学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

株式会社アルファドライブ

プロジェクト数
0
支援額合計
0 円
私たちは academist Grant(企業課題解決型) で研究者を応援しています

About

わたしたちは、人と企業の可能性を信じ、企業の内部からワクワクする未来をひらいていくイノベーションドライブカンパニーです。

社員一人ひとりの意思と向き合い、背中を押し、
ボトムアップで組織が活性化し、
イノベーションがどんどん生まれる。
そのための「仕組み」と「文化」を一緒につくる。

AlphaDriveのR&D Incubation Centerでは、R&D部門で数々の新規事業を立ち上げた実践知にもとづいて、「人材育成」「組織変革」「事業創出」 のノウハウを研究所に実装し、技術起点の事業開発が確実性高く、連続的に生まれる仕組みづくりをお手伝いします。

研究者・研究テーマ募集中

academist Grant

企業課題解決型

研究者・研究テーマ募集中

academist Grant

企業課題解決型

基礎研究で社会課題に挑む研究者募集!

AlphaDriveのR&D Incubation Centerは、全ての研究者がそれぞれの立場や存在を認め合い、「挑戦者」として好奇心とプライドを持って働くことができる社会、全ての研究が社会にインパクトを与える未来を目指しています。これまでも数々の新規事業を立ち上げた実践知にもとづいて、「人材育成」「組織変革」「事業創出」 のノウハウを研究所に実装し、技術起点の事業開発が確実性高く、連続的に生まれる仕組みづくりを支援してきました。

そのなかで、まだまだ社会にインパクトを与える可能性のある研究がたくさん存在することを知り、当社の支援の輪を広げていくことができると考えました。そこで今回、academist Grantにて広く研究者の皆さまから「世の中に溢れる様々な課題を解決する」研究テーマを募集いたします。

課題例としては、
・再生可能エネルギー、気候変動、経済格差と貧困、公衆衛生とパンデミックといった世界規模の課題
・日本における少子高齢化、自然災害への対策と復興といった日本特有の課題
・地方の伝統工芸や文化の継承、医療・介護サービスの不足といった地方の課題
など、課題の領域や規模感は問いません。

採択された場合、研究費総額500万円が採択人数に応じて分配(最大5名)されます。またR&D Incubation Center センター長によるメンタリングも実施いたします。メンタリングでは、事業化の観点から研究を社会課題解決に結びつけるアイデアについてディスカッションを行います。研究者の皆さんにとっては、研究を多角的に見る機会となります。奮ってご応募ください。

株式会社アルファドライブからのコメント

小さくてもいい、でも確実に困っている人がいる、そんな課題を解決するために日夜研究をされている研究者の皆さん。今は小さいかもしれないその研究が未来の社会を変えてしまうインパクトを秘めている。僕たちはそう考えています。そして、そんな皆さんを僕たちは応援したいと思っています。

研究分野は問いません。今、誰かが直面している困難、将来降りかかるかもしれない不幸、それらを解決できるような研究テーマを募集します。皆さんの熱い思いをお待ちしています!
---
なお、本助成プログラムに関するオンライン説明会を下記日程にて開催いたします。

第1回:2023年12月19日(火)12:00-12:30(終了しました)
第2回:2023年12月25日(月)18:00-18:30(終了しました)
第3回:2024年01月11日(木)12:00-12:30
お申込みはこちら

質疑応答の時間もございますので、奮ってご参加ください。また本プログラム全般に関するご質問等は academist Grant 運営事務局(info@academist.jp)までご連絡ください。

募集詳細

研究者募集期間
2023/11/28 〜 2024/01/19
募集対象者
大学・研究機関に所属する研究者、大学院生、大学生、独立系研究者
応募条件
社会課題の解決を見据えて基礎研究に従事していること
対象分野
全ての研究分野
採用件数
最大5名
助成金額
総額500万円
スケジュール
2023年11月28日(火):研究者募集開始
2024年01月19日(金):研究者募集〆切
2024年2月下旬:採択者発表
2024年3月下旬:研究費振込

よくあるご質問

Q1. 社会課題解決を目指した研究を進めているのですが、まだ基礎研究の段階でどれくらい時間がかかるか等のイメージが湧いていません。そのような状況でも応募をして良いでしょうか。
A1. 本プログラムは、まさにそのようなフェーズの研究に取り組む方々を対象としています。ぜひご応募をご検討ください。

Q2. 採択された場合に、利用用途の制約はありますか。
A2. 特にありません。助成金は大学・研究機関に寄付金としてお振込みいたしますので、その制約内で自由にご活用ください。寄付金以外のお振込みをご希望の場合(独立系研究者の方)には、個別にご相談ください。

Q3. 助成金を得た場合、起業しなくてはならないのでしょうか。
A3. 本プログラムの目的は、皆さんの研究アイデアを起業につなげることではなく、社会実装の可能性を広げることです。申請やメンタリングを通じて、皆さんの研究が社会実装された世界を構想していきましょう。

Q4. 募集対象者が「大学・研究機関に所属する研究者」となっていますが、国外の研究機関でも大丈夫でしょうか。
A4. 問題ありません。日本に留学されている方、海外に拠点のある方からもご応募もお待ちしています。

Q5. どのような方が審査をするのでしょうか。
A5. AlphaDriveのスタッフが審査を担当いたします。

企業情報

株式会社アルファドライブ

代表者 麻生 要一

https://alphadrive.co.jp/incubation-center/

Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.