学生ロボコンで、世界一を目指したい!

支援総額
741,200円
達成率
148%
サポーター
64
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 37 進捗報告 2

目標金額を達成しました!

63

みなさまのおかげで、無事100%に到達いたしました! 東大OBの方からお初の方まで、幅広くご支援いただき、感謝の気持ちで一杯です。クラウドファンディングを始める前は、前例がなく、本当に支援が集まるのか不安を感じておりました。しかし、いざ始めてみると初日から順調に支援額が増えていき、私たちの活動に対してご理解のある方がこんなにもいらっしゃるのだなと大変うれしく感じました。

目標金額は達成いたしましたが、本プロジェクトは2018年5月29日まで継続いたしますので、引き続きご支援と周知のためのご協力を賜りますようお願いいたします。

また、この機会に「ロボコン」というものを多くの方に知っていただくことができたなら、とても光栄に思います。厳しい制約や定められたルールの中で、勝つために最適なロボットを考えて競い合うというのはとても魅力的です。今回のクラウドファンディングを通して、「ロボコンは面白い」がより多くの人に広がっていくことを切に願います。

それでは、6月10日(日)のNHK学生ロボコン2018大会での私達の活躍をご期待ください!

academistスタッフからの一言

ロボット研究者の卵の果敢なチャレンジ

このプロジェクトの魅力は、ロボット工学者を志す大学生たちが、限られた時間で技術を磨き、緻密な戦略を立て世界一を目指していることです。詳細の戦略の種明かしは、プロジェクト終了後の支援者限定報告会のお楽しみ。大会の観覧はこちらのリンクからお申し込み可能です。若き才能にぜひエールをお願いします!

Rshibato

担当者:柴藤亮介

NHK学生ロボコンとは

みなさん、「ロボコン」をご存知でしょうか。ロボコンとは、ある競技テーマ・ルールに沿ったロボットを作製し、試合形式で競い合うというものです。日本だけではなく、世界でもさまざまなロボコンが開催されており、相撲やサッカーなどスポーツを題材にしたもの、ドローンを用いたものなどがあります。

私たちRoboTechは、数あるロボコンのうち「NHK学生ロボコン」に2002年より毎年出場しています。NHK学生ロボコンは、大学・高専のロボコンチームが出場でき、バトミントンや再生可能エネルギー、日本の伝統文化をモチーフにしたものなど、毎年競技テーマ・ルールが変わります。私たちのチームは、過去5回の優勝経験があります。これは、優勝回数が最多(6回)の豊橋技術科学大学についでの記録です。また、このNHK学生ロボコンで優勝すると、世界大会「ABUアジア・太平洋ロボコン」への出場権を獲得できます。世界大会の開催国については、国内大会の準優勝チームも出場することができ、私たちのチームは過去に6回の出場経験、1回の優勝経験があります。

Back1

2018年6月10日(日)にロボコン開催!

今年度のNHK学生ロボコンは、2018年6月10日(日)に開催が予定されています。ルールとしては、世界大会の開催国であるベトナムの伝統的な遊び「Nem Con」をモチーフとしています。Nem Con は、シャトルコックと呼ばれる紐がついた球を紐の部分を持って振りまわし、高さ10mの輪に通すという遊びです。

これがロボコンのルールになると、手動ロボットが所定の位置に置かれたシャトルコックを回収し、それをもう1台の自動ロボットに受け渡し、受け取ったシャトルコックを自動ロボットが投げて、リングを通すという競技になります。実際には、下記のような競技フィールドで2チームが競い合います。シャトルコックをリングに通せば点数を獲得できるため、試合時間3分間で何度もシャトルコックをリングに通して点数を稼いでも良いですし、ある条件をクリアした瞬間に得点に関係なく勝利が決定する「Vgoal」もありますので、どのチームより早く「Vgoal」の達成を目指すこともできます。(ルールの詳細はこちらをご覧ください。)

B2

試行錯誤を繰り返し、理想的なロボットを

今回の大会で勝つためには、シャトルコックを精度良くリングに通す技術や、シャトルコックの回収や受け渡しを確実にこなす技術が求められます。

2017年8月末にルールが発表されてから現在に至るまでの約8ヶ月間、シャトルコックを投げる時間を短くすることや、2台のロボット間でのシャトルコックの受け渡しのしやすさの兼ね合いなどに頭を悩ませ、試行錯誤を繰り返してきました。他校に模倣されたり対策されてしまう恐れがあるため、ロボットの特徴や工夫点を大会前に公開することはできないのですが、事後報告会では私たちの戦略も具体的にお話させていただければと思っています。(下記の画像は、去年の大会に出場したロボットの写真です。)

Back3

研究費サポートのお願い

ここ2年間は連続で「ABUアジア太平洋ロボコン」に出場しており、今年はRoboTech史上初(!!)の3年連続世界大会出場がかかっています。大会にかける意気込みは非常に高く、世界大会に出場できたあかつきには、中国やベトナムなどのアジアの強豪国を抑え、優勝を狙っていきます。

しかし、ロボットに使うアルミや樹脂などの材料代やモーター・センサ代等で、どうしても大会経費がかさんでしまいます。これらの経費の大半は部員から集めた部費でまかなっておりますが、正直なところ、学生が払えるお金には限りがあります。そこで今回、みなさまから大会経費の一部をサポートいただき、そのお礼に大会当日の様子や私たちの戦略や技術をお伝えする形で、勝率を高めていきたいと考えております。

