研究船の上で、海洋学の魅力を若者に届けたい!

支援総額
1,485,000円
達成率
148%
サポーター
238
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 138 進捗報告 15

目標金額を達成しました!

Profile

【未来の海洋学の土台作り 100万円突破!!!!】

サポート頂いた皆さんのお陰です、大感謝!!!
ブレークスルー研究会メンバー、感謝以外の言葉がでません。開始17日目での快挙です。必ずや「海洋学」の現場体験で若者の好奇心に火をつけます!!

参加学生の募集はいよいよ7/2日より開始します。募集方法は、各学会等MLやサポーターの皆さんのSNSを通して、各自の出身校高校にメールをしてもらい拡散する予定です。締切は7/27日(水)。皆さんの力をどうぞ貸し下さい。よろしくお願いします。

【もうひとつのお知らせ:次の目標、150万円を目指します!!】

150名を越えるご支援をいただき、本当にありがとうございます。これで、参加学生30名への旅費支給額は、諸費用を除くと1人あたり平均2万円となり、プロジェクトの開催は何とか可能となります。しかし、遠方から参加する学生への補助はまだまだ足りません。

そこで、参加学生の旅費補助をもっと増やしてあげたい!! 7月27日まで次の目標として150万円を目指します。引き続き、支援の輪がひろがるように、サポート・シェア・RT・いいね!お願いします。

【研修プロジェクト 船の上で海を学ぼう! 2018】
7/2日〜7/27日の期間、参加学生の募集を行います。募集要項のポスターができました。当プロジェクトの「進捗報告:【船の上で海を学ぼう2018! 募集要項拡散のお願い】」をぜひご覧下さい。

academistスタッフからの一言

研究の「現場体験」で若者の好奇心に火をつける

海洋大国と言われている日本ですが、私たちが義務教育を受けたころを思い返してみても、海洋学について学ぶ機会はほとんどありません。そこに問題意識を感じた海洋学者たちは、「全国の高校生、大学生に船上で生の海洋学を体験させてあげたい!」という想いをもとに、今回のプロジェクトを立ち上げました。海洋学者たちの熱い想いを次世代に届ける機会を作るべく、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

日本海洋学会ブレークスルー研究会のWebサイトもご覧ください。

Rshibato

担当者:柴藤亮介

日本にとっての海洋学の重要性

みなさん、「海洋学」という学問を今まで学んだことがあるでしょうか。ほとんどの方は「NO」だと思います。現在、中学・高校の理科・地学教科書には海洋学・関連分野の記述はほとんどないので、それも当然です。一方で、四方を豊かな海に囲まれ、お寿司、お刺身、かまぼこ、海苔、ひじきと新鮮な海産物が食卓を支えたり、美しい景観のレジャー先として海に親しみを抱く方は多いはずです。

海洋学とは、そんな海がどのように流れ、波打ち、暖まり、今後どう変わっていくのか、そこに住む生物たちはどうなっていくのか、私たちにどのような影響をもたらすのか、といったことを知ろうとする学問です。

日本は、国土面積では世界で61位の島国ですが、排他的経済水域と領海を合わせた海の広さは世界6位、さらには海洋の体積でいくと世界4位の海を有しています。海は私たちにとって、単に親しみのある自然というだけでなく、最も大きな財産のひとつです。

B1

「知らない」のカベを打ち破りたい!

日本に住む方にとって潜在的には必要性や関心があってもよいはずの海洋学ですが、「知らない」と思われるかもしれません。それは、これまでの教育課程において教科書などでほとんど触れられてこなかった、受験でも必須科目でないのできっかけがなかった、つまり「海洋学への入り口がとても狭く、少ない」という実情があるからです。

そのため、われわれ海洋学者は、一般向けの書籍を執筆したり、サイエンスカフェを開催するなどしてさまざまな「海洋学への入り口」を広げ増やそうとしてきました。そのなかでも、大きな手応えを感じた取り組みのひとつが、「ホンモノの船の上で海洋学の現場を味わってみる」という研修体験を提供することです。科学実験と実習を現場で仲間たちと取り組みながら、海洋学の知恵をプロの海洋学者から直接聞くことは、エキサイティングな知的体験です。

実際に、こうした体験をとおして「知らない」のカベを突破できた学生が、熱い感動と衝撃から海洋学を志すということは、私たちの今の仲間のあいだでもしばしば聞かれる実話としてあります。

しかし、そのような研修は資金が潤沢であったり、ごく限られた期間の幸運が重なったりのことで、決して全国の高校生、大学生にそのチャンスが開かれてはいなかったのが現実です。

B2

未来の海洋学を一緒に作りませんか?

