ガイドライン(購入型)

アカデミスト株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が運営するクラウドファンディング・プラットフォームacademist(アカデミスト)(以下「本サービス」といいます。)の利用に関するガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます。)を定めます。ご利用者の皆さまが本サービスを利用するためには、本ガイドラインおよび別途当社が定める利用規約の全てに同意していただく必要があり、ご利用者の皆様が本サービスを利用したときには、ご利用者様は本ガイドラインに同意したとみなされます。なお、本ガイドラインに登場する用語の定義は、全て利用規約に従います。

第1条 概要

当社は、チャレンジャーが掲載したプロジェクトに対して不特定多数の登録ユーザーがサポーターとなり、そのプロジェクトに対して金銭的な支援を行えるクラウドファンディング・プラットフォームを提供します。

  1. チャレンジャーは、サポーターに対してプロジェクトに関連する一つまたは複数の種類のリターン(=プロジェクトが定めた一定金額の支援に対して法令の範囲内で提供される無形または有形のモノ等)を提供することができます。その場合、チャレンジャーは当社に対して販売を委託することができます。また、登録ユーザーはこれを購入してプロジェクトのスポンサーとなり、サポーターとしてチャレンジャーを支援することができます。リターンの購入を約束したサポーターによる支払約束金額の総額がチャレンジャーが設定した目標支援総額に達し、かつ募集期間が終了したときは(プロジェクトの達成)、リターンの売買が成立し、サポーターによる支援金額が所定の条件にしたがって支払われることになります。なお、この場合の売買契約は、原則として当社とサポーターの間で交わされるものであり、チャレンジャーとサポーターの間における契約関係は発生いたしません。
  2. チャレンジャーは、プロジェクト達成前は、サポーターを募るために本サービスを通じてプロジェクトをアピールすることができます。また、チャレンジャーは、プロジェクトの達成後、プロジェクトページ上で、プロジェクトの進み具合を進捗報告欄やリターンの研究報告レポート等を通じて支援者と共有することが推奨されており、サポーターはプロジェクトのスポンサーとしてプロジェクト進行過程を知ることができます。

第2条 プロジェクトの掲載

  1. チャレンジャーが定めた募集期間内に支援金が目標金額に到達した場合は、募集期間が終了した時点でプロジェクトは成立(本ガイドラインにおいて、「プロジェクトの達成」、「達成」又は「サクセス」といいます。)となります。この時点で、サポーターの支援金は全額決済され、チャレンジャーはプロジェクト活動を開始するものとします。
  2. 募集期間内に目標金額に到達しなかった場合は、プロジェクトは不成立(以下「アンサクセス」といいます。)となり、サポーターの支援金は全額決済されず、サポーターがリターンを得る権利も発生しません。この場合、当社からチャレンジャーへの支払いも一切行われません。
  3. チャレンジャーは、自らのプロジェクトがサクセスするようにサポーターおよび登録ユーザーに対してプロジェクトのPRおよび進捗状況の共有をすることが推奨されます。
  4. チャレンジャーは、募集期間内に目標金額を越えて支援が集まった場合でも、募集期間の終了日までは途中でプロジェクトの掲載を終了することはできず、募集期間の終了日までサポーターの募集を行わなくてはなりません。
  5. チャレンジャーは、自らのプロジェクトがサクセスした場合、プロジェクトページに記載した日時までに、リターンを自ら履行しなければならず、又は当社のリターン履行に協力しなければなりません。ただし、論文の謝辞へのお名前掲載などのように、実現可否・実現時期が予想できない場合は、この限りではありません。
  6. チャレンジャーが申請したプロジェクトが、研究費獲得を目的としていないテーマであると当社が判断した場合には、プロジェクトのご掲載をお断りする場合がございます。
  7. 本サービスに掲載されたプロジェクトは、原則として掲載を取り下げることおよび募集期間や目標金額、リターンの内容や金額を変更することはできません。ただし、プロジェクトが募集期限前で、かつサクセスしていない場合に、やむを得ない理由でプロジェクトの開始が実行できないと当社およびチャレンジャーが判断した場合は、その限りではありません。その場合は、チャレンジャーは速やかに当社までその旨を通知しなければなりません。

