北大博物館に100万分の1スケールの地球断面図を作りたい!

支援総額
1,445,680円
達成率
180%
サポーター
121
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 86 進捗報告 4

目標金額を達成しました!


皆さまのご支援により目標としていた金額に達することができました! 支援してくださった方、宣伝してくださった方、温かく見守ってくださった方、本当にありがとうございました。

展示パネルの新設に向けお力をいただけましたので、早速、展示パネルの制作を開始します。展示室のオープンは今年2017年8月4日(金)午前10時を予定しています。ですが、公開前特別入館券のリターンをお求めいただいた方のために展示パネルはもちろん、展示室自体も急ピッチで整備します。皆さまのご期待に添える出来栄えになるよう全力を尽くしますので楽しみになさってください。

1点お願いがございます。第2段の目標として設定していた「4.6mの地球史カレンダー」の設置にもお力添えいただけましたら幸いです。このパネルを「6.4mの地球断面図」と一緒に眺めることができれば、空間スケールの3次元と時間スケールの1次元が組み合わさり、地球を4次元的に観ることができるようになります。当プロジェクトの期限まで1ヶ月を切った状況で無理を申しますが、引き続きお力添えをいただけましたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

繰り返しになりますが、皆さまのお気持ちに心より御礼申し上げます。

academistスタッフからの一言

6.4mの巨大展示パネルで地球の大きさを体感

地球の半径はおよそ6400km。100万分の1スケールの地球断面図を作り、そのなかに富士山を描くとすると、その高さはわずか3.8mm、飛行機の巡航高度は1cm、大気圏の最高高度でも50cmにしかなりません。北大博物館・山本順司准教授は、こうした言葉では伝えにくい地球のスケール感を伝えるため、体感型の展示活動や教材開発を進められています。academist初の博物館プロジェクトに、ぜひご期待ください!

担当者

担当者:周藤瞳美

地球を感じる展示室を作りたい!

私たちの生活に地球内部は無関係な存在でしょうか? いいえ。たとえば、私たちが常に吸っているこの空気は地球内部から流れ出てきたもので、現在も火山噴火を通して大気成分は変わり続けています。また、地球の温暖な気候を支えているのは太陽だけではなく、地熱も重要なはたらきをし続けてきました。しかし、こういった地球内部の潜在的な影響力は私たちの生活環境や時間スケールのなかでは見落とされがちです。真に「持続発展可能な社会」を考えるためには、地球規模の空間・時間スケールで環境を見つめる機会が必要ではないでしょうか。

そこで私は、環境の時空間スケールを感じられる「地球展示室」を北海道大学総合博物館(北大博物館)に新設しようと思い立ちました。北大博物館は1999年に設立された若い博物館ですが、大学にある博物館としては日本で一番多くの来館者をお迎えしています。つまり、社会にとって一番身近な学術の場であるといえます。このような場所に、地球の見方がガラッと変わるような展示室を作ってみたいと考えています。


半径6.4m! 100万分の1スケールの地球断面図

地球の半径はおよそ6400kmです。この地球の大きさを体感できるよう、100万分の1スケール(半径6.4m)の地球断面図を作ります。この断面図のなかに富士山を描くとすると、その高さはわずか3.8mmにしかなりません。飛行機の巡航高度(10km)は1cm。大気圏の最高高度(500km)でも50cmにしかなりません。

近年、天気予報や火山噴火予知の精度が格段に向上し、天然の現象はある程度理解できてきたかのような錯覚に陥ることがあります。しかし、地球内部にはまだまだ多くの謎が存在し、地震や火山噴火などを通して地球表層の環境を常に変化させ続けています。それゆえ、数百年以上の時間スケールで私たちの未来を考えるには、地球内部のより精確な理解が重要になってきます。そこで有用になるのがこの断面図です。これを眺めれば、私たちの環境がどのくらいの大きさなのか、また、どのようなバランスの上に成り立っているのか、即座に感じることができると思います。


博物館の3つの使命とは

博物館には3つの使命があります。展示・収蔵・研究です。展示部分が特に目立ちますが、そのバックヤードでは、標本を用いたさまざまな研究が日夜展開されています。特に大学博物館では、大学内で得られた成果を受発信するとともに、次々と生まれ続ける膨大な成果物のなかから後世に託すべき資料を精選し、分類・保管する作業を続けています。


