12月5日〜9日 毎夜21:00より academist Prize 2期生の若手研究者が、対談形式でお互いの研究を深堀りしていきます! 12/5〜9 毎夜21:00〜 academist Prize 2期生の若手研究者が、お互いの研究について対談します! 12/5〜9 毎夜21:00〜 Prize 2期生研究対談!
Academic crowdfunding platform "academist"
JP | EN

Multiscale computing for intense laser matter interaction

Mizuki Tani

東京大学、博士後期課程

Challenge period

2021-03-31 - 2024-03-31

Final progress report

Tue, 29 Nov 2022 00:26:16 +0900

Progresses

13 times

Supporters

7 people

Elapsed time

Wed, 31 Mar 2021 10:00:00 +0900

論文が出版されました

9月の末に夏のことをまとめて書きますという投稿をしてからだいぶ経ってしまいましたが、今回これをまとめておこうと思います。

・学位取得後のことを考え始めた
私は2024年の3月に博士課程を修了するつもりで過ごしています。その後どこで働くのか来年の夏休みくらいに考え始めればいいかなと思っていたのですが、それではちょっと遅いかもしれないと大上さん
(https://academist-cf.co

Mizuki Tani Tue, 29 Nov 2022 00:26:16 +0900

最近の活動

夏の間報告が滞っていてすみません。色々なことがあったので、これから何回かに分けて報告していきたいと思います。
・アト秒科学の学会(開催地オーランド)に参加した
・学位取得後のことを考え始めた
・コロナにかかった
・京都の研究所に行った
・応用物理学会(開催地仙台)に参加した
・論文を再投稿した
だいたいこんな感じです。
今回は「アト秒科学の学会(開催地オーランド)に参加した」について

Mizuki Tani Thu, 29 Sep 2022 13:00:44 +0900

カナダに行ってきました

先週トロント(カナダ)に行ってきました。学生交流的なのが半分、学会が半分という感じです。オンタリオ湖(ナイアガラの滝の上流側)の原子力発電所見学にも行ってきました。

--

UT2-Mac ワークショップというのに参加しました。UTの一つはThe University of Tokyo(東大)、もう一つはUniversity of Toronto(トロント大)、MacはMcMaster(マ

Mizuki Tani Fri, 01 Jul 2022 00:11:12 +0900

コロナ禍が始まって以来初めて学会に現地参加した話

先月ハンガリーのブダペストで学会に参加してきました。高強度レーザー関連の会議で、アト秒科学のセッションで喋りました。ガチ高強度の人(相対論的なレーザーの人々を勝手にそう呼んでいます)もたくさんいました。今回は学会の参加報告です。

--

会期は主に3/22-25の4日間で、3/26にブダペストからバスで2時間ほど離れたセゲドという街にあるELI-ALPSという高強度レーザーの研究施設のツア

Mizuki Tani Wed, 13 Apr 2022 16:27:18 +0900

2年ぶりに国際会議に現地参加します

ハンガリーで開かれる
High-Brightness Sources and Light-Driven Interactions Congress
という国際会議に現地参加することにしました。今日出発するので、また帰ってきてから見聞きしてきたことをレポートしたいと思います。

国際学会はだいたい口頭発表とポスター発表と二種類の発表枠があるのですが、口頭発表の方がたくさんの人に自分の

Mizuki Tani Mon, 21 Mar 2022 19:04:00 +0900

他のアカデミストチャレンジャーと一緒に研究を始めた話

このクラウドファンディングプロジェクトを始めた時には想像だにしていませんでしたが、最近、近い分野で研究をしている大上さんと一緒に研究をしています。早くも成果が出始めているので、論文化に向けて準備を進めているところです。今回はそれにまつわる秘話をご紹介します。

--

いつも応援ありがとうございます。正月少し前くらいから本格的に大上さんとの研究を進め始めました。直接的なきっかけは、昨年8月に

Mizuki Tani Tue, 08 Feb 2022 21:26:57 +0900

京都にある研究所に行ってきました!(その2)

今回は、「固体中の電子と電子の散乱」というものについて色々な人に話を振ってみた結果、全員が異なるリアクションをとった(ので自分の意見を持つことが大事なのだと感じた)という話を書きたいと思います。

研究を進める中で、人と話してみることは大切です。皆が一致した意見を持たないような話題について、あーだこーだ話してみると自分になかった視点に気づくこともあります。研究室は、そこにいる人だけでなくて、別

Mizuki Tani Tue, 28 Dec 2021 16:20:15 +0900

京都にある研究所に行ってきました!(その1)

共同研究者がいる関西光科学研究所に2週間ほど行ってきました。オンラインではなかなか難しい込み入った話をしたり、他にも訪問していた人がいたりして、有意義な時間を過ごせました。行き方ショートムービーを用意したので、下部のリンクからどうぞ。

ご無沙汰しております。いつも応援ありがとうございます!
今月は来春の国際会議COLAに9月の応用物理学会の内容を少し変えて投稿しました。レーザーで物質に加

Mizuki Tani Tue, 23 Nov 2021 19:58:04 +0900

最近の進展を応用物理学会で発表しました

先日出版した論文の続編に当たる研究を進めています。その進捗を9/10の応用物理学会で発表しました。ざっくり言えば、電子のダイナミクスのみならず光のダイナミクスも同時にシミュレーションしました、という内容です。

日常生活でも目にするように、金属は表面で光を反射します。では、表面のどこで反射が起きるのでしょう?最表面の原子層でしょうか?それとも2層目でしょうか?実は、光を反射する金属でも、表面のご

Mizuki Tani Fri, 24 Sep 2021 18:22:23 +0900

筆頭著者として書いた論文が8月30日に出版されました

https://doi.org/10.1103/PhysRevB.104.075157 (無料で読めます)
これまでレフェリーとのやりとりなどを紹介してきましたが、昨日ようやく出版されました。Physical Review B (PRB)といって、アメリカ物理学会(APS)が発行している論文誌で、物理関係の専門的な論文はだいたいこのPhysical Reviewシリーズから出ていることが多い感じで

Mizuki Tani Tue, 31 Aug 2021 23:02:38 +0900
This project is a monthly fee-based crowdfunding. Payment will be made from the month of support to the end of every month.
About payment
Credit cards (VISA, Mastercard) are available
Securities
SSL encryption communication is used in this Web site, and the informations filled out are safely transmitted.
330 JPY (Monthly / tax included)
活動報告閲覧権(全員)+論文謝辞にお名前掲載(希望者)

4 supporters back

(No quantity limit)

Support

1,100 JPY (Monthly / tax included)
活動報告閲覧権(全員)+論文謝辞にお名前掲載(希望者)(300円のリターンと共通)

3 supporters back

(No quantity limit)

Support

3,300 JPY (Monthly / tax included)
活動報告閲覧権(全員)+論文謝辞にお名前掲載(希望者)(300円のリターンと共通)

0 supporters back

(No quantity limit)

Support

Featured projects
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.