細胞カウンターのコストダウンと高速化を実現したい!

  • 挑戦者:談莫東
  • 所 属:東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻
  • 役 職:博士後期課程

支援総額
142,000円
達成率
40%
サポーター
3
残り時間
62

プロジェクト内容 コメント 1 進捗報告

academistスタッフからの一言

生命科学分野の生産性向上を目指して

学部時代に画像処理技術の研究を進めていた談さんは、修士課程以降に生命科学分野の研究に携わるようになり、「細胞カウンターの処理速度が遅いのではないだろうか?」という疑問を抱きました。そこで談さんは、独自に細胞カウンターの製作を行い、高速化と大幅なコストダウンに成功しました。今回のクラウドファンディングでは、独自の装置を普及させることで、より多くの生命科学研究の研究効率をあげていくことを目指します。

担当者

担当者:柴藤亮介

浮遊細胞を数えるには時間がかかる

私たちの身体を構成する細胞は、細胞同士が付着している接着細胞と、血液細胞のような浮遊細胞の2通りに分類できます。浮遊細胞を取り扱う研究者は、細胞サンプルの密度・死細胞率を日々計測することで、培養密度の調整、細胞の状態を把握します。

具体的には、細胞サンプルを分取してトリパンブルー溶液で染色した後、血球計算板に細胞サンプルを加えて数取器(=鳥を数えるときなどに使うカウンター)を用いて顕微鏡下で数え、手動で細胞数と死細胞率を測定します。私も普段から細胞計数をしているのですが、この作業に要する時間は、細胞の計数に1サンプルあたり15秒から30秒程度かかります。


装置のコストダウンと高速化を目指して

近年では、自動細胞計数装置が開発・販売されるようになり、1サンプル10秒程度で計数することができるようになりました。しかし、既存の装置の価格は、安いものでも45万円、細胞が生きているか/死んでいるかを判定する機種の場合、45から90万円程度と非常に高価です。また、1サンプルの自動細胞計数の画像処理時間が10秒というのは、現在のシングルボードコンピューターの演算性能を考慮すると、やや処理速度が遅いのではないかと感じます。

そこで私は、従来の45万円という自動細胞計数装置よりも、極めて安価でなおかつ細胞計数にかかる画像処理時間を短縮した自動細胞計数装置を試作し、量産・普及させることで、実験者にかかる負担を低減したい!と考えるようになりました。試作を重ねた結果、装置の処理速度の高速化に加えて、安価なUSB顕微鏡とLEDを用いることで、大幅なコストダウンに成功しました。画像処理プログラムも、生細胞のみの場合平均誤認識率10%で処理速度は1秒以内と、従来品よりも高速で行えるものが完成しました。


研究費サポートのお願い

もし、安価で高速な細胞計数装置が普及するようになれば、多サンプルの細胞計数を気楽に行うことができるようになり、研究の生産性が高まるのではないかと考えています。

これまで、DMM.make AKIBAのScholarshipに採択されて試作に用いる機材等を支援していただいたおかげで、無事にプロトタイプの完成にいたりました。今回のチャレンジでは、実際に研究者のみなさまにご利用いただくことで、実際の研究が加速ができるように貢献したいと考えております。そして装置に対するフィードバックをいただくことで、さらに良い装置を作っていきます。ご興味のある方は、ぜひご支援をご検討ください。



挑戦者の自己紹介

はじめまして、談莫東(たん・もうとう)と申します。日本生まれ日本育ちの中国人です。卒業研究ではマウス受精卵でのカルシウムオシレーションをシミュレーションする研究を、修士課程では受容体の局在解析を画像解析し、シミュレーションで特性を明らかにするという研究(実験&シミュレーション)を進めてきました。バイオ系にいるPCが大好きな人間で、現在はGタンパク質共役型受容体に関する研究を行っています。

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2017年2月 クラウドファンディング開始
  1. クラウドファンディングに挑戦します。細胞カウンターを使う研究に従事されている皆さま、ぜひご支援のご検討をよろしくお願いいたします。
2017年6月 装置の最終調整完了
  1. 70,000円のご支援をいただいた方々に発送する細胞計測装置の調整を完了いたします。
2017年8月 装置の発送完了
  1. 装置の発送を行います。実際の研究でご利用いただいたうえで、忌憚のないフィードバックをいただけるとありがたいです。
2017年9月 装置のブラッシュアップ
  1. タッチパネルとシングルボードコンピュータの実装を行います。また、装置購入者の方々からいただいたフィードバックを活かして、より良い装置の作成を行います。

リターンの説明

1,000円(税抜)

注目のリターン:お礼のメッセージ(電子版)

  1. お礼のメッセージ(電子版) 

お礼のメッセージをメールにてお送りいたします。

現在、1人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:ナイロン製キーホルダー

  1. ナイロン製キーホルダー 
  2. お礼のメッセージ(電子版) 

お好きな文字(最大6文字)を刻んだナイロン製のキーホルダーをお送りします。

現在、0人のサポーターが支援しています。

( 限定30個 )

70,000円(税抜)

注目のリターン:オリジナル細胞カウンター(組み立て済み)

  1. オリジナル細胞カウンター(組み立て済み) 
  2. お礼のメッセージ(電子版) 

私が製作した細胞計数装置をお送りします。既存の商品とは異なり、格安でスピーディであることが特徴です生命科学研究を加速させるために、ぜひさまざまな方々にご利用いただきたいと考えております!(装置に関するお問い合わせは、infoアットacademist-cf.com までご連絡ください。)

現在、2人のサポーターが支援しています。

( 限定5個 )

サポーターからの応援メッセージ


sosci

sosciさん

私も一介の研究者をしています。
3DプリンターにOpenCVなどのオープンソース、無料や低
価格で個人が扱えるものを駆使して装置を自作するメイ
カー精神を見習いたいと思いました。
活動を応援しています。

2017-02-10 13:17:38

 この度のご支援、誠にありがとうございます。
 今後とも、習得した技術を活用した今回のプロジェクトを通して、少しでも社会に貢献していければと考えています。
 ありがとうございました。







プロジェクトが成功した場合、研究の進捗を報告します。







このプロジェクトは、
2017年04月30日 19時00分までに目標金額 350,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご相談ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
1,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ(電子版) 

1人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. ナイロン製キーホルダー 
  2. お礼のメッセージ(電子版) 

0人が支援しています。
( 限定30個 )

70,000円(税抜)
  1. オリジナル細胞カウンター(組み立て済み) 
  2. お礼のメッセージ(電子版) 

2人が支援しています。
( 限定5個 )