統合失調症の鍵を握るタンパク質の構造に迫る!

支援総額
426,600円
達成率
121%
サポーター
52
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 34 進捗報告

目標金額を達成しました!


ご支援とご応援、大変ありがとうございました。おかげさまで、無事目標金額を達成致しました。正直、成功する自信はほとんどありませんでしたし、これほど多くの方々にご支援、ご応援いただけるとは思いも寄りませんでした。

支援者の方、応援してくれた方、一人一人の想いが伝わってきました。たとえ1円でさえ、1つのツイートでさえ、ご支援やご応援をいただくということには、大きな意味があると感じました。そうしたことを考えながら、今後の研究に取り組んでいこうと思います。

次の研究課題では統合失調症の創薬研究のために、実験をして特殊な機器を利用したいと考えております。しかし、今、その機器の調子が悪くて、メインテナンスのために25万円ぐらいの費用が必要です。今回、早期に目標金額を達成出来たので、難しいとは思いますが、残りの期間は、セカンドゴールとして、60万円の支援総額を目指します。どうぞよろしくお願い致します。

academistスタッフからの一言

タンパク質「G72」の構造解明を目指した理論研究

徳島大学の加藤准教授は、統合失調症の原因を明らかにするために、タンパク質「G72」の構造を理論的に予測する研究を進めています。今回、独自に開発した計算手法から得られた研究成果を論文発表するべく、クラウドファンディングに挑みます。研究内容はもちろん計算から得られた結果を3Dプリンターで再現したリターン「G72オリジナル模型」にもご注目ください!

担当者

担当者:柴藤亮介

鬱は「気の持ちよう」でどうにかなる?

タンパク質というと、筋肉モリモリになりたい人たちが、筋トレの際によく飲んでいるプロテイン、というイメージもあるかも知れません。私たちの身体の中には、何万種類ものタンパク質があり、それぞれ与えられた役割があります。そのうちの1種類でも欠乏したり異常になってしまったりすると、重い病気になることもあります。そして、タンパク質にはそれぞれに立体的な形があり、それらの形がタンパク質の働きを決めています。

一方、精神疾患と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?そうした病気は心理的なものなので、一昔前は「気の持ちようでどうにかなる」とお考えの人も多かったと思います。しかし、「気の持ちよう」だけでどうにかなる問題ではないことが、近年の研究で分かってきました。実は精神疾患でも、タンパク質の異常が重要な要因になっているのです。


タンパク質の異常が精神疾患に

たとえば、統合失調症の発症には神経伝達に関わるさまざまなタンパク質の異常が重要な役割を果たしています。私たちは、そうしたタンパク質の働きを詳細に知るために、まずはそれらの構造を明らかにしたいと考えています。

統合失調症の薬は既に多種あるのですが、それらのほとんどは幻覚や被害妄想などのいわゆる「陽性症状」に対する薬です。統合失調症では重大な認知機能障害も引き起こされるのですが、そうした症状に対しては未だに十分な治療法が確立しておらず、社会復帰が困難な患者さんが多数いらっしゃいます。原因タンパク質の構造を知ることで、そうした症状に対する治療法の開発に役立てることが出来ます。


計算科学でG72の構造に迫る!

近年、統合失調症の発症には「G72」と呼ばれるタンパク質が深く関係することが明らかになりました。しかしこのタンパク質の働きは、まだ十分に明らかになっていません。その理由のひとつは、G72が水に溶けにくいため、結晶化させて立体構造を調べることが難しいからです。

そこで私たちは、コンピュータを使った計算で、G72の立体構造を予測することは出来ないだろうかと考えました。計算科学的な手法で未知のタンパク質構造を予測する方法論は、まだ確立していないため、今回の研究では、はじめに構造予測手法の開発に取り組みました。

この手法では、まず専用のプログラムを使い、構造予測をしたいタンパク質の構造の候補を35000個ほど作成します。そして、数ある候補の構造の中から、そのタンパク質を構成する化合物の性質等を考慮に入れながら、エネルギー的に安定な構造を探し出す方法を構築しました。計算手法の正しさを確かめるために、過去に実験的に得られた立体構造と比較したところ、この方法論が正しい立体構造を予測出来ることが分かってきました。


研究成果を論文発表したい!