世界に開かれた博物館にしたい

私が担当している鉱物や岩石の標本だけでも当館には約40万個収蔵しており、世界中の研究者に対し、いつでも提供できるよう環境整備に努めています。この度の展示室新設においては、この膨大なコレクションのなかから、これまで展示されたことがない貴重な鉱物や岩石を一挙に公開したいと思います。


研究費サポートのお願い

私が所属する北大博物館は1929年に竣工した旧理学部1号館を利用しています。そのため、2014年から始まった耐震改修工事の余波を受け、これまで展示していた鉱物・岩石標本展示室が解体されてしまいました。大変大きな痛手ですが、私は、これを半世紀に一度のチャンスととらえ、空っぽになってしまった展示室を一から作り直そうと励んでいます。

現在は展示用の照明すらありませんが、展示室の整備に向け、40万点におよぶ膨大な収蔵鉱物や岩石のなかから展示に適した標本を選び出す作業をボランティアさんのお力添えを得て進めています。この鉱物や岩石を「6.4mの地球断面図」とともに展示できれば、それらの標本が持つ時代背景や生成環境をより的確に感じていただけると考えています。

クラウドファンディングでは、第1目標として「6.4mの地球断面図」の制作費80万円の支援をお願いすることにしました。さらに、第2目標として140万円を設定いたします。ご支援いただいた資金は、46億年におよぶ地球の歴史を4.6mのパネルとして表現した「4.6mの地球史年表」の制作費、設備費、鉱物の比重や地球の構造を体感するキットの開発費に当てたいと考えています。

私は国内外の多くの博物館を訪れてきましたが、このような巨大パネルを目にしたことはありません。私自身もぜひ見てみたいパネルです。この展示を皆さんと一緒に楽しめる日を早く迎えるため、展示室設置に向け全力を傾注しますので、ご支援をどうかよろしくお願いいたします。



挑戦者の自己紹介

北海道大学総合博物館にて地学を専門とする准教授として務めています。地球形成時に存在したはずの隕石成分が地球深部に残っているのではないかとその名残を探し続け、国内外の研究機関を渡り歩いてきました。しかし、東日本大震災を機に地球内部の潜在的な影響力を社会に伝える必要性を強く感じ、2012年から現職に移りました。言葉では伝えにくい地球のスケール感を理解していただくため、体感型の展示活動や教材開発を進めています。

academistJounalに掲載中のインタビュー

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2017年2月 クラウドファンディングに挑戦
2017年3月〜4月 展示パネルのデザイン作成、標本選定
2017年5月 展示図録の作成・展示解説の文案作成
2017年6月 展示パネルの設置作業
2017年8月4日 展示オープン

リターンの説明

1,000円(税抜)

注目のリターン:お礼の報告メール(画像付き!)

  1. お礼の報告メール 

展示室オープン初日のレポートをお届けします。また、あわせて展示予定の「6.4mの地球断面図」の画像もお送りいたします!

現在、5人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

3,000円(税抜)

注目のリターン:北大博物館オリジナル栞(非売品)

  1. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  2. お礼の報告メール 

北大博物館のオリジナル栞をお送りします。現在は非売品となっているため、ここでしか手に入りません!

現在、23人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:地球断面図Tシャツ

  1. 地球断面図Tシャツ 
  2. お礼の報告メール 

展示予定の「6.4mの地球断面図」をモチーフとしたオリジナルTシャツをお送りいたします。S、 M、 L、 LLよりサイズをお選びください。(※画像はイメージです)

現在、48人のサポーターが支援しています。

( 限定50個 )

10,000円(税抜)

注目のリターン:公開前特別入館券とサイエンスカフェの参加券

  1. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  2. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  3. お礼の報告メール 

公開前の展示室に特別にご招待いたします。博物館の解説ツアーも企画いたしますので、ぜひお越しください。また、都内ではサイエンスカフェを開催する予定です。ご都合によりどちらも参加できない方々には、サイエンスカフェの講演資料をメールでお送りいたします。

現在、28人のサポーターが支援しています。

( 限定30個 )

30,000円(税抜)

注目のリターン:お名前を記したプレートを展示室に設置

  1. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  2. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  3. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. お礼の報告メール 

お名前を記載したプレートを展示室に設置いたします。また、北大博物館エントランスとホームページの芳名録にもお名前を掲載いたします。

現在、14人のサポーターが支援しています。

( 限定15個 )

100,000円(税抜)

注目のリターン:「ご協賛の木」にお名前掲載

  1. 「ご協賛の木」にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  5. 地球断面図Tシャツ 
  6. お礼の報告メール 

