学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

古代マヤ文明・ティカル遺跡に眠る未発掘の遺物量を推定する!

月額支援型

今泉和也

明治大学、特別研究員

挑戦期間

2021/01/06 - 2026/03/31

最終活動報告

2024/04/18 20:42:28

活動報告

97回

サポーター

14人

経過時間

2021/01/06 10:00:00

第8回進捗報告 「発掘調査のプランニング」

 今月の主な作業は、ティカル遺跡にて実施予定の発掘調査の計画書を作成したことです。調査許可を申請するための計画書ですが、期間はいつか、どのマウンドを対象とするか、人員を何名にするのかについてはほぼ確定しました。コロナ禍の問題があるのですが現状では年明けに実施できる見込みとなっています。

 またこれまで継続的に行ってきた9枚のティカルマップから各マウンドのサイズデータを取得する作業については9枚

今泉和也 2021/08/27 10:18:11

【ライブ配信に関して】―第8回進捗報告―

 第8回のライブ配信は「2021年8月27日(金)PM8:00」より実施致します。別日程でも下記のように適宜対応致しますので是非ご連絡ください。
今回は進捗報告として『個別のマウンドのサイズ分布と、建造物グループごとのサイズ分布の関係性』についてお話をしたいと思います。

トピック: ライブ配信:8月の進捗報告
時間: 2021年8月27日 08:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoom

今泉和也 2021/08/19 03:29:46

【ライブ配信に関して】ー第7回進捗報告ー

 第7回のライブ配信は「2021年8月6日(金)PM8:00」より実施致します。今回は7月末に資料調査に行っていたため、変則的に月初めにライブ配信を行います。別日程でも下記のように適宜対応致しますので是非ご連絡ください。
 今回は進捗報告として『数理モデルの簡単な紹介と胎土分析』についてお話をしたいと思います。

トピック: 第7回ライブ配信「法則定立的な考古学研究の必要性」の発信開始!

今泉和也 2021/08/02 22:02:03

第7回進捗報告「法則定立的な考古学研究の必要性」の発信開始!

 今月の進展として「法則定立的な考古学研究の意義」についてグアテマラにおける国際考古学シンポジウムで発表し、来年度に論文化されることになりました。また明治大学の大学院ゼミでも発表を行いました。今後はこのようにクラウドファンディングにおいて実施している研究をより具体的な形として国内外に発信していくことになります。

 また2020年1~3月にティカル遺跡で実施した発掘の調査速報を古代アメリカ学会の

今泉和也 2021/08/02 21:49:18

第6回進捗報告「考古学における『べき乗則』の発見」

 今回は前回に引き続き、ティカル遺跡中心部の測量図面を利用して、マウンドサイズのデータを集成しました。使用した図面は、「エンカント・マップ」と「テンプル・オブ・インスクリプション・マップ」です。後者は『碑銘の神殿』として知られる6号神殿が所在する図面で、この図面におけるデータ集成は半分終了しています。

 図面及び報告書におけるマウンド数のカウント方法と私のカウント方法とが異なるため、少しずつマ

今泉和也 2021/06/24 16:12:21

【ライブ配信に関して】

 第6回のライブ配信は「2021年6月25日(金)PM8:00」より実施致します。別日程でも下記のように適宜対応致しますので是非ご連絡ください。
今回は進捗報告として『ティカルにおける建造物グループのサイズ分布』についてお話をしたいと思います。

トピック: 6月期進捗報告
時間: 2021年6月25日 08:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
http

今泉和也 2021/06/08 11:02:30

【ライブ配信に関して】

 第5回のライブ配信は「2021年5月28日(金)PM8:00」より実施致します。別日程でも下記のように適宜対応致しますので是非ご連絡ください。
今回は更なるご支援者様の募集も兼ねて一般参加可能としているため、進捗報告と共に『プロジェクト全体』のお話をしたいと思います。

トピック: 5月期進捗報告(何をしたいのか?プロジェクト全体のお話)
時間: 2021年5月28日 08:00 PM 大

今泉和也 2021/05/28 15:54:39

第5回進捗報告「キャンプマップにおけるマウンドサイズの特徴」

 今月の進捗は以下の通りです。

①北海道(厚岸町、帯広市、湧別町)における資料調査、及び川砂試料のサンプリング調査の実施

②キャンプマップにおける建造物マウンドサイズの推定

 ①に関して、現在私はコロナ禍による渡航制限のこともあり、国内調査を実施しています。元々、ティカルで出土する特定の奢侈性の高い土器の在地・搬入の判定を行うために、河川や湖沼に堆積する砂粒試料と土器に含まれる砂粒

今泉和也 2021/05/28 15:49:57

【*日程変更後の進捗報告会について】

昨日は申し訳ございませんでした。急用のため本日に振り替えさせていただきました。宜しくお願い致します。

トピック: 4月期進捗報告
時間: 2021年5月1日 08:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/2073138285?pwd=SmxmQ2lTTkZLZUFNZEEyRkVzY2JyQT09

ミーテ

今泉和也 2021/05/01 18:02:45

第4回進捗報告「ティカル遺跡におけるマウンドの分類と分布」

 今月の進捗は以下の通りです。

①古代アメリカ学会への投稿論文執筆
:題目「ティカル遺跡、Str.4F-19, 20の一般住居址に関する調査成果」

②グアテマラ考古学シンポジウムの論文集への投稿論文の執筆
:題目「Rito Realizado por Normares en Clásico Tardío.-el caso de residencias en área 4F, Tika

今泉和也 2021/04/28 11:58:20
このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権・ライブ配信参加権・発掘調査報告書に謝辞掲載

9人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

550 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権・ライブ配信参加権・発掘調査報告書に謝辞掲載(300円のリターンと共通)

3人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権・ライブ配信参加権・発掘調査報告書に謝辞掲載(300円のリターンと共通)

2人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権・ライブ配信参加権・発掘調査報告書に謝辞掲載(300円のリターンと共通)

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

5,500 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権・ライブ配信参加権・発掘調査報告書に謝辞掲載(300円のリターンと共通)

0人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.