「全国の高校生、大学生に船上で生の海洋学を体験させてあげたい!」。私たちにとって、純粋にその想いが、このクラウドファンディングに挑戦する理由です。ごく一部の限られた学生だけがたまたま海洋学に興味を持って世界に誇る日本の海洋学を支えていけるかというと、それだけでは不十分です。単純に理科の成績が良くてたまたま選んだ大学の環境によって限られるのではなく、発想や才能の多様性に富んださまざまな人材が、未来の海洋学の発展には必要です。

そのためには、全国の高校生や大学生に「海洋学の衝撃と感動」を実際に海の上で体験するチャンスを広げる必要があります。

B3

研究費サポートのお願い

充実した海洋学との出会いの場を次世代を担う若者たちへ提供したいという思いと資金難を克服するために、今回クラウドファンディングに応募します。皆さんからいただいたご支援は、全国各地から集まる高校生、大学生の旅費・滞在費、船泊の使用料に充てさせていただく予定です。

また、ご支援いただいた皆さまにも、現場レポートや記録動画を通じて「現在進行系の海洋学」の姿をお伝えし、海洋学の魅力を感じていただける機会にしたいと思います。さらには、このクラウドファンディングを支援したこと自体を皆さんの周りに伝えていただければ、それだけでも海洋学の裾野を広げることになります。

教科書や受験とはまた違った形で、一般の国民参加による海洋学の普及をこの取り組みを通じて行えれば、乗船する学生たちの未来を大いに後押しできると信じています。ぜひ、お力をお貸し下さい。

Img2

挑戦者の自己紹介

Profile

私たちは、日本海洋学会の中でもとがったアイデアを出してドンドン実験し、挑戦していくグループ「日本海洋学会ブレークスルー研究会」のメンバーです。海洋学の中でも、流れを読み解く物理、成分の違いを紐解く化学、豊かさを推し量る生物など、さまざまな専門のメンバーが集っています。取り組み方も、現場の海に船で出かける者、衛星のデータを解読する者、数式を操りコンピューターシミュレーションする者、など様々です。場所や時間も、私たちに身近な沿岸の海を細かく調べたり、グローバル展開して考えたり、過去、現在、未来を行き来したり、と興味の違いでいろいろな海洋学者が集っています。でも、とにかく共通する想いは一つ。「海って最高!!!」ってことです。それをみんなに伝えたい。分かって欲しい。大切な日本の未来のために、知ってもらわなきゃいけない。そんな染み渡るような、噛みしめるような、とっても熱い想いを抑えきれない海洋学者の集い、それが「ブレークスルー研究会」なのです。

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2018年05月 クラウドファンディング挑戦
2018年09月 研究船で海を学ぼう開催
2018年10月 報告書と研修内容の動画制作

リターンの説明

1,000円
(税抜)

注目のリターン:実施報告書(PDF版)

  1. 実施報告書(PDF版)
1000

プロジェクト実施報告書をメールでお送りします。

5,000円
(税抜)

注目のリターン:海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)

  1. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  2. 実施報告書にお名前を記載
  3. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  4. 実施報告書(PDF版)
5000

海洋学会ブレークスルー研究会のオリジナルTシャツをお送りいたします。また、プロジェクト実施報告書の最後にお名前をいれさせていただき、メールで送付します。

10,000円
(税抜)

注目のリターン:プロジェクト現場の記録動画

  1. プロジェクト現場の記録動画
  2. 記録動画にお名前掲載
  3. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  4. 実施報告書にお名前を記載
  5. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  6. 実施報告書(PDF版)
10000