支援していただいた方の氏名を、北大博物館玄関の「ご協賛の木」に掲載いたします。また、北大博物館エントランスとホームページの芳名録にもお名前を掲載いたします。

現在、3人のサポーターが支援しています。

( 限定5個 )

300,000円(税抜)

注目のリターン:「ご協賛の木」真ちゅう製プレート(小)にお名前掲載

  1. 「ご協賛の木」プレート(小)にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  6. お礼の報告メール 

支援していただいた方の氏名を、北大博物館玄関の「ご協賛の木」真ちゅう製プレート(小)に掲載いたします。また、北大博物館エントランスとホームページの芳名録にもお名前を掲載いたします。

現在、0人のサポーターが支援しています。

( 限定3個 )

500,000円(税抜)

注目のリターン:「ご協賛の木」真ちゅう製プレート(中)にお名前掲載

  1. 「ご協賛の木」プレート(中)にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  6. お礼の報告メール 

支援していただいた方の氏名を、北大博物館玄関の「ご協賛の木」真ちゅう製プレート(中)に掲載いたします。また、北大博物館エントランスとホームページの芳名録にもお名前を掲載いたします。 なお、100万円以上ご支援いただいた方は、さらに大きなプレートにお名前を記載させていただきます。ご希望の方は info[at]academist.jp までご連絡ください。

現在、0人のサポーターが支援しています。

( 限定3個 )

サポーターからの応援メッセージ 86 件中 1-10 件を表示


t_shinya_

t_shinya_さん

北大祭の時に札幌に行く予定です。
新しい展示が楽しみです。

2017-04-21 18:45:52

ご支援をありがとうございます.札幌にお越しの折には是非弊館にもお立ち寄りください.学祭の頃はまだ地球展示室の整備は終わっていませんが,「地質の日」企画展示を実施しているはずです(4/28-6/18).今週から来週にかけてその展示整備をどんどん進め,ほんの一部ですが地球展示室で展示する予定の標本も紹介する予定でいます.地球展示室の一端をお感じいただければ幸いです.

nananotaka

nananotakaさん

駆け込みにて恐縮です。

2017-04-21 17:23:59

おかげさまで第二目標に到達することができました.両方の展示パネルをきっちり作り上げたいと思います.最後まで応援いただきありがとうございました.

Dai

Daiさん

いつか見に行くのを楽しみにしています
そして いずれ自分も北大で学びたいで
す! 中2男子

2017-04-20 23:01:33

Daiさん,応援していただきありがとうございます!北海道大学の学習環境はとても心地よいと思いますが,どの学部がお好みか是非探ってもらいたいです.昨年7月の大規模リニューアルにて,中高生の皆さんに大学を知ってもらうため「北大の学び舎」という展示エリアを新設しました.北海道大学の12の学部すべての展示室を一つずつ作っています.このような試みは他の大学博物館にはまだないと思いますので,他の大学をめざす場合でも参考になる情報がたっぷりあると思います.機会がありましたら是非ご来館ください.もちろんこの度の展示室にもお立ち寄りいただきたいです.

tktk

tktkさん

在学中は大変お世話になりました。
微力ながら支援させていただきます。
ラボに新しい学生が入ったようで、いつか伺えたらと思っ
ています。

2017-04-20 19:45:53

tktkさん,ありがとう.ラボを卒業した学生さんに応援してもらえるのは本当にうれしいです.会社に入ったばかりで大変な時期だと思います.ともに頑張りましょう!

t-sasaki

t-sasakiさん

今更白々しいですが、達成おめでとうございます。

こんなにも色々な方々にご協力いただけるのを拝見し感動いたしました。

Tシャツ欲しさの応援ではありますが
展示のお手伝いの方は120%でがんばります。

完成が楽しみです!

2017-04-20 19:38:22

t-sasakiさん,いつも展示作りにご一緒いただきありがとうございます.また一緒に地球断面図の制作に勤しめそうで大変うれしいです.どうぞよろしくお願いいたします!

MJ

MJさん

札幌地元民です!
設置されたら、博物館に見に行きますね!!
達成されますように・・・。

2017-04-20 02:07:37

MJさん,ご支援をありがとうございます.地元の皆さまからも愛される博物館でいられることを常に考えています.散歩がてらにお越しいただけるような雰囲気をきちんと残すよう努めますので,これからもどんどん来館いただきたいです.今回の展示室は3階アインシュタインドームの目の前にありますので気分転換にもってこいです.

fuguchan

fuguchanさん

心より応援しています!
展示、楽しみにしております。WADA

2017-04-19 23:00:05

WADAさん,応援をありがとうございます!展示作りにますます邁進します.

