VRを利用してパーキンソン病のリハビリ効果を向上する!

支援総額
173,280円
達成率
86%
サポーター
23
残り時間
27

プロジェクト内容 コメント 13 進捗報告

academistスタッフからの一言

臨床経験を生かして新たなリハビリの切り口を提案

理学療法士としてパーキンソン病患者さんの家族に接するなかで、仕事の傍ら研究活動を進めていくことを決めた山梨大学大学院・長坂和樹さん。長坂さんが取り組む研究テーマは、VRを用いてパーキンソン病のリハビリテーションを行うというものです。実現までに越えるべきハードルは多々あるものの、一つひとつ確実に乗り越えていきたいと、長坂さんは力強く語ります。若手研究者が挑む新たな試みに、ぜひご声援をお願いいたします。

担当者

担当者:柴藤亮介

パーキンソン病とは

パーキンソン病は進行性の神経変性疾患で、日本には約15万人の患者さんがいると考えられています。パーキンソン病の患者さんには、手の震え、筋肉が硬くなる、動きが無くなる、転びやすくなるといったような症状が認められ、なかでも転倒による骨折や疼痛のため歩行に恐怖を感じてしまうことで、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)が低下してしまうことが問題となっています。

私は、母がパーキンソン病を患ったことがきっかけでリハビリの道に進みました。家族の立場になって同じ境遇で悩んでいる方の支えになれればと考えたからです。現在、パーキンソン病は原因不明の進行難病ですが、継続的なリハビリテーションをすることで、進行を遅らせる効果があるといわれています。


臨床経験を生かしてパーキンソン病患者の交流サロンを設立

理学療法士としてリハビリの臨床経験を積むなかで、パーキンソン病患者の家族の不安や悩みは非常に大きいということを実感しました。そこで昨年、私はパーキンソン病患者の運動交流サロンとして「PDサロン」を立ち上げました。

パーキンソン病患者の転倒の原因は、小刻み歩行やすくみ足によるものです。したがってPDサロンでは、掛け声や床に引いた等間隔の線を手がかりに動作をすることで、症状の改善を図っていきます。しかし、患者さんにとって、無意識下でこれらの動作を行うことは非常に難しいといえます。


パーキンソン病のリハビリにVRを

パーキンソン病のリハビリには上記のもの以外にもいくつか方法が提唱されていますが、視覚からの情報を実際の動作に反映させながら行う方法は、多くありません。そこで私は、近年急速に進化を遂げているVR技術を利用することで、無意識の動作に対して臨場感や没入感といった視覚からのフィードバックを与えられるようなリハビリ手法を研究しています。

現在研究している手法は、理想的な動作を360°カメラを用いて動画として撮影し、これをVRの動画として患者さんに視聴してもらいながらリハビリを行うというものです。これにより、歩行率やパーキンソン病の症状がどう変化していくかを調べていきたいと考えています。研究では、PDサロンの参加者やリハビリ施設利用者に協力していただき、このVR技術を用いたリハビリテーション手法の有効性を検証していきます。


研究費サポートのお願い

実験では、4Kタイプの360°カメラと編集用パソコン、VR専用ゴーグルの外注費が必要になりますが、現在その費用が足りていない状況です。そこで、今回クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。

VR技術がパーキンソン病のリハビリの新たな切り口になるよう、継続的に研究を進めていきたいと考えています。また、VR編集技術を専門とする共同研究者も募集していますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。みなさんのご支援をお待ちしております。

挑戦者の自己紹介

はじめまして。長坂和樹(NAGASAKA Kazuki)と申します。リハビリテーションの価値観を大切にしながら、介護保険下での通所サービスを運営しております。臨床経験8年目の理学療法士です。神経難病分野を得意とし、特にパーキンソン病のリハビリテーションの研究活動を行っています。昨年、パーキンソン病の運動交流サロンを立ち上げ、2017年4月からは、山梨大学大学院神経内科講座にてパーキンソン病のリハビリテーションをテーマに研究を行っております。

academistJounalに掲載中のインタビュー

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2018年1月 クラウドファンディング挑戦
2018年04月 実験開始
2018年12月 学会発表@日本動物学会
2019年2月 論文執筆(〜2018年5月)

リターンの説明

1,000円(税抜)

注目のリターン:研究成果報告レポート(PDF版)

  1. 研究成果報告レポート(PDF版) 

みなさんからご支援いただいた研究資金の利用用途をレポートにまとめて、メールにて報告いたします。

現在、6人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

3,000円(税抜)

注目のリターン:オリジナルトートバック

  1. オリジナルトートバック 
  2. 研究成果報告レポート(PDF版) 

オリジナルトートバックを郵送いたします。2つの点は、私が働いている事業所と富士河口湖をイメージしています。2点を結ぶ線は「若彦路」で、ヤマトタケルの子供「若彦」が通ったとの言い伝えから、そう名付けられました。

