学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

究極的にエネルギー密度を高めた畜電池を生み出したい!

引間 和浩

豊橋技術科学大学、助教

挑戦期間

2021/09/01 - 2023/03/31

最終活動報告

2022/09/06 10:46:14

活動報告

17回

サポーター

8人

経過時間

2021/09/01 10:00:00

9/6:academist Prize 2022 FINALでの発表内容ご紹介

先日、8/31(水)にacademist Prize 2022 FINALが、CIC-Tokyo+zoomのハイブリッドにて行われ、「今年1年間の進展と2050年に向けた野望」というテーマで、3分間のピッチがありました。私は現地参加ができなかったので、録画動画を投影させていただく形で発表しました。その際の動画を共有いたします。もしよろしければご覧ください。

動画へのリンク:https://yo

Kazuhiro Hikima 2022/09/06 10:46:14

8/16:チャレンジ延長の報告・その他近況(熊野古道)

ご支援いただいている皆様、暑い毎日ですが、お盆休みいかがお過ごしでしょうか。

さて、皆様にご支援いただいているこのチャレンジなのですが、2022年8月31日までということになっていました。この度、2023年3月31日まで延長することを決意しました。もちろん、その先もできるだけ続けていきたいと思っていますが、ひとまず2022年度内に期限を設定しました。

あっという間に、まもなく1年が経って

Kazuhiro Hikima 2022/08/16 12:52:41

8/3:近況報告・研究会/参加イベント・コミュニティのご紹介

連日、暑いですが、いかがお過ごしでしょうか。前回の更新からはや1ヶ月が経ち、7月はあっという間に終わりました。今回は、研究会と私がお話させていただくイベントのご紹介です。+最近見つけたコミュニティーのご紹介です。

・低温排熱エネルギー有効活用システム研究会のご紹介
今年度から、上記研究会の座長を務めています。もしご興味ある方はご連絡いただけたら嬉しいです。私は電池研究者として、

Kazuhiro Hikima 2022/08/03 18:33:12

6/29:近況報告・自己紹介・研究紹介動画

連休明け、ドタバタしていて中々更新できていませんでしたが、久しぶりの活動報告です。

今さらですがどんな研究経歴をたどってきたのか、4分くらいの動画を取りましたので共有いたします。
もしよろしければ、ご覧ください。
https://youtu.be/0jl3fTBTybA

7/1-7/2で行われる、第55回基礎科学部会セミナー
https://www.ceramic.or.jp/bk

Kazuhiro Hikima 2022/06/29 19:24:47

5/10:Chemistry letters論文の紹介/音声を使った活動報告

先日、Chemistry lettersに投稿していた論文がアクセプトされたので、その紹介動画(英語)です。
6月下旬に行われるリチウム電池の国際会議用に取り急ぎ録画した物なので、クオリティはさておき、流し聴きしていただけたら嬉しいです。(1.5倍速がオススメです!)

・紹介動画(英語):https://youtu.be/7qGW4v-LZVQ
・論文:https://doi.org/10

Kazuhiro Hikima 2022/05/10 23:34:59

JAASキックオフイベントのご紹介【6/18(土)-24(金)@東京国際交流館】

日本科学振興協会(JAAS)第1回総会・キックオフミーティングが、6/18(土)-24(金)で行われます。
詳細:https://www2.aeplan.co.jp/jaas2022/
ネガティブな感じではなく、日本の科学を”もっと”元気に、ということで、科学を取り巻く環境がより良くなればいいなという想いで参加しています。

プログラムはまだ暫定版ですが、こちらにアップロードされています。

Kazuhiro Hikima 2022/04/29 15:55:40

4/29:Comm.Chem.論文公開の報告/全固体電池関係のニュース紹介

今年度も引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。
新入生が配属されるなど落ち着かない1ヶ月でしたが、やっと自分のことをやれるタイミングになりました。少しずつ最近のトピックスを報告していきたいと思っています。

1. 研究報告
Nature系のCommunications Chemistryに受理された論文が公開されました。
普段使っている電池の反応はかなり複雑で、分かっていない部分

Kazuhiro Hikima 2022/04/29 15:37:32

ショートコラム:「自動・自律的実験」に関する研究会に参加しました。

3/4(金)に、第1回「自動・自律的実験」に関する研究会」
に参加しました。
参考:https://www.titech.ac.jp/event/2022/062994

実験は自動で行い、その実験結果をコンピューターに読み込ませて、次の実験条件を自動で決定。
その繰り返しで、最適な合成条件を決めるというものです。
材料科学の分野においても、このような流れは不可避であると感じています。

Kazuhiro Hikima 2022/03/05 16:49:35

2/3:論文アクセプト報告/エッセイ紹介/次世代電池”全固体Li-S電池”とは?

今年もよろしくお願いいたします。
入試や修士論文審査会などで、あっという間の2022年の1ヶ月間でした。

1. 研究報告
ひたすら論文を書いて、査読から返ってきた論文についてはその修正、ということを繰り返しておりました。
そのうちの一つは下記の論文です。
K. Hikima, M. Totani, S. Obokata, H. Muto, A. Matsuda, Mechanical

Kazuhiro Hikima 2022/02/03 19:19:31

12/28:年末のご挨拶/JACS論文公開の報告/その他

あっという間に年末になってしまいました。
9月からスタートしたこのチャレンジ、サポーターの皆さまには大変お世話になりました。
今年も残り4日間ですが、良いお年をお迎えください。2021年最後の活動報告をしたいと思います。

米国化学会(ACS)のJournal of American Chemical Societyという雑誌に論文がアクセプトされました。
ACSの中では一番Impact

Kazuhiro Hikima 2021/12/28 19:03:20
このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

2人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

2人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

4人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.