第3条 プロジェクトの支援

  1. サポーターとしてチャレンジャーを支援するということは、当社およびチャレンジャーが設定したリターン(物品もしくはサービス)を得る権利を購入し、プロジェクトの実行を応援する行為を示します。
  2. サポーターは、支援金の支払いが完了し、支援したプロジェクトがサクセスした段階で、チャレンジャーからリターンの提供を受ける権利を得るものとします。ただし、リターンの種類が物品販売等の発送行為を伴うものであるときは、海外居住者のサポーターは当該リターンの提供を受けられない場合がございます。
  3. サポーターは支援を行った場合、支援を行ったプロジェクトの利用条件(プロジェクトごとに別途本サービス上で表示します。)を理解し、同意したとみなされます。
  4. サポーターは、プロジェクトに関してあらかじめ約定されたリターン以外の要求は行わないものとします。
  5. 当社は、サポーターの支払処理が完了した段階で、プロジェクトがサクセスしたかどうかに関わらず、プロジェクトのサポーター一覧ページにサポーターとして支援している旨を遅滞なく表示できるものとします。
  6. チャレンジャーからリターンを得る時期は、チャレンジャーが本サービスに掲載するプロジェクトにおいて明示して定めるものとします。リターンの受け渡しなどに関して、万が一トラブルが生じた際には、原則としてサポーターと当社との間で解決するものとし、チャレンジャーは責任を負わないものとします。また、サポーターは本サービス上に表示されたリターンの配布数の上限その他の条件を理解した上で、支援金を支払うものとします。
  7. 本サービスを利用するチャレンジャーまたはサポーターに対し、本サービスの利用に関連して、課税が生じることがあります。当社は本サービスの利用に関して発生する課税には一切関与しませんので、課税の有無や課税額等については、チャレンジャーおよびサポーターが自らの責任で確認および対応するものとします。
  8. 本サービスは、原則として購入型のクラウドファンディング・サービスですので、原則として本サービスご利用によるご支援は、寄付金控除の対象とはなりません。ただし、academist内で寄付型部分と明記された箇所又は「academist Plus」で掲載された大学・研究機関別ページからのご支援に関しては、この限りではありません。

第4条 利用資格

  1. 未成年のユーザーが本サービスを利用する場合は、親権者の同意が必要となります。
  2. 個人としてのチャレンジャーは、成人で日本国内の住所、電話番号、本人名義の銀行口座、公的機関が発行している身分証(免許証、パスポート、健康保険証等)もしくは学生証を持っていることが必要となります。

第5条 プロジェクト掲載に関する禁則事項

  1. チャレンジャーは、自らと関わりのないプロジェクトおよびプロジェクト権利者に許可を得ていないプロジェクトの掲載はできません。
  2. 登録ユーザーは、自身以外の登録ユーザー又はサポーターの住所やメールアドレス等の情報および支援履歴を知り得た場合に、当該第三者の承諾なくインターネット上およびインターネット以外への転載・開示は一切行うことができないものとします。ただし、ユーザー名はその限りではありません。
  3. 下記に該当する内容がプロジェクトおよびリターンに含まれるプロジェクトの掲載は禁止します。
    • 法令に違反するもの。
    • 著作権を保有していない著作物、使用許諾を受けていない著作物その他正当な使用権を保有していないもの。
    • 銃器・凶器類、たばこ、医薬品・医療品、動物、昆虫等の生物、販売に際して法律で義務づけられている免許や資格条件を満たしていないもの、非合法商品全般。
    • 火薬・花火など危険性の高い商品、犯罪に使用されるおそれがある商品(エアガン、スタンガン、催涙スプレー)、 法令により携行を禁止された刃物、開運、魔よけを標榜(ひょうぼう)する高額商品、金融商品(株や配当など)、一般に流通している商品券やクーポン券といった換金性の高いもの。
    • その他当社が不適切と判断したもの。

第6条 著作権および知的財産所有権

  1. チャレンジャーが掲載するプロジェクトには、著作権を保持していない著作物または使用許諾を受けていない著作物が含まれていないことが条件となります。
  2. 登録ユーザー又はサポーターは、プロジェクト内容について、当社、チャレンジャーその他の者の名誉その他の権利ないし利益を侵害するものでない限り、当社の定めるプロジェクトのURLおよびブログパーツ・ウィジェット、プロジェクトタイトル、プロジェクト概要のテキストおよび画像、チャレンジャーのプロフィールをインターネット上で転載できるものとします。ただし、インターネット以外の紙面媒体等への転載については、当社およびチャレンジャーの事前の承諾を得て行わなければなりません。
  3. 登録ユーザーは、サポーターとして支援したか否かに関わらず、プロジェクトに関する著作権・商品化権その他の一切の権利を有しないものとします。ただし、サポーターとして支援した場合のリターンを得る権利を除きます。

