学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」

量子科学技術研究開発機構とアカデミスト、寄付金獲得に向けてクラウドファンディング業務提携契約を締結 - コーガジェームズ専門業務員のプロジェクトでサポーター募集を開始


2021年04月07日(水)

日本初の学術系クラウドファンディングサービス「academist」を運営するアカデミスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:柴藤亮介、以下 アカデミスト)と国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(所在地:千葉県千葉市、理事長:平野俊夫、以下 量子科学技術研究開発機構)はこの度、寄付金獲得による研究推進を目的として、寄付型のクラウドファンディングプロジェクト「レーザーで空気中のウイルスを検出できるか?」について業務提携契約を締結し、サポーターの募集を開始いたします。

■ プロジェクトの概要
プロジェクト名:レーザーで空気中のウイルスを検出できるか?
チャレンジャー:コーガ ジェームズ(量子科学技術研究開発機構・専門業務員)
クラウドファンディング実施期間:2021年4月7日〜2021年5月27日
目標金額:50万円
URL:https://academist-cf.com/projects/213?lang=ja
プロジェクト内容:空気中のウイルスを迅速に検出することは、ウイルスによる感染症の予防のために重要だと考えられていますが、有効な検出手法はいまだ確立されていません。コーガさんは、高出力レーザーによってさまざまな物質の組成分析が可能な「レーザー誘起破壊分光法(LIBS)」が、空気中のウイルス検出として活用できるのではないかと考えました。これまでに、LIBSによって液体中のウイルスを検出できることが明らかになっていますが、空気中のウイルスが検出できるかはわかっていません。そこで今回、LIBSによって空気中のウイルス検出が可能かどうか、新型コロナウイルスを例にディープラーニングを活用した数値シミュレーションによって検証します。

サポーターは同プロジェクトに支援することで、活動報告レポート等の寄付金額に応じたリターンおよび量子科学技術研究開発機構が発行する寄付金受領にかかる領収書を受け取ることができ、税制優遇措置を受けることが可能となります。

■ アカデミストについて
アカデミストは、研究者が自ら情報発信を行うことで、資金・情報・人材等のリソースが循環する新しい形のアカデミアの創出を目指したスタートアップ企業です。2014年に学術系クラウドファンディングサイト「academist」、2015年に学術系Webメディア「academist Journal」をリリース。「研究者がいきる、私たちがつなぐ。」をミッションに、研究者を応援する人や研究者の力を必要としている人たちと研究者とをつないでいく事業を展開しています。
・学術系クラウドファンディングサイト「academist」 https://academist-cf.com/
・学術系メディア「academist Journal」 https://academist-cf.com/journal/
・コーポレートサイト https://www.corp.academist-cf.com/

■ 本件に関する問い合わせ先
アカデミスト株式会社 広報担当
info@academist-cf.com

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.