣崎陽 / August 23, 2019
ご支援ありがとうございます!また詳しくお話しさせてください!
磯和壮太朗 / August 23, 2019
微力ながら応援させて下さい。
ノウハウを共有出来れば、より質が良くなるかもしれない事に共感します。
Yuya_Wako / August 20, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!教育系のノウハウはいろいろとありますが,SOCの視点からひとつの筋が通せるのではないかと考えております!
磯和壮太朗 / August 21, 2019
面白い試みだと思います!
応援しています!
松尾和弥 / August 19, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!面白いと言っていただけて嬉しいです!頑張ってまいります!
磯和壮太朗 / August 21, 2019
微力ながら応援させていただきます。
itesplus / August 19, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!いただいたご支援に報えるよう頑張ります!
磯和壮太朗 / August 21, 2019
医療系大学の教員をしております。とても興味深い内容と思いました。ささやかな支援ですが、応援させていただきます。研究結果を楽しみにしております。
鈴木 倫 / August 18, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!医療系大学でもお役に立てる内容かと存じます。頑張って研究を進めてまいります。
磯和壮太朗 / August 21, 2019
SoCとシティズンシップとを結びつける研究成果を楽しみにしています。
Kazuhiro Kawamura / August 16, 2019
ご支援ありがとうございます!結びつける結果が得られると期待しております。
磯和壮太朗 / August 16, 2019
研究が進みますよう応援しています!
廣岡雅子 / August 16, 2019
ご支援ありがとうございます!精力的に研究を進めてまいります!
磯和壮太朗 / August 16, 2019
すごくステキな研究だと思います!応援しています。
pochipote / August 15, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!成果にして,健康で幸福な社会になっていくための一助にしたいです!
磯和壮太朗 / August 16, 2019
また大学にも遊びにきてください!!研究について議論できたらうれしいです。応援してます!!
上田 仁 / August 13, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!ちょくちょく顔を出す予定なので,また議論しましょう!(`・ω・´)
磯和壮太朗 / August 16, 2019
応援します。

教員と学生がともに幸せな教育現場となりますように。
濱口 隆成 / August 12, 2019
ご支援・応援ありがとうございます!
まずは学校現場の教員と児童・生徒・学生が幸せを感じられるようにしたいです!
磯和壮太朗 / August 13, 2019
応援しております!!
また色々お話しさせて下さいね。
そして色々教えて頂きたいです。
今後ともよろしくお願いします
石田武志 / August 12, 2019
ご支援&応援ありがとうございます!
こちらこそ,また色々お話ししたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
磯和壮太朗 / August 13, 2019
教育を受ける人はもちろん、教育者も研究者も、皆が健康でHAPPYになれるような研究が深まりますよう、応援しています!
門谷 和美 / August 10, 2019
ご支援ありがとうございます!皆が健康でHAPPYになれる一助になるよう頑張ります!
磯和壮太朗 / August 11, 2019
サイエンスカフェ、ぜひ参加したいです‼️
工藤千恵子 / August 10, 2019
ご支援ありがとうございます!まだ先になりますが,研究成果も踏まえていろいろお話しさせていただきたいです!
磯和壮太朗 / August 11, 2019
がんばってください!
h_okumura / August 10, 2019
ご支援ありがとうございます!頑張ります!(`・ω・´)
磯和壮太朗 / August 11, 2019
昔と変わらない学校現場には色々なストレスが内在しています。
健康的な日々を送るためにも、
研究していただきたいです。
阪田 弘子 / August 10, 2019
ご支援ありがとうございます!是非研究して,学校教育,ひいてはこれからの社会に貢献したいです!
磯和壮太朗 / August 11, 2019
研究成果,楽しみにしています!
Kazusige Akagi / August 09, 2019
ご支援ありがとうございます!私自身も研究できるのが楽しみです,頑張ります!(`・ω・´)
磯和壮太朗 / August 09, 2019
頑張ってください.
kabuton / August 09, 2019
ご支援ありがとうございます!頑張ります!
磯和壮太朗 / August 09, 2019
ビデオがすごくよいとおもいます!!
ぽんぽこいくらどん / August 09, 2019
ご支援ありがとうございます!ビデオ,作成を頑張った甲斐がありました!(^-^)
磯和壮太朗 / August 09, 2019
Supporters will be charged the funding amount only if the project reaches the funding goal (JPY 250,000) before 19:00 on October 04, 2019 (JST: GMT+9).
Payment options
Credit cards (VISA, Mastercard), bank transfer, convenience store payment, Pay-easy and PayPal are available
Securities

SSL encryption communication is used in this Web site, and the informations filled out are safely transmitted.

550 JPY(tax included)

研究報告レポート(PDF版)

8 supporters back
(No quantity limit)

1,100 JPY(tax included)

研究報告レポート(PDF版)

14 supporters back
(No quantity limit)

3,300 JPY(tax included)

個人Webサイトにお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

4 supporters back
(No quantity limit)

5,500 JPY(tax included)

学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 個人Webサイトにお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

10 supporters back
(No quantity limit)

11,000 JPY(tax included)

サイエンスカフェへのご招待 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 個人Webサイトにお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

12 supporters back
(No quantity limit)

33,000 JPY(tax included)

論文謝辞にお名前掲載 / サイエンスカフェへのご招待 / 学会発表資料の謝辞にお名前掲載 / 個人Webサイトにお名前掲載 / 研究報告レポート(PDF版)

2 supporters back
(No quantity limit)

Featured projects

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.