そして2016年2月に、最終的な目標であるG72の構造予測に成功しました。現在私たちは、これまでの成果を早急にまとめ、学会発表、さらに論文化して世に出したいと考えています。G72は統合失調症に関わる重要な因子であるために、一刻も早く私たちの成果を発表することが大切です。


研究費サポートのお願い

研究成果を発表するには、論文の掲載費用や学会発表費用、それに伴う校閲費用等が必要です。しかし今年は予算が不足しているため、そのための費用を工面するために、クラウドファンディングで幅広いご支援をお願いしたいと考えました。

ご支援いただいた方々には、G72の構造がプリントされたマグカップや最新鋭のカラー3DプリンターによるG72の立体構造模型、タンパク質の魅力を伝えるサイエンスカフェなどのお礼を用意しておりますので、ぜひご支援のご協力をお願いいたします。



挑戦者の自己紹介

徳島大学の加藤有介 (Kato Yusuke) です。タンパク質の構成要素は基本的に20種類のアミノ酸だけですが、その種類と働きには無限の広がりがあります。タンパク質の働きが、ほんのちょっと変わってしまうだけで、元気になったり、病気になったり、寿命が変わったり、性格まで変わったりなど、本当に様々なことが起こってしまいます。まさに生命の不思議さだと思っています。そんなタンパク質の不思議さに魅せられて研究を始めました。現在では、タンパク質の性質を解析したり利用したりして、私たちの健康の役に立つ研究が出来ないものかと考えながら、日夜研究活動に没頭しています。

academistJounalに掲載中のインタビュー

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2016年5月 クラウドファンディング挑戦
2016年7月 論文執筆開始
2016年9月 学会発表, 論文投稿
  1. 日本生化学会@仙台(9月)など、複数の国内学会で発表予定です。

リターンの説明

1,000円(税抜)

注目のリターン:G72の壁紙

  1. G72の壁紙 
  2. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

G72タンパク質構造モデルのオリジナルイラストの壁紙と、直筆サイン付きのお礼のメッセージを電子メールでお送りします!

現在、7人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

3,000円(税抜)

注目のリターン:学会講演資料(電子版)

  1. 学会講演資料(電子版) 
  2. G72の壁紙 
  3. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

2016年9月の日本生化学会(予定)の講演資料を電子メールでお送りします。

現在、12人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:G72マグカップ

  1. G72マグカップ 
  2. 学会講演資料(電子版) 
  3. G72の壁紙 
  4. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

G72タンパク質構造モデルのオリジナルイラスト付のマグカップをお送りします。

現在、19人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

10,000円(税抜)

注目のリターン:サイエンスカフェ参加権

  1. サイエンスカフェ参加権 
  2. G72マグカップ 
  3. 学会講演資料(電子版) 
  4. G72の壁紙 
  5. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

タンパク質の魅力について語るサイエンスカフェを2016年8月上旬に徳島大学で開催します!日程が合わずに参加できない方には、当日の資料を電子メールでお送りします。

現在、10人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

30,000円(税抜)

注目のリターン:G72オリジナル模型

  1. G72オリジナル模型 
  2. 学会講演資料(電子版) 
  3. G72の壁紙 
  4. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

G72のオリジナル模型をお届けいたします。私たちが計算で予測した結果を、赤沢製作所の独自技術と最新鋭の3Dプリンターにより約2000万倍の拡大倍率で細部まで再現したカラー石膏モデルです。数に限りがありますので、ぜひお早目にご予約ください!

