学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」

アカデミスト、理化学研究所数理創造プログラム(iTHEMS)と共同でオンラインイベント「君は本当にブラックホールを知っているか?」を開催


2020年11月09日(月)

アカデミスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:柴藤亮介、以下アカデミスト)は2020年12月6日(日)、理化学研究所 数理創造プログラム(所在地:埼玉県和光市、プログラムディレクター:初田哲男、以下iTHEMS)と共同でオンラインイベント「君は本当にブラックホールを知っているか? ~最新理論や観測結果からノーベル物理学賞解説まで! 現役物理学者に学ぶ最新ブラックホール入門~」を開催いたします。

■ 開催背景
近年、ブラックホール合体からの重力波検出、ブラックホール写真の撮影、銀河中心のブラックホール観測など、ブラックホールに関する大きな発見が相次いでいます。2020年のノーベル物理学賞は、ブラックホール研究の進展に貢献したロジャー・ペンローズ博士、ラインハルト・ゲンツェル博士、アンドレア・ゲズ博士の3名の研究者が受賞しました。12月10日には授賞式が開催される予定です(今年は新型コロナウイルス感染症の影響で規模を縮小して開催)。

これにあわせて、アカデミストとiTHEMSは、ブラックホールに焦点をあてた一般向けのオンラインイベント「君は本当にブラックホールを知っているか? ~最新理論や観測結果からノーベル物理学賞解説まで! 現役物理学者に学ぶ最新ブラックホール入門~」の開催を決定いたしました。

■ イベント概要
理化学研究所・数理創造プログラム(iTHEMS)は、理論科学・数学・計算科学の研究者が分野の枠を越えて基礎研究を推進する、新しいタイプの国際研究拠点です。現在は、「極限宇宙」「生命進化」「数理AI」「新しい幾何学」の4つのテーマについて話し合う「研究セル」があり、さまざまな専門分野の研究者が集まって理化学研究所内外の研究者と交流したり議論したりすることで、分野を横断した新しい研究を生み出すことを目標にしています。

第1部では、iTHEMSに所属する3名の専門家が、ブラックホールの生まれ方、ブラックホールの探し方、ブラックホールの内側について、2020年のノーベル物理学賞の業績にも触れながら、わかりやすく解説します。また第2部では、ブラックホールの魅力やブラックホール研究の今後についてパネルディスカッションを行います。

当日は一般参加者からの質問やコメントも受け付けます。iTHEMSだからこそできる分野横断的なオンラインイベントをどうぞお楽しみください。

【イベント詳細】
日時:2020年12月6日(日)14:00〜16:00
場所:オンライン(Zoomウェビナー)※ 申込者に事前に招待URLをお伝えいたします
参加費:無料(途中参加・退室可)
対象者:どなたでもご参加いただけます
主催:iTHEMS、アカデミスト
後援:株式会社理研数理、大阪大学基礎理学プロジェクト研究センター理論科学研究拠点、SCHEMA / addict(ADKクリエイティブ・ワン)
お申し込み・特設サイトURL:https://www.blackhole.academist-cf.com/
タイムスケジュール:
14:00〜14:05:<はじめに>
14:05〜15:35 <第1部>3名の研究者による講演(20分講演+10分質疑応答 × 3回)
15:35〜15:40 <休憩>
15:40〜16:00 <第2部>パネルディスカッション「ブラックホールの魅力に迫る」

【講演者および発表タイトル】
長瀧重博(理研ABBL/iTHEMS)「ブラックホールの特異点って何?~ペンローズが導いた一般相対性理論の限界点~」
井上芳幸(大阪大学/iTHEMS)「ブラックホールの探し方」
横倉祐貴(iTHEMS)「ブラックホールの中はどうなっているのか?」

【iTHEMSについて】
理化学研究所数理創造プログラム(Interdisciplinary Theoretical and Mathematical Sciences Program, 略称 iTHEMS)は、理論科学・数学・計算科学の研究者が分野の枠を越えて基礎研究を推進する、理化学研究所の新しい国際研究拠点です。iTHEMSでは、「数理」を軸とする分野横断的手法により、宇宙・物質・生命の解明や、社会における基本問題の解決を目指しています。
・Webサイト https://ithems.riken.jp/

【アカデミストについて】
アカデミストは、「研究者がいきる、私たちがつなぐ。」をミッションに、研究者を応援する人や研究者の力を必要としている人たちと研究者とをつないでいく事業を展開しています。主に学術系クラウドファンディングサービス「academist」および学術系メディア「academist Journal」の運営を行っています。
・学術系クラウドファンディングサイト「academist」 https://academist-cf.com/
・学術系メディア「academist Journal」 https://academist-cf.com/journal/
・コーポレートサイト https://www.corp.academist-cf.com/

■ 本件に関する問い合わせ・取材申し込み先
アカデミスト株式会社 広報担当
info@academist.jp

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.