Academic crowdfunding platform "academist"
JP | EN

Want to explore the mechanism of emotion regulation !

Monthly

Misa Kurihara

Nagoya University、Ph. D. Student

Challenge period

2021-07-21 - 2025-03-31

Final progress report

Wed, 03 Apr 2024 19:50:03 +0900

Progresses

35 times

Supporters

12 people

Elapsed time

Wed, 21 Jul 2021 10:00:00 +0900

日本帰国

サポーターの皆様

日本に先日帰国をしました。お世話になったドイツでの研究室のメンバーが短い滞在期間でしたがお別れ会をしてくれました。今回の滞在をサポートしてくださった方々皆さんに感謝をしています。

4月から名古屋大学に主に所属する形は変わりませんが、今後もしばらくの間マックスプランク研究所の客員研究員として在籍をする形になりました。
マックスプランク研究所の先生方とも今後も研究を継続的

Misa Kurihara Wed, 03 Apr 2024 19:50:03 +0900

報告と今年度のまとめ

サポーターの皆様

いつも応援ありがとうございます。

今回は、まず初めに1つ報告と、その後に今年のまとめを行いたいと思います。

まず1つ報告があります。
このacademistさんで取り上げていただいていたプロジェクトの支援ですが、これを始めた当初は今年3月末で終了する予定でした。
しかしながら、最短でも学位取得まで続けたい、そしてこれらの研究をより知ってもらえるようにしたいと思

Misa Kurihara Mon, 04 Mar 2024 20:20:30 +0900

パイロット実験スタート

サポーターの皆さま

今回は、実験の進捗について報告したいと思います。

これから、マックスプランク研究所で、光を使って、どれだけ報酬や罰に対する感情が変化するのかについてパイロット実験を行います。時間とコストの関係から、マックスプランク研究所では光のみを用いて実験を行うことになりました。

内容は以前こちらでも説明したものと似ています:
この実験では、午後4時に参加者の方に実験室

Misa Kurihara Sat, 03 Feb 2024 21:50:29 +0900

2023年度の振り返り

サポーターの皆さま

今回は新年1回目の投稿になります。

今回は、昨年2023年を振り返ってみようと思います。
2022年12月末に決まったドイツ留学。その次の年の1〜3月までは、海外留学のためにとても忙しい日々を過ごしていました。
ドイツ留学が決定してから、日本にいるまでに名古屋大学の研究を終わらせる必要性が出てきました。データを確かなものにするため、追加実験をし、データ解析までを、

Misa Kurihara Wed, 03 Jan 2024 07:39:36 +0900

12月プレゼンテーション

サポーターの皆さま

今回は本日行われた、そして来週行われるプレゼンテーションについてご紹介できればと思います。
本日名古屋大学の研究室ミーティングにてプレゼンテーションを行いました。今回は、今週のプレゼンと来週マックスプランク研究所で行われるプレゼンを2つ続けて行います。

詳細なスライドはこちらからご覧ください。
https://misa33kurihara.wordpress.co

Misa Kurihara Fri, 01 Dec 2023 19:55:39 +0900

予備実験1(ドイツ編)

サポーターの皆さま

今回は、パイロットスタディ1回目の完了について報告をしたいと思います。10月末にかけて、オンライン調査を行いました。

これは、先月お話しした本実験の反復測定による効果がないことを確かめるものです。メラトニンの濃度は日内変動が大きいため、1時間ごとにメラトニンを採取し計測をする予定です。それ以外にも実験課題自体が1時間ごとに反復されて実施されます。今回はこの効果がないこ

Misa Kurihara Tue, 07 Nov 2023 05:46:03 +0900

研究計画(ドイツ編)

サポーターの皆さま

今回は、ドイツでの実験計画が定まってきたため、それについて報告したいと思います。
ドイツで行う実験は主に以下のようなものです。

光によって調整されたメラトニンが感情に影響しているか→特に、報酬や罰に対する感情がどのように光とメラトニンの作用によって変わるのかを明らかにします。

この実験では、午後4時に参加者の方に実験室に来てもらます。
実験は午後4時に始まり

Misa Kurihara Wed, 04 Oct 2023 04:33:38 +0900

ISPNEでのポスター発表

サポーターの皆さま

今回は、8月末からイギリスロンドンで行われたISPNE学会の報告をしたいと思います。
この学会は、主にホルモン、脳との相互作用、身体のプロセスと行動、およびそれらの臨床応用に関する知識を促進し、広めている学会です。

この学会で、私は今回ポスター発表をしてきました。内容は、名古屋で行ったメラトニンと感情制御に関する研究です。以前にも紹介しましたが、この研究では、メ

Misa Kurihara Tue, 05 Sep 2023 04:50:35 +0900

計算論モデリング(イギリスでのデータ)

サポーターの皆さま

前回は、ドイツで実施予定の新しい研究について紹介しました。
今回は、現在ドイツで実施中の計算論モデリングについて話したいと思います。
ドイツのマックスプランク研究所では、Peter Dayan先生という計算論モデリングでとても有名な先生のもとに留学をしています。

計算論モデルについては、過去にも触れたとは思いますが、もう一度簡単に説明します。計算論モデルとは、ある

Misa Kurihara Thu, 24 Aug 2023 22:51:24 +0900

マックスプランクでの研究始動!

サポーターの皆さま

今回は研究の進捗について報告をします。
マックスプランク研究所では新しい研究を行う予定にしています。その会議がこの7月に立て続けに行われました。

この新しい研究の内容は、メラトニンが感情に影響しているかどうかを明らかにするものです。ライトを使ってメラトニンを操作することで、メラトニンが高まった時と低くなった時で、報酬や罰に対する感情がどのように変わるのかを明らかにし

Misa Kurihara Fri, 28 Jul 2023 07:23:57 +0900
This project is a monthly fee-based crowdfunding. Payment will be made from the month of support to the end of every month.
About payment
Credit cards (VISA, Mastercard) are available
Securities
SSL encryption communication is used in this Web site, and the informations filled out are safely transmitted.
330 JPY (Monthly / tax included)
Activity report viewing right

8 supporters back

(No quantity limit)

Support

1,100 JPY (Monthly / tax included)
Activity report viewing right

2 supporters back

(No quantity limit)

Support

3,300 JPY (Monthly / tax included)
Activity report viewing right

2 supporters back

(No quantity limit)

Support

Featured projects
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.