現在、2人のサポーターが支援しています。

( 限定5個 )

50,000円(税抜)

注目のリターン:リターン全部セット(論文謝辞付き)

  1. 論文謝辞にお名前掲載 
  2. G72オリジナル模型 
  3. サイエンスカフェ参加権 
  4. G72マグカップ 
  5. 学会講演資料(電子版) 
  6. G72の壁紙 
  7. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

論文の謝辞(acknowledgments)に支援者の方の氏名を掲載いたします。さらに本研究を論文にまとめた際の論文原稿とデータをお送りします。日本語の要約文と直筆サインを添えてお送りします。

現在、2人のサポーターが支援しています。

( 限定2個 )

サポーターからの応援メッセージ


Kiyoshi FUKUI

Kiyoshi FUKUIさん

ささやかですが、50人目として参加させていただきます。

2016-06-29 11:24:08

いつも大変お世話になっております。ご支援いただきまして、大変ありがとうございます。しっかりと成果を残すことができるように、大切に利用させていただきたいと存じます。

モモジジ

モモジジさん

私は三児を抱えながら、大企業に20年勤続しま
したが、この三年間は躁鬱で苦しみました。夫
の理解も得られにくかったです。心身の限界を
感じ、思いきって退職し、今は動物に関わる全
く別のフィールドに飛び込み、遣り甲斐を感じ
てます。久しぶりの安定感が戻ってきました。
自身の経験から、いわゆる精神疾患は、弱さや
怠けからではなく、過労につぐ過労から、神経
伝達がショートしてしまい、うまく作動してな
いような感じがしました。
研究のご成功を心から願っています‼

2016-06-12 00:04:42

ご支援いただきまして、大変ありがとうございました。病気に苦しみながら、育児をして、仕事を20年間も続けられたことの大変さは、想像に絶します。私も家族で動物を飼っていまして、いつも癒されております。やり甲斐を感じるお仕事に出会うことが出来て、本当に良かったですね。精神疾患と疲労の関係は、とても大きいのではないかと思います。無理をしてはいけないと言われても、そうせざるを得ない方もたくさんいらっしゃると思うので、そこが治療の上でもとても難しいことではないかと思います。ご期待に沿えるよう、全力で取り組みます。どうもありがとうございました!

tomochee

tomocheeさん

応援しております。頑張ってください。

2016-06-11 23:03:13

ご支援いただきまして、大変ありがとうございます。精一杯頑張ります。よろしくお願い致します。

みどりこ

みどりこさん

私は統合失調症で、緩解してますが薬を一生飲
み続けなければなりません。
根本から病気を治して、以前のように元気に生
活がしたいです。
研究頑張ってください。応援してます!

2016-06-11 18:26:18

ご支援大変ありがとうございます。病状が安定していても、お薬を飲み続けなければならないことはご負担でしょうし、いろいろと心配されることもあろうかと推察致します。単に病状が安定している、というだけでなく、元通りに戻ることが理想で、そのために新しい治療法が必要だと思います。研究を全力で尽くします。応援どうぞよろしくお願いいたします。

takahasihideji

takahasihidejiさん

応援しています。頑張ってください!

2016-06-11 13:01:24

ご支援と応援、大変ありがとうございます。精一杯頑張りたいと思います。

kame_0109

kame_0109さん

原因を究明することを期待しています。よろしくお願いします。

2016-06-11 01:14:58

ご支援、大変ありがとうございます。原因究明に向けて、研究を進めたいと思います。こちらこそよろしくお願いいたします。

RUMI

RUMIさん

私は病気と認定されたことがつらく、一刻も早く
抜け出したいです。お金にはかえられません。
先生、がんばってください!