私たちは現在、ロボコンで勝てるロボットの作製に力を入れておりますが、このロボットそのものが社会で役に立つかどうかはわかりません。しかし、ロボット作りを通じて部員の技術力は日々向上しており、また50人規模のメンバーでどのように開発を進めていくのが良いのかということを、学生の段階で学べていることは、大変貴重なものだと考えています。特に私の場合は、ロボット研究者を目指しているため、本大会で経験したチーム運営力・技術力を研究基礎力として活かし、将来的には社会で「役に立つ」ロボットを作れる人材へと成長し、より直接的な貢献ができるよう努めていきたく思っております。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Support

挑戦者の自己紹介

63

はじめまして。伊藤慶太(ITO Keita)と申します。中学・高校時代に電子工作をする部活に所属しており、そのときからものつくりの楽しさを覚えました。大学に入り、何かまたものつくりできるサークルに入りたいなと思い、RoboTechに入部しました。現在はRoboTechの部長をしており、ロボットの開発よりかは部の運営に力を注いでいます。ロボコンでの優勝には、部の運営も欠かせない要素ですので、自分が現役生として活動できる残り約2ヶ月、悔いの無いよう頑張っていきます。

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2018年04月 クラウドファンディング挑戦
  1. 2018年5月には、大会に向けてロボットの最終調整、試合形式での練習を行います。
2018年06月 NHK学生ロボコン2018
  1. 2018年7月は、世界大会に向けてロボットの改良、来年度以降に向けた新たな技術開発を進めます。
2018年08月 ABUアジア・太平洋ロボコン2018

リターンの説明

1,000円
(税抜)

注目のリターン:大会報告レポート(電子版)

  1. 大会報告レポート(電子版)
1000

大会の様子をレポートにまとめてメールでお届けいたします。

5,000円
(税抜)

注目のリターン:RoboTechオリジナルTシャツ

  1. RoboTechオリジナルTシャツ
  2. 大会報告レポート(電子版)
5000.001

1,000円のリターンに加えて、RoboTechのオリジナルTシャツをお届けします。次ページの記入欄でサイズ(S, M, L, LL)をご記入ください。ご記入がない場合には、Mサイズを送らせていただきます。

10,000円
(税抜)

注目のリターン:サイエンスカフェ参加券

  1. サイエンスカフェ参加券
  2. RoboTechオリジナルTシャツ
  3. 大会報告レポート(電子版)
10000

5,000円のリターンに加えて、サイエンスカフェにご招待いたします。日時は2018年6月下旬〜7月上旬の土日祝日のどこかで、場所は東京大学本郷キャンパスを予定しています。当日は、私たちが大会で優勝するために考えた作戦を限定公開いたします!当日ご参加いただけない場合には、後日発表資料を共有させていただきます。

30,000円
(税抜)

注目のリターン:Webサイトにお名前掲載

  1. Webサイトにお名前掲載
  2. サイエンスカフェ参加券
  3. RoboTechオリジナルTシャツ
  4. 大会報告レポート(電子版)
30000

10,000円のリターンに加えて、私たちのWebサイトにお名前を掲載いたします。ロボコン東大チームの歴史に、みなさんのお名前を残してみませんか?(注)支援時にご登録いただいたフルネーム(漢字)を掲載いたします。

50,000円
(税抜)

注目のリターン:お披露目会参加券

  1. お披露目会参加券
  2. Webサイトにお名前掲載
  3. サイエンスカフェ参加券
  4. RoboTechオリジナルTシャツ
  5. 大会報告レポート(電子版)
50000

私たちが製作したロボットが動く様子を皆さまの目の前で実演いたします!日時は2018年6月下旬〜7月上旬の土日祝日のどこかで、場所は東京大学本郷キャンパスを予定しています。

100,000円
(税抜)

注目のリターン:RoboTech特製シャトルコック

  1. RoboTech特製シャトルコック
  2. お披露目会参加券
  3. Webサイトにお名前掲載
  4. サイエンスカフェ参加券
  5. RoboTechオリジナルTシャツ
  6. 大会報告レポート(電子版)
100000.001

私たちが大会で実際に使用したシャトルコックに、チームメンバーのお礼のメッセージを書いてお渡しいたします。なお写真は開発過程のもので、実際にお渡しするものとは異なる可能性がありますので、ご了承ください。

このプロジェクトは、
2018年05月30日 17時00分までに目標金額 500,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。

Available cards

銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。
1,000円(税抜)
  1. 大会報告レポート(電子版)

1000

14人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. RoboTechオリジナルTシャツ
  2. 大会報告レポート(電子版)

5000.001

27人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. サイエンスカフェ参加券
  2. RoboTechオリジナルTシャツ
  3. 大会報告レポート(電子版)

10000

17人が支援しています。
( 限定20個 )

30,000円(税抜)
  1. Webサイトにお名前掲載
  2. サイエンスカフェ参加券
  3. RoboTechオリジナルTシャツ
  4. 大会報告レポート(電子版)

30000

2人が支援しています。
( 限定10個 )

50,000円(税抜)
  1. お披露目会参加券
  2. Webサイトにお名前掲載
  3. サイエンスカフェ参加券
  4. RoboTechオリジナルTシャツ
  5. 大会報告レポート(電子版)

50000

3人が支援しています。
( 限定5個 )

100,000円(税抜)
  1. RoboTech特製シャトルコック
  2. お披露目会参加券
  3. Webサイトにお名前掲載
  4. サイエンスカフェ参加券
  5. RoboTechオリジナルTシャツ
  6. 大会報告レポート(電子版)

100000.001

1人が支援しています。
( 限定5個 )