5,000円のリターンに加えて、プロジェクト実施現場の記録動画を限定配信でお届けいたします。また、記録動画の最後にお名前をいれさせていただきます。

20,000円
(税抜)

注目のリターン:プロジェクト報告会参加権、参加学生からのビデオレター

  1. プロジェクト報告会参加権
  2. 参加学生からのビデオレター
  3. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  4. プロジェクト現場の記録動画
  5. 記録動画にお名前掲載
  6. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  7. 実施報告書にお名前を記載
  8. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  9. 実施報告書(PDF版)
20000

10,000円のリターンに加えて、プロジェクト報告会へ招待いたします。海洋学者とともに、未来の海洋学を作るための議論にご参加いただけませんか。会場としては、幕張メッセで2019年5月に開催予定の日本海洋学会春季大会を想定しています。ぜひ、学会の雰囲気も味わってください!また、今回のプロジェクト「研究船で海を学ぼう2018」に参加した学生からのお礼のビデオレターを限定公開でお届けいたします!

30,000円
(税抜)

注目のリターン:記録動画と実施報告書にお名前記載(中サイズ!)

  1. プロジェクト報告会参加権
  2. 参加学生からのビデオレター
  3. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  4. プロジェクト現場の記録動画
  5. 記録動画にお名前掲載(中)
  6. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  7. 実施報告書にお名前を記載(中)
  8. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  9. 実施報告書(PDF版)
30000

20,000円のリターンのうち、記録動画と実施報告書に記載するお名前の記載を(中サイズ)に大きくします!

100,000円
(税抜)

注目のリターン:プロジェクトへ参加権

  1. プロジェクトへ参加権
  2. プロジェクト報告会参加権
  3. 参加学生からのビデオレター
  4. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  5. プロジェクト現場の記録動画
  6. 記録動画にお名前掲載(大)
  7. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  8. 実施報告書にお名前を記載(大)
  9. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  10. 実施報告書(PDF版)
100000

30,000円のリターンに加えて、今回のプロジェクト「研究船で海を学ぼう2018」へ参加していただけます(会場までの旅費、宿泊費、食費は個人で負担いただきます)。

このプロジェクトは、
2018年07月27日 19時00分までに目標金額 1,000,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。

Available cards

銀行振込をご希望の方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。
1,000円(税抜)
  1. 実施報告書(PDF版)

1000

46人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  2. 実施報告書にお名前を記載
  3. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  4. 実施報告書(PDF版)

5000

139人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. プロジェクト現場の記録動画
  2. 記録動画にお名前掲載
  3. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  4. 実施報告書にお名前を記載
  5. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  6. 実施報告書(PDF版)

10000

42人が支援しています。
( 数量制限無し )

20,000円(税抜)
  1. プロジェクト報告会参加権
  2. 参加学生からのビデオレター
  3. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  4. プロジェクト現場の記録動画
  5. 記録動画にお名前掲載
  6. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  7. 実施報告書にお名前を記載
  8. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  9. 実施報告書(PDF版)

20000

5人が支援しています。
( 限定20個 )

30,000円(税抜)
  1. プロジェクト報告会参加権
  2. 参加学生からのビデオレター
  3. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  4. プロジェクト現場の記録動画
  5. 記録動画にお名前掲載(中)
  6. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  7. 実施報告書にお名前を記載(中)
  8. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  9. 実施報告書(PDF版)

30000

6人が支援しています。
( 限定10個 )

100,000円(税抜)
  1. プロジェクトへ参加権
  2. プロジェクト報告会参加権
  3. 参加学生からのビデオレター
  4. 「モテサク先生が語る!クラウドファンディング達成までの道のり」イベント参加券(8/5日曜日19-21時@横浜駅近辺)
  5. プロジェクト現場の記録動画
  6. 記録動画にお名前掲載(大)
  7. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルTシャツ(非売品)
  8. 実施報告書にお名前を記載(大)
  9. 海洋学会ブレークスルー研究会オリジナルステッカー
  10. 実施報告書(PDF版)

100000

0人が支援しています。
( 限定5個 )