2016-06-10 12:50:40

ご支援、大変ありがとうございます。非常につらいとのことで、お気持ちが痛いほど伝わってきます。精一杯、頑張らせていただきます。

tirigami

tirigamiさん

私の息子は、大学でアルツハイマーに関する研究などをしており
ましたが、いまは研究職を諦めて就職しています。研究費をいただ
けるチャンスがあったら続けていたかもしれません。
 私の友人で難病を患っている方がいます。毎日大量の薬を飲み、
手術も受けたり、大変な苦労をして生活されています。この病気も原因
原因がわかりません。素人目には、脳の中のほんのちょっとの何か
が不具合なだけだと思うのですが、早く原因がわかり、有効な薬が開発
開発されるのを願うばかりです。
 研究をされている方は、毎日毎日本当にコツコツと地道な作業で大変
大変だと思いますが、どうか患者さんたちのためにあきらめずに
頑張っていただきたいです。

2016-06-10 10:33:38

 ご支援いただきまして、大変ありがとうございます。たしかに研究者の世界は競争がとても激しいです。研究費、研究成果、ポスト、この世界は何でも競争です。そして競争に勝つ人は少数です。私も以前の職場で、研究活動をする時間がほとんど無かった時期が長い期間あり、自分の将来を諦めかけていました。今も研究費不足という問題がありますが、当時よりは全然恵まれていると思います。お陰さまでクラウドファンディングの企画も成功し、あとは自分が論文をうまくまとめられるかどうか、というところまで来ました。
 ご友人の方が病気で大変なご苦労をされているとのことで、少しでもご病状がよくなられることを祈るばかりです。世界中の研究者や医師が日々さまざまな努力を続けており、非常にゆっくりとした速度だとは思いますが、それが成果に結びつき少しずつ世の中はよくなって行っています。私も、そうした成果に結びつけるように、日々努力を続けていきたいと思います。どうもありがとうございました。

Atsushi Hashimoto

Atsushi Hashimotoさん

1972年生まれの統合失調症当事者です。治療薬を期待
しています。頑張って!

2016-06-10 08:46:15

ご支援大変ありがとうございました。治療薬に結びつくように、全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします!

セリカ

セリカさん

統合失調症の解明が進み一人でも多くの人が救わ
れる事を祈っています。

2016-06-09 19:18:40

ご支援、大変ありがとうございました。統合失調症の解明、そして、1人でも多くの人が救われるように、全力で取り組みます。よろしくお願いいたします!

Naka

Nakaさん

ご研究の成果が世に出ることで現象の理
解や対策が進むことと、関連分野にもこ
のアプローチが応用されることを祈念い
たします。

2016-06-09 15:55:34

ご支援大変ありがとうございます!この研究の幅広い意義をご理解いただきまして、大変嬉しいです。おっしゃるとおり我々の手法は、さまざまな病理の解明に応用されることも期待できます。成果が世にでるように、全力を尽くします!

Yoko  Kamitani

Yoko Kamitaniさん

研究を続けていられることをうらやましく思います。
がんばってね!

2016-06-08 23:41:50

ご支援どうもありがとうございました。この歳まで曲がりなりにも研究活動を続けられるのは、とても幸運なことだと思います。だから、なんとか成果を残したいですし、成果が出たら、報告します。よろしくお願いします!

fullmoon-ac-02

fullmoon-ac-02さん

昨日DMで問い合わせをいたしましたが、がんばってくださ
い。バイオ系の成果は「フリー公開」が強く求められてき
ていますが、それには数十万は必要で、R研やiPS関係の拠
点に代表される「恵まれ過ぎたところ」だけが正のサイク
ルを享受するという異常な状況になっているように見えま
す。クラファンでの資金調達は、1つのソリューションだ
と思います。

2016-06-04 10:22:28

fullmoon-ac-02様、
ご支援大変ありがとうございました。おかげさまで、75%達成になりました。
また、昨日はお問い合わせ、どうもありがとうございました。実験生物学分野の組織に属しているので、周囲の研究者の方々に自分のやっていることを理解していただく際に、苦労することもあるので、fullmoon-ac-02様にご理解いただけたことは、とても励みになりました。
オープンアクセス化の流れは、我々のような貧乏研究者には、非常に頭の痛い問題です。今後はpublicationに、クラウドファンディングが活用出来ると、とてもありがたいと思います。

