学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

超小型衛星「ARICA」で突発天体ガンマ線バースト解明の糸口をつかむ!

シェア ツイート
SUCCESS
坂本貴紀
青山学院大学、教授
支援総額: 2,087,700 円
目標金額: 2,000,000 円
達成率
104 %
サポーター
164
残り時間
終了
支援する
研究報告レポート 7/15 に延期

サポータの皆様

6/15 に配布を予定していた研究報告レポートですが、大変申し訳ありませんが、1ヶ月遅らせていただきたいと思います。6月末締切の大切な2つの申請書の作成に追われており、手がまわっておりません。これらの申請書の提出が完了する7月からは、研究報告レポートに集中できます。お待たせする事になってしまい大変恐縮ですが、引き続きよろしくお願いいたします。

坂本貴紀 / 2022年06月14日
3月-4月 ARICA 進捗、ARICA-2 発足

久しぶりの進捗報告となります。

3月はオンラインサイエンスカフェ、そして、2回のオンライン講座を開催させて
いただきました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

ARICA の状況ですが、データの送受信とも成功できていない状況が続いております。
定期的に小さいサイズのデータの送信を試みていますが、ARICA でデータが処理された
形跡はありません。引き続き、小さいサイズのファイル送信を続けながら、ARICA
からのデータを待つという運用を続けます。

青学として独自の超小型衛星開発を継続して行っていく体制を構築するため、多くの
他学部、他学科の先生方や外部の先生方にもご協力いただき、学内に「超小型宇宙機
研究所」という超小型衛星の開発拠点を設置しました。そして、このセンターの最初の
プロジェクトとして、ARICA の再挑戦ミッション ARICA-2 の開発を行っていくことに
なりました。ARICA との通信がこのままできないという最悪の状況を想定し、一方で、
ARICA で達成しようとしている科学目標は今でも非常に大切なものであるため、是非
達成したいという思いでの ARICA-2 の開発となります。ARICA-2 の目標は、ARICA
と同じく、民間衛星通信を用いた突発天体速報システムの実証です。ただし、ARICA に
は不足していた、通信の冗長性を考慮し、民間衛星通信機器に加え、アマチュア無線帯を
利用した送信機の搭載を検討しています。また、衛星のオンボードコンピュータとして、
JAXA 革新2号機の RAISE-2 のコンポーネントとして現在、実証が行われているソニー
の Spresense というオンボードコンピュータの利用などを考えています。まだ、打ち上げ
は未定ですが、開発としては 2024年度の打ち上げを目指して行っていく計画です。
ARICA-2 は多くの青学の先生方にご協力いただきながら、オール青山で開発を進めて
まいります。ご期待ください。

今後も、ARICA に加え、ARICA-2 の進捗についても、こちらの academist のページにて
ご報告させていただければと考えております。引き続き、ご支援の方をよろしくお願い
いたします。

坂本貴紀 / 2022年05月03日
1月-2月 ARICA 進捗

久しぶりの進捗報告となってしまい、申し訳ございません。

1月中旬以降の ARICA の状況ですが、継続してサイズの小さなファイルのデータ送信を定期的に試みていますが、ARICA へのデータ送信、そして ARICA からのデータ受信ともに成功できていません。引き続き、小さなファイルサイズのデータ送信を続けて参ります。

2/17-2/18 に革新的衛星技術実証ワークショップが開催されました。青学大学院の修士論文発表会と日程が重なっていたため、事前録画での発表とはなりましたが、ARICA の開発、そして、現状について報告いたしました。以下の YouTube からご覧いただけます。ARICA の発表は、このYouTube録画の 2:00:00〜となります。是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Jedrk3vFxGc

また、皆様からご支援いただいた研究費が大学の方に入金され、利用できるようになりました。本当にありがとうございました。新年度になるとは思いますが、ARICA の今後、そして、青学での超小型衛星開発の展望などについてご報告できればと考えております。

引き続き、ARICA の応援をよろしくお願いいたします。

坂本貴紀 / 2022年02月19日
12/25-1/13 ARICA 進捗

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末年始にかけての ARICA の状況ですが、データの送受信ともに出来ていません。小さいファイルサイズのデータ送信を定期的に続けていますが、機上で処理された様子はみられません。少なくとも1月一杯は同様の運用を行う予定です。今後も、あまり多くの進捗が期待出来ないため、2週間に一度程度の進捗報告になるとは思いますがご容赦ください。

皆様にご支援いただいた研究費をどのように活かすのが良いか、チーム内での話し合いを継続して行っております。具体的な内容が決まりましたら、皆様にお伝えいたします。

引き続き、ARICA へのご声援、よろしくお願いいたします。

坂本貴紀 / 2022年01月14日
12/13-12/24 ARICA 進捗

12/13-12/24 の ARICA の状況ですが、以前としてデータの送受信ともに出来ていません。年末年始も定期的に小さなファイルサイズのデータ送信を続け、データの受信を待つ運用を行います。

厳しい状況が続いておりますが、暖かく見守っていただければと思います。皆様、良いお年を。

坂本貴紀 / 2021年12月25日
12/7-12/11: ARICA, NASA 岡島さんとの対談動画5

12/7-12/11 の ARICA の状況ですが、データの送受信ともに以前、成功できていません。引き続き、定期的に小さなファイルサイズのデータ送信を継続しながら、データの受信を待つという運用となります。また、ToloSat チームの協力のもと、イリジウム衛星との通信可能時間のシミュレーション、そして、衛星自体のハードウェアの検証を続けています。