第7条 キャンセル、返品、返金

  1. サポーターは、支援金の支払いを完了した後は、キャンセル、返品、返金要求、その他支払いの撤回は一切行うことはできません。
  2. チャレンジャーは、原則として、一旦掲載したプロジェクトの撤回・変更を求めることができないものとします。ただし、やむを得ない事情で撤回を求める場合は、当社とサポーターに対して十分な事情説明を行った上で、プロジェクト掲載を通じて受け取った金額の返金を行うものとします。
  3. 本サービス以外でのプロジェクト活動進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求、その他紛争については、サポーターとチャレンジャー間で解決するものとし、当社は一切責任を負いません。
  4. 当社は、プロジェクト開始後、理由の如何を問わず、チャレンジャーがプロジェクト進行不可能となった場合やリターンの履行遅延・履行不可能となった場合であっても、支援金の一部または全部の返金は一切行わないものとします。
  5. チャレンジャー又は当社がサポーター宛にリターンを発送したにもかかわらず、チャレンジャー又は当社の責に帰さない事由により当該リターンが返送されたときは、3ヶ月の間、当社にて保管を致します。同保管期間中は、再発送のご希望を承りますが、再発送にかかる費用をサポーターのご負担となります。同保管期間を経過した場合は、当該リターンは破棄させていただきます。

第8条 支援金の支払い

  1. 当社は、プロジェクトがサクセスした場合は、最終的にプロジェクト掲載で集まった総支援金額のうち決済が完了した金額から、当社運営手数料と当社が利用する決済代行業者の手数料、リターン作成費、銀行振込手数料等(以下、「リターン作成費等」という。)を差し引いた金額を、チャレンジャー又はチャレンジャーの所属する大学・研究機関へ支払うものとします。
  2. 決済時に何らかの事由により決済が正常に行えなかった場合は、正常に決済が完了するまでサポーターがリターンを得る権利は発生しません。また、プロジェクトの募集終了から30日を越えても正常に決済が処理されない場合は、金額に関わらず、その支援はキャンセルとなるものとします。

第9条 手数料

当社の手数料は、最終的にプロジェクト掲載で集まった総支援金額のうち決済が完了した金額の20%とし、80%からリターン作成費等を差し引いた金額をチャレンジャー又はチャレンジャーの所属する大学・研究機関へ寄附金として支払うものとします。また、別途発生する決済手数料3%は当社が負担するものとします。なお、支払い金額の一部が、大学・研究機関全体の教育・研究のために利用される場合もあります。

10条 サービス運用

  1. アクセスの集中等により、サポーターとして支援金の支払いができなかったことによりユーザーに生じる損害に当社は一切責任を負いません。
  2. 本サービスの基準時間は、当社のサーバー、システムで管理する時間とし、実際の時間や本サービスで表示する時間とは一致しない場合があります。ユーザーはこれを了解の上で本サービスを利用するものとします。
  3. 当社は、サポーターの支援金が目標金額に到達せず、プロジェクトを開始できなかったことによりチャレンジャーに生じる損害については一切責任を負いません。
  4. 当社は、当社の責に帰さない事由及びサポーターの責に帰すべき事由(登録メールアドレスや住所の間違い等)でサポーターとして支援したことについての表示の遅延、リターンの遅延、遅配が発生したことによりサポーターに生じる損害については一切責任を負いません。

11条 個人情報の取り扱い

リターンの提供等のためにサポーターの個人情報(住所、電話番号、メールアドレス等)が必要となる場合、本サービスの定める取得方法またはメッセージ送受信の機能を使用するものとします。この際得た個人情報の管理はチャレンジャーが責任を持って行うものとし、当社は情報の漏えい等のトラブルにより生じる損害については一切責任を負いません。その他、本サービスに関する個人情報の取扱いについては、別途定めるプライバシーポリシーのとおりとします。

12条 利用規約

本サービスを利用するためには、別途当社が定める「利用規約」についても同意いただく必要がございます。

13条 ガイドラインの変更等

  1. 当社は、本ガイドラインを事由に変更できるものとします。当社は、当該変更内容を本サービスの当社Webサイトに表示する方法により、登録ユーザーに通知するものとします。当該変更の後、本サービスを利用した登録ユーザーはかかる変更に同意したとみなされます。
  2. 本ガイドラインの一部の規定の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定は元の意思に出来る限り沿うように解釈されるものとし、当該規定の無効部分以外の部分および本ガイドラインのその他の規定は有効とします。
  3. 本ガイドラインの規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本ガイドラインはその他のユーザーとの関係では有効とします。
2018年08月01日 一部改定
2017年10月10日 一部改定
2017年06月14日 一部改定