becachan

becachanさん

研究が進んで大勢の人を救って欲しい!
このファンディングが成功への第一歩になりますように。

2016-06-02 22:58:37

ご支援大変ありがとうございます。メッセージをいただきまして、ますます研究を加速しなければならない、と思いました。多くの人を救えるように、出来る限りのことはしていきたいと思います。

shogo

shogoさん

統合失調症を患っています。統合失調症
の究明に向けて応援しています。

2016-06-01 23:53:20

ご支援大変ありがとうございました!また、いつも私の活動を見守っていただいて、大変ありがとうございます。一人でも多くの患者さんたちの治療に役立てるように、原因の究明に向けて精一杯、研究を進めて参りたいと存じます。今後ともよろしくお願い致します!

st

stさん

結果を発表し共有することも大切なことですね。新たな土台の上に
新しい治療方法が築かれるよう願っています。

2016-05-31 09:20:19

ご支援大変ありがとうございました。我々研究者は、研究成果を公表することが重要な仕事の1つです。st様のおっしゃるように、成果を独り占めにせず、世界に発信して誰でも閲覧出来るような形で公表することが、次の新しい研究の発展を促す上で非常に重要です。そうした点にご理解いただきまして、大変ありがとうございます。また、新しい治療法の開発に向けて進んで行きたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

OkamotoMental

OkamotoMentalさん

患者さんたちと一緒に、統合失調症との付き合い方の学習会
をしています。でも本当は、病気の原因と治療法が見つかっ
てこの仕事が不要になる日を待っています。その日が来たら
何をして暮らそうか楽しみです。頑張ってください。

2016-05-30 09:33:15

ご支援、ご助言等大変ありがとうございました。患者さんたちも先生方も試行錯誤を繰り返す中で、病気との付き合い方にご苦労されている様子が、目に浮かびます。目の前にいらっしゃる患者さんたちに対して、私に出来ることは非常に限られていると思いますが、未来に向けて新しい治療法の開発に取り組むことは出来ます。患者さんがいなくなる日を目指して、私も頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

宮川 拓也

宮川 拓也さん

成果の公表に向けて頑張ってください。
これからもよろしくお願いいたします。

2016-05-30 08:22:01

お忙しいところ、ご支援いただきまして、大変ありがとうございました。なかなか研究費の調達が難しいので、大変ありがたいです。なんとか公表に結びつけたいと思います。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

Maki Iizuka

Maki Iizukaさん

身近にこの病気で苦しんでいる人がいま
す。1日も早くより良い治療法が見つかる
よう、研究成果・発表に期待していま
す。是非頑張って下さい!

2016-05-27 16:21:02

ご支援どうもありがとうございました。私も、一人でも多くの患者さんが、この病気から解放されるよう、新しい治療法の開発に向けて、取り組んでいきたいと考えております。頑張ります!

nakamoto

nakamotoさん

より良い治療法の発見のため、是非頑張ってください。

2016-05-22 20:50:29

ご支援と、励ましのお言葉をどうもありがとうございます!よりよい治療法を見つけるために、険しい道のりだとは思いますが、今後もがんばっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

K.I.

K.I.さん

研究成果・学会発表に期待しています。新たな治療法に
つながりますように。

2016-05-16 21:44:46

どうもありがとうございます!研究成果を出来るだけ早く発表出来るように、がんばりたいと思います!新しい治療法を探る研究に結びつけたいと思います!

su_3

su_3さん

成功を祈ります。

2016-05-16 19:53:29

どうもありがとうございます!なかなか道のりは険しいですが、必ず成功したいと思います!

Kaori Faux

Kaori Fauxさん

統合失調症の方とは臨床の現場を通して、毎日接していま
す。大変難しい病気です。がんばってください。

2016-05-12 11:23:36

ご支援どうもありがとうございます。大変難しい病気とのことですので、少しでもお役に立てる研究になれば、と考えています。臨床の先生方のお話も、出来るだけ多くお伺いしたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします。がんばります!

