学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」

DNAから生物の老化機構を解明し、健康長寿社会を実現したい!

坂本 光士郎

東京大学 修士課程2年

挑戦期間

2021/09/01 - 2022/08/31

最終活動報告

-

活動報告

0回

サポーター

14人

経過時間

2021/09/01 10:00:00

あなたが研究を通して成し遂げたいことはなんですか?

私が成し遂げたいことは、人類の健康寿命を延伸させ、病気にならず元気に老いていくことができる真の健康長寿社会を作り上げることです。

日本は世界一の高齢社会です。

平均寿命はこの50年間で男女共に10歳以上延伸しております。

その一方で、健康寿命(日常生活に制限のない期間)の延伸は芳しくなく、厚生労働省(2010)によると、男女平均で10年以上の乖離が平均寿命と健康寿命の間にあります。

この差が拡大すれば、個人の生活の質の長期低下を招きます。
いくら寿命が伸びたとしても、これは幸せと言えるでしょうか。
本当に幸せな長寿とは、いつまでも病気にならず最期の時まで健康にいられることなのではないでしょうか。

そこで掲げた目標である真の健康長寿社会の実現に向けて、私は研究によって未知の老化メカニズムを明らかにすることで貢献したいと考えました。

どのようなプロセスで実現しようとしていますか?

ゲノムは、変異(傷)が蓄積することで細胞のがん化や老化が誘導されると考えられております。

変異の蓄積した細胞のがん化機構は従来からよく研究されていますが、変異の蓄積が細胞の老化を誘導する直接的機構はほとんど解明されておりません。

そのため、ゲノムの変異の蓄積、つまりDNAの異常が老化を誘導する機構の解明が期待されております。

そこで私の研究プロジェクトでは、老化のモデル生物として出芽酵母を利用し、ゲノムの異常が老化を誘導する機構を明らかにしようとしております。

それによって得られた知見を、マウスやヒト等の哺乳類細胞に応用し、早期老化症やがん等の加齢性疾患のメカニズム及び治療法の解析に向けて研究を進めていきたいと考えております。

創薬が視野に入ってきたならば、企業との共同研究を積極的に推進し、研究を社会に還元致します。

このようなプロセスで最終的には老化の予防創薬を実現し、人々の健康寿命の延伸に貢献したいと考えております。

現在取り組んでいる研究課題はなんですか?

DNAの異常と老化の研究が進められる中、ある不思議な現象が確認されました。

網目状のゲルを用い、DNAを大きさごとに分離する実験は分子生物学で頻繁に行われる実験です。
ところが出芽酵母の老化細胞のDNAでこの実験を行うと、網目に引っかかり、分離されなかったDNAが確認されたのです。このことから、そのDNAが未知の異常構造を有していることが考えられました。

そしてそのDNAを解析すると、リボソームDNA領域という、ゲノムが最も不安定化しやすく、老化に関わると言われる場所のDNAだったことが分かったのです。

DNAの構造に関わる遺伝子はこれまでいくつか発見されておりますが、それらの遺伝子の変異は度々寿命に悪影響を及ぼします。そしてそれらの中には、ヒトでは早期老化症という病気の原因となるものもあります。

これらのことから加齢に伴い生じたDNAの異常構造が老化の誘導に関連していると考えました。
そこでDNAを観察できる特殊な顕微鏡によってDNAの異常構造の正体を明らかにし、得られた構造をヒントにその発生機構を調べることで未知の老化メカニズムを解明します。

なぜクラウドファンディングに挑戦していますか?

クラウドファンディングに挑戦する意義として、研究を広め、研究の社会的価値を向上させることがあります。

これまでアカデミア以外の方向けの講演活動に積極的に取り組んでおりましたが、その活動で伝えた思いは一過性で終わってしまいがちです。
一方でクラウドファンディングを通じた活動は支援者の方々に定期的に進捗を報告することができ、シェアホルダーのような存在として研究を見守ってくださることでしょう。真に研究を知ってもらうにはこのような活動への挑戦が不可欠と考えました。そして、アカデミア以外の方々が応援したい研究を支援することが当たり前な世の中となれば研究者という存在の社会的価値が高められ、待遇が向上されるのではないかと期待しております。

本プロジェクトによっていただいた支援金は、授業料・学会参加費用・書籍費・生活費等に充てさせていただきます。
研究に興味を持っていただき応援してくださるという方は、ぜひともご支援いただけると幸いです。

挑戦者の自己紹介

坂本 光士郎

東京大学定量生命科学研究所ゲノム再生研究分野所属の坂本光士郎と申します。
幼い頃から生物の老化に興味を抱き、「なるべく老いたくないなぁ、病気にならず健康に暮らしたいなぁ」と思っていたことを鮮明に覚えております。中学生の時に調べたところ、老化やそれに関連する疾患を克服する予防法がまだ発見されていなかったようなので、それならば自分が発見してやろうと決心したことが、生物の老化研究を一生の仕事に選んだきっかけです。
恵まれた環境で老化研究に携わらせていただけること、そして関わる全ての人に感謝しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

研究計画

時期 計画
2021年9月 academistでクラウドファンディング開始
2021年秋 実験を進めてデータ取得及び修士論文執筆開始
2022年2月 修士論文発表会、博士課程進学口述試験
2022年3月 修士課程修了予定
2022年4月 博士課程進学予定
2022年夏〜秋 国内外での学会発表、論文執筆開始(目標)

リターンの説明

330 円/月 (税込)

注目のリターン : 活動報告閲覧権

活動報告閲覧権

※加入した月の活動報告から閲覧できます。

支援する

7人が支援しています。

(数量制限なし)

1,100 円/月 (税込)

注目のリターン : 活動報告閲覧権

活動報告閲覧権

※加入した月の活動報告から閲覧できます。

支援する

2人が支援しています。

(数量制限なし)

3,300 円/月 (税込)

注目のリターン : 活動報告閲覧権

活動報告閲覧権

※加入した月の活動報告から閲覧できます。

支援する

5人が支援しています。

(数量制限なし)

このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

7人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

2人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

5人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.