NASA ゴダードスペースフライトセンターの岡島 崇さんとの対談動画 part5 を公開しました。最終回は、岡島さんがどのようにして NASA 職員になったのか、また、NASA で働くことを夢みている若い方へのアドバイスを聞きました。ぜひ、御覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=N_hVixoH4AM

また、今までの岡島さんとの対談動画 (part1-part5) へのリンクを以下にまとめます。

part1: 岡島さんの幼少期〜大学生
https://www.youtube.com/watch?v=RS8c05ycRlg
part2: 4年生での研究室選択. そして、大学院へ
https://www.youtube.com/watch?v=Gj7q6MF7iCM
part3: 現在、行っている研究
https://www.youtube.com/watch?v=cShYYbTKKQE
part4: NASA での衛星開発
https://www.youtube.com/watch?v=ch9QF_ZPp7g
part5: NASA で働く
https://www.youtube.com/watch?v=N_hVixoH4AM

坂本貴紀 / 2021年12月12日
12/4-12/6: ARICA, NASA 岡島さんとの対談動画4

12/4-12/6 の ARICA の状況ですが、データの送受信ともに以前、成功できていません。引き続き、定期的なデータ送信を継続しながら、データの受信を待つという運用となります。

昨日、フランス トゥールーズ の ISAE-SUPAERO という機関でキューブサット ToloSat を開発している航空宇宙工学を専攻している学生2名とオンライン会議をする機会がありました。ToloSat では ARICA で使用しているイリジウム衛星を用いた通信を検討しています。ToloSat の打ち上げは 2025年ですが、イリジウム衛星との通信について様々なシミュレーションを行っており、ARICA の現状を把握する上でも非常に有意義なミーティングでした。彼らのシミュレーションの結果などを共有していただける事となり、今後も引き続き、イリジウム衛星の通信について情報交換していきます。

NASA ゴダードスペースフライトセンターの岡島 崇さんとの対談動画 part4 を公開しました。今回は、NASAでの衛星開発というテーマで、NASA ではどのように衛星プロジェクトが選定されるのか、また、NASA と JAXA での衛星開発の違いなど、興味深いお話が聞けました。ぜひ、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ch9QF_ZPp7g

坂本貴紀 / 2021年12月07日
11/30-12/3: ARICA, NASA 岡島さんとの対談動画3

11/30-12/3 の ARICA の状況ですが、以前としてデータの送受信に成功できていません。引き続き、データ送信も継続しながら、データの受信を待つという運用を続けます。

NASA ゴダードスペースセンターの岡島 崇さんとの対談動画 part3 を公開しました。岡島さんが行っている最近の研究について伺っています。XRISM 衛星、ひとみ衛星、NICER には岡島さんのグループが制作したX線望遠鏡が搭載されています。また、X線望遠鏡の性能を測定するために制作されたX線ビームラインやビームラインを整備する時のこぼれ話など、いろいろと興味深いことをお話いただきました。ぜひ、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=cShYYbTKKQE

坂本貴紀 / 2021年12月04日
11/26-11/29: ARICA, NASA 岡島さんとの対談動画2

11/26-11/29 の ARICA ですが、データの受信、そして、送信も試みていますが、成功できていません。引き続き、データ送信も継続しながら、データの受信を待つという運用を続けます。

NASA ゴダードスペースセンターの岡島 崇さんとの対談動画 part2 を公開しました。学部4年生での研究室選びから大学院時代に完成させた 10 keV を超えるX線を観測するための望遠鏡、そして、南極での実験の話など盛りだくさんです。是非、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Gj7q6MF7iCM

坂本貴紀 / 2021年11月30日
NASA/GSFC 岡島さんとの対談動画1

クラウドファンディングも、あと5日となりました。ここでスペシャルなゲストとの対談をしました。公私共々、大変お世話になっている NASA ゴダードスペースセンターの岡島 崇さんです。岡島さんは、数少ない日本人の NASA 正規職員です。part1 の動画は岡島さんの幼少期から大学生時代を振り返って、現役の NASA 研究者が、どのような子どもだったのかを聞いています。NASA 研究者を目指している若い方々、必見です。

https://www.youtube.com/watch?v=RS8c05ycRlg

坂本貴紀 / 2021年11月27日
このプロジェクトは、 2021年10月01日(金) 10時00分 から 2021年12月02日(木) 17時00分 までの間に目標金額2,000,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。
お支払について
お支払にはクレジットカード(VISA, Mastercard)、銀行振込、コンビニ決済、Pay-easy、PayPalをご利用頂けます。
セキュリティについて

当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。

1,100 円(税込)

研究報告レポート

47 人 が支援しています。
(数量制限なし)

5,500 円(税込)

研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

53 人 が支援しています。
(数量制限なし)

11,000 円(税込)

オンラインサイエンスカフェ参加権 / 研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

40 人 が支援しています。
(数量制限なし)

33,000 円(税込)

論文謝辞にお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ参加権 / 研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

15 人 が支援しています。
(数量制限なし)

55,000 円(税込)

オンライン講座受講権 / 論文謝辞にお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ参加権 / 研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

5 人 が支援しています。
(数量制限なし)

110,000 円(税込)

研究室ホームページにお名前掲載 / オンライン講座受講権 / 論文謝辞にお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ参加権 / 研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

3 人 が支援しています。
(数量制限なし)

220,000 円(税込)

個別ディスカッション権 / 研究室ホームページにお名前掲載 / オンライン講座受講権 / 論文謝辞にお名前掲載 / オンラインサイエンスカフェ参加権 / 研究報告レポートにお名前掲載 / 研究報告レポート

1 人 が支援しています。
(数量制限なし)

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.