HIROSHI KATSUMATA

HIROSHI KATSUMATAさん

博物館開館の頃、苦労話を講義でうかがっていました。
新たな展示も大変であるかと思いますが、良いものとな
ると思っております。完成楽しみにしております。

2017-04-17 12:28:41

おっしゃるとおり展示作りは苦労の連続ですが,苦労すればするほど良いものになっていきますので大変やりがいを感じております.展示室オープンの直前まで苦労を続けますので,是非ともその成果をお楽しみいただきたいと願っております.この度はご支援をありがとうございます.

寺澤 睦

寺澤 睦さん

応援しています。

2017-04-17 08:00:28

寺澤様,いつも応援いただき誠にありがとうございます.当館の目玉の一つになるような展示室に仕上げたいと思います.是非ご期待ください.

tsukikapipi

tsukikapipiさん

応援しています。完成したらぜひ見に行きたい
です。

2017-04-12 07:09:56

応援いただきありがとうございます!あと3ヶ月ちょっとで展示室をオープンさせますので,是非ともご来館いただきたいです.毎日夜遅くまで展示物作成に励んでいますので,どうぞご期待ください.

86 件中 1-10 件を表示
次へ

2017-07-23 20:25:35

本日(7月23日),内覧会をおえました.ご参加いただいた皆様,応援してくださった皆様,本当にありがとうございます.どれほどご満足いただけたかわかりませんが,ご支援いただいた方々に直接お会いし,お礼を伝えることができたことがとても嬉しかったです.
正式なオープンまでまだ12日間残っていますので,それまでにより充実した展示室になるよう努めます.オープンしましたら是非お立ち寄りください.

2017-04-21 23:59:45

本日(4月21日),第二目標に達することができました!「地球断面図」だけでなく「地球史カレンダー」まで作らせていただけることになり大変ありがたいです.皆様からいただいたご支援は決して無駄にいたしません.細部まで精緻に検討しつくした2つのパネルをきっちりと設置いたします.ご期待に添えるよう展示室全体の整備にも邁進いたします.この度は誠にありがとうございました.

2017-04-09 17:57:22

展示室の整備状況を報告します(2017年4月8日).おかげさまで大型展示パネル(地球断面図)を導入できることになりましたので,それに備えて展示ケースの再配置作業に乗り出しました.数mmの誤差ですべての展示ケースの再配置を終えました.
もう一つの大型展示パネル(地球史年表)の導入はまだ不透明ですので,まずは地球の空間スケールに関する岩石標本や鉱物標本のディスプレイを進めています.

2017-02-18 12:52:28

展示室の現状をお知らせします(2月11日).1年4ヶ月もの長期間,建物の耐震改修工事にさらされていましたので展示ケースには手ごわい汚れが付着していました.展示物を収める前にまずはその汚れを完全に取り除く作業を続けています.車いすを利用される方やお子さんにも見やすくなるよう展示ケース側面の汚れも頑張って落とします.ガラスを拭くのはもう3度目.随分きれいになってきました.

このプロジェクトは、
2017年04月21日 19時00分までに目標金額 800,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
1,000円(税抜)
  1. お礼の報告メール 

5人が支援しています。
( 数量制限無し )

3,000円(税抜)
  1. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  2. お礼の報告メール 

23人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. 地球断面図Tシャツ 
  2. お礼の報告メール 

48人が支援しています。
( 限定50個 )

10,000円(税抜)
  1. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  2. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  3. お礼の報告メール 

28人が支援しています。
( 限定30個 )

30,000円(税抜)
  1. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  2. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  3. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. お礼の報告メール 

14人が支援しています。
( 限定15個 )

100,000円(税抜)
  1. 「ご協賛の木」にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  5. 地球断面図Tシャツ 
  6. お礼の報告メール 

3人が支援しています。
( 限定5個 )

300,000円(税抜)
  1. 「ご協賛の木」プレート(小)にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  6. お礼の報告メール 

0人が支援しています。
( 限定3個 )

500,000円(税抜)
  1. 「ご協賛の木」プレート(中)にお名前掲載 
  2. お名前を記したプレートを展示室に設置 
  3. 特別券とサイエンスカフェの参加券 
  4. 地球断面図Tシャツ 
  5. 北大博物館オリジナル栞(非売品) 
  6. お礼の報告メール 

0人が支援しています。
( 限定3個 )