現在、1人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:リハビリ体操(DVD)

  1. リハビリ体操(DVD) 
  2. オリジナルトートバック 
  3. 研究成果報告レポート(PDF版) 

パーキンソン病のリハビリテーションのひとつとして注目されている「LSVT BIG 療法」に関連するコンテンツを、高齢者用にアレンジした内容になっております。転倒に不安を感じる、飲み込みや発声に不安を感じるという患者さんやご家族のみなさんに、ぜひご覧いただきたいです。

現在、12人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

10,000円(税抜)

注目のリターン:研究体験会

  1. 研究体験会 
  2. リハビリ体操(DVD) 
  3. オリジナルトートバック 
  4. 研究成果報告レポート(PDF版) 

2018年4月21日(土)、5月19日(土)の午後に山梨県の「リハビリテーション若彦の郷」にて開催いたします。実際に患者さんが使用するゴーグルを装着いただき、私たちが開発を進めるVRを模擬的に体験していただきます。

現在、3人のサポーターが支援しています。

( 限定15個 )

30,000円(税抜)

注目のリターン:ディスカッション権

  1. ディスカッション権 
  2. 研究体験会 
  3. リハビリ体操(DVD) 
  4. オリジナルトートバック 
  5. 研究成果報告レポート(PDF版) 

私の進める研究内容や、今後のリハビリテーションについて、直接議論する機会を1時間設定させていただきます。日時は、研究体験会の前後を予定しておりますので、ぜひご支援をご検討ください!

現在、1人のサポーターが支援しています。

( 限定3個 )

サポーターからの応援メッセージ 13 件中 1-10 件を表示


本田恵美

本田恵美さん

是非いつか、子供たちの難病にも取り組んで欲
しいと願っております^^

2018-02-24 10:11:50

齋藤早苗

齋藤早苗さん

頑張れ、頑張れ、長坂!

2018-02-23 16:07:51

Tsuneyuki Morita

Tsuneyuki Moritaさん

ガンガンやっちゃってください(*´∀`*)

2018-02-16 11:26:15

有難うございます!作戦「ガンガン行こうぜ」で。

入倉惇

入倉惇さん

少ないですが、お役立てください!

2018-02-16 08:56:19

ご支援ありがとうございます!役立てられるよう、目標達成します。

宮田

宮田さん

応援しています!がんばってください。

2018-02-13 09:39:45

有難うございます!!頑張ります。

三井

三井さん

応援しています。がんばってください

2018-02-13 09:39:12

有難うございます!!頑張ります。

浅川

浅川さん

応援しています。がんばってください。

2018-02-13 09:36:35

有難うございます!!頑張ります。

Shotaro Nakajima

Shotaro Nakajimaさん

理学療法士としてのご経験を活かした研究成果を期待しておりま
す。お体に気を付けて頑張ってください。応援しています!

2018-02-07 22:27:25

Shotaro Nakajimaさん
メッセージありがとうございます!
Nakajimaさん、寒い日が続きます。ご自愛ください。

Sena Sayaka

Sena Sayakaさん

長坂くん、ご無沙汰しております!
ご活躍をFBで拝見しいつも感銘を受けております。

ご研究の助けになればと、本当に少額で申し訳ないのですが
支援させていただければと思います。

今後のご活躍も楽しみにしております!

2018-02-07 11:13:33

Sayakaさん。
ご支援有難うございます!!
勇気を頂きました。これからもパーキンソン病の方の支えになれるよう精進させて頂きます。

lemorin

lemorinさん

リハビリテーションの技術が進歩することを願い微力な
がら応援いたします。

2018-02-05 09:54:32

lemorinさん
ご支援有難うございます。
勇気を頂きました。

13 件中 1-10 件を表示
次へ






プロジェクトが成功した場合、研究の進捗を報告します。







このプロジェクトは、
2018年03月23日 19時00分までに目標金額 200,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
1,000円(税抜)
  1. 研究成果報告レポート(PDF版) 

6人が支援しています。
( 数量制限無し )

3,000円(税抜)
  1. オリジナルトートバック 
  2. 研究成果報告レポート(PDF版) 

1人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. リハビリ体操(DVD) 
  2. オリジナルトートバック 
  3. 研究成果報告レポート(PDF版) 

12人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. 研究体験会 
  2. リハビリ体操(DVD) 
  3. オリジナルトートバック 
  4. 研究成果報告レポート(PDF版) 

3人が支援しています。
( 限定15個 )

30,000円(税抜)
  1. ディスカッション権 
  2. 研究体験会 
  3. リハビリ体操(DVD) 
  4. オリジナルトートバック 
  5. 研究成果報告レポート(PDF版) 

1人が支援しています。
( 限定3個 )