神奈川県とアカデミスト、2件のクラウドファンディングプロジェクトを公開


2019年07月09日(火)

神奈川県とアカデミスト株式会社は7月9日、研究資金獲得を目的としたクラウドファンディングプロジェクト「神奈川発トマト『湘南ポモロン』は、どうすれば売れるのか?」および「相模湾のマイクロプラスチック汚染実態を明らかにしたい!」のサイトを公開し、サポーターの募集を開始しましたので、お知らせいたします。

■ クラウドファンディングプロジェクトの概要
1.神奈川発トマト「湘南ポモロン」は、どうすれば売れるのか?
チャレンジャー:鈴木美穂子(神奈川県農業技術センター 主任研究員)
クラウドファンディング実施期間:2019年07月9日14時〜2019年08月19日19時
目標金額:100万円
URL:https://academist-cf.com/projects/131?lang=ja
プロジェクト内容:良いものをつくっただけでは売れない時代になってきたと言われていますが、農作物も同じです。神奈川県生まれの「湘南ポモロン」は、生でも加熱しても美味しいトマトとして開発されましたが、栽培の難しさなどもあり、思うように普及が進んでいません。今回のプロジェクトでは、湘南ポモロンの付加価値を高め、潜在的なニーズを持つ消費者へきちんと届けていくことを目的としたマーケティング調査の研究資金を募ります。そして調査結果を地産地消の取り組みにつなげていくことで、神奈川県の農作物生産の活性化を目指します。

2. 相模湾のマイクロプラスチック汚染実態を明らかにしたい!
チャレンジャー:三島聡子(神奈川県環境科学センター 主任研究員)
クラウドファンディング実施期間:2019年07月9日14時〜2019年08月19日19時
目標金額:100万円
URL:https://academist-cf.com/projects/132?lang=ja
プロジェクト内容:近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な問題となっています。この問題解決の第一歩は、その汚染実態を明らかにすることです。今回のプロジェクトでは、相模湾の海岸に漂着しているマイクロプラスチックを採集し、それらを分析することで、相模湾全体のマイクロプラスチックの材質・形態別漂着量の分布マップを作成することに挑みます。相模湾でのマイクロプラスチックの採集には、ぜひ神奈川県民のみなさまにご協力いただきたいと考えています。

※ 相模湾のマイクロプラスチック調査について
調査への参加は随時受け付けています。 参加を希望される方は、下記までご連絡をお願いします。調査方法の詳細や採集道具の貸し出し方法について、ご案内いたします。 調査場所が偏らないように調整していただく場合がありますので、ご了承ください。

神奈川県環境科学センター マイクロプラスチック研究チーム
電話番号: 0463-24-3311 (受付時間 9:00-17:00)