秋山 治彦

秋山 治彦さん

数学領域と生化学分野にまたがる研究に注目しています。ぜひ学会
での発表にこぎ着けていただけたらと思います。城南高校 秋山治

2016-05-12 07:14:29

ご支援大変ありがとうございます。地元の高校の先生でいらっしゃいますでしょうか。地域の方々にご支援していただけることは、非常に大きな励みになります。ぜひ学会での発表を成功させたいと存じますし、それ以外にも専門外の方に分かりやすい情報発信の機会なども探っていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

Smiki

Smikiさん

こんにちは。ご無沙汰しています。頑張って下
さい。

2016-05-11 01:23:41

お元気ですか?こちらこそ大変ご無沙汰しております!それにも関わらず、こうして、ご支援していただいて、本当にありがとうございます!一刻も早く論文化出来るよう、精一杯がんばろうと思います!

Aki Yamazaki

Aki Yamazakiさん

応援してます!頑張って下さい!

2016-05-10 16:01:53

ご夫婦で応援していただいて、本当にどうもありがとうございます!精一杯、がんばらせていただきます!

Norimitsu Yamazaki

Norimitsu Yamazakiさん

素晴らしい研究が世に出られるよう期待していま
す。営業頑張ってください。

2016-05-10 09:13:59

ご期待に添えるよう、多方面で頑張りたいと思います。ご支援、どうもありがとうございます!

tokyo.yomogins

tokyo.yomoginsさん

がんばってください!

2016-05-10 07:49:13

ご支援いただきまして、大変ありがとうございました。頑張ります!

Shihoko Nomura

Shihoko Nomuraさん

応援します。頑張って下さい!

2016-05-10 00:28:52

応援していただいて、どうもありがとうございます。励みになります。頑張ります!

Kouhei Yagi

Kouhei Yagiさん

応援しています頑張って下さい

2016-05-09 16:41:31

複数のご支援をいただきまして、本当にどうもありがとうございました!

Takuro Wakabayashi

Takuro Wakabayashiさん

特許出願を忘れないでください。

2016-05-09 16:40:27

ぜひ検討したいと思います。ご指南いただき、たいへんありがとうございました。

Kouhei Yagi

Kouhei Yagiさん

赤沢製作所です 頑張って下さい

2016-05-09 16:37:10

模型作製では、本当にお世話になりました。どうもありがとうございました!

noriet

norietさん

ご研究の発展をお祈りしております

2016-05-09 14:08:45

どうもありがとうございます。研究成果をしっかり発表出来るようがんばりたいと思います。

eques

equesさん

精神神経疾患の解明に突き進んで下さい。応援しています。

2016-05-09 11:51:40

いちはやいご支援、どうもありがとうございました。解明に突き進みたいと思います!

まだ進捗報告がありません。
このプロジェクトは、
2016年06月30日 19時00分までに目標金額 350,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
1,000円(税抜)
  1. G72の壁紙 
  2. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

7人が支援しています。
( 数量制限無し )

3,000円(税抜)
  1. 学会講演資料(電子版) 
  2. G72の壁紙 
  3. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

12人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. G72マグカップ 
  2. 学会講演資料(電子版) 
  3. G72の壁紙 
  4. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

19人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. サイエンスカフェ参加権 
  2. G72マグカップ 
  3. 学会講演資料(電子版) 
  4. G72の壁紙 
  5. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

10人が支援しています。
( 数量制限無し )

30,000円(税抜)
  1. G72オリジナル模型 
  2. 学会講演資料(電子版) 
  3. G72の壁紙 
  4. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

2人が支援しています。
( 限定5個 )

50,000円(税抜)
  1. 論文謝辞にお名前掲載 
  2. G72オリジナル模型 
  3. サイエンスカフェ参加権 
  4. G72マグカップ 
  5. 学会講演資料(電子版) 
  6. G72の壁紙 
  7. お礼のメッセージ(直筆サイン付・電子版) 

2人が支援しています。
( 限定2個 )