肺移植後の慢性拒絶反応をなくしたい!

支援総額
2,089,050円
達成率
104%
サポーター
116
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 79 進捗報告

目標金額を達成しました!


おかげさまで、達成率100%を超えることが出来ました。残り2週間を切った時点では50%に達していなかったので、正直、諦めかけていました。それが最後の2週間でグングン伸び、最後の最後、最終日に100%に達しました。本当に皆さんのおかげです。ありがとうございます。 皆さんからいただいたお金は、一度大学の口座に移し、公式な研究費用として使わせていただく予定です。これで終了ではなく僕にはこれからが開始なので、引き続き頑張っていきたいと思います。

academistスタッフからの一言

肺移植を支える基礎研究

呼吸器外科医のキャリアを順調に歩んでいたのにも関わらず、研究者として肺移植に関する基礎研究に携わることを決めた中桐研究員。誰も成し遂げていない「安定した慢性拒絶モデル」を確立することで、肺移植後の生存率を高めることを目指します。ドイツからのチャレンジに、ぜひご注目ください!

担当者

担当者:柴藤亮介

肺移植の現状

肺移植と言う言葉を、聞いたことがある人もいると思います。肺移植とは、病気により肺機能が極度に低下してしまった人たちに対して行われる治療です。肺移植の必要な患者さんは、普通の人が息を3分以上止めた状態と同じような酸素状態での生活を余儀なくされています。そのような患者さんにとっては、肺移植は最終手段であり、唯一の救済方法でもあります。

しかし危険な手術を乗り越えても、術後5年の生存率は50%しかありません。この生存率に一番影響を与えているのは「肺移植後慢性拒絶」です。肺移植後の拒絶には、大きく分けて急性拒絶と慢性拒絶の2種類があります。急性拒絶の研究はかなり進んでおり、免疫抑制剤である程度は症状を抑えることが出来るのですが、慢性拒絶はほとんど研究が進んでいません。慢性拒絶では、患者さんの肺の中の空気の通り道が詰まってしまうなど、移植した肺機能が徐々に低下してしまいます。


慢性拒絶モデルを作りたい!

慢性拒絶の研究が進んでいない原因のひとつは、動物の実験モデルが存在しないことです。これまでは、マウスの気管を皮膚の下に移植したマウスを「慢性拒絶モデル」に見立てていました。実際に気管を皮下に入れるとマウスが拒絶反応を起こし、ある程度時間が経過した後に気管を取り出すと、空気の通り道が塞がる傾向にあったためです。

しかしこの場合、気管を肺に移植したわけではなく、そもそも気管に空気も血も通らないため、慢性拒絶モデルとしては不十分です。研究者たちは、この慢性拒絶モデルで長年実験を進めていたのですが、モデルの正しさを裏付ける証拠がないため、実際の医療に反映させるための研究にはつながりませんでした。


マウス肺移植が可能に

ところが、数年前にマウスの肺移植を行うためのテクニックが開発されました。このテクニックを使うことにより、マウスと気管と気管、血管と血管どうしをつなげることができるため、実際に肺移植を行い慢性拒絶が起きるモデルを作れる可能性があります。私はこのテクニックを用いて、マウス肺移植後の慢性拒絶モデルを作りたいと考えています。最終的には、人の肺移植後の慢性拒絶を予防し、肺移植の成績を向上させることを目指します。


ドイツ再留学の決断

移植の基礎研究はすこし特殊な分野です。実際に移植をすることで起きる変化を調べる研究なので、肺の場合では、大学病院の臨床の外科の教室でしか研究がされません。しかし、大学病院の外科の教室というのは手術や病棟の仕事、生徒の教育、病院及び大学の運営の仕事と、さまざまな仕事があります。留学期間を含めた大学院生の間は研究が出来ていたのですが、助教になってからはほとんど出来なくなってしまいました。でも基礎研究をしなければ、医療の発展はありません。そこで私は、研究に専念できる環境を求めて、ドイツへの再留学を決めました。


研究費サポートのお願い

ドイツで研究員にはなれたのですが、研究費を申請できる立場ではありません。幸い、顕微鏡やマウスの肺を評価するためのCT、研究補助メンバーなどは共同で使えるようにしてもらっており、練習用のマウスの調達などは今まで行えました。しかし、実際のモデルを作るための資金が足りない状態です。今回、資金調達が出来ればマウスの購入費や飼育費、肺の様子を見るためのCT撮影費、薬品代に充てる予定です。海外にいるため、研究費申請もままならない状態であり、今回、皆さんのご支援を頂きたいと考え、アカデミストの挑戦を決めました。



挑戦者の自己紹介

はじめまして。中桐伴行(なかぎりともゆき)です。子どもの頃から理科が好きで、大人になったら研究者になりたいと考えていました。しかし研究者という存在が周りにはなく、どうしたらよいのか分からないままでした。「勉強したことが直接人助けになる」という理由から医学部に入り、外科医になりました。専門医になるまで臨床一本で進んできたのですが、大学で働くこととなり、大学院生として研究をし、またその大学院中にドイツに臨床研究留学することで、研究者という職業が明確となりました。そして、小さいころの夢がよみがえり、医学者として働いていきたいと思うようになりました。昨年から再渡独し、今、肺移植後の免疫を専門にしてハノーファー医科大学胸部外科学講座で一研究者として奮闘しています。

academistJounalに掲載中のインタビュー

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2016年4月 クラウドファンディングに挑戦
2016年~18年 実験継続、同時に論文準備、執筆
2018年4月 学会発表(世界心肺移植学会)予定

リターンの説明

1,000円(税抜)

注目のリターン:学会講演資料

  1. お礼の手紙(電子版) 
  2. 学会講演資料 

お礼のメッセージに加えて、学会講演資料をメールでお送りします。最先端の肺移植研究にすこしだけふれてみませんか?

現在、29人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:Hannover Medical School ポロシャツ

  1. Hannover Medical School ポロシャツ 
  2. お礼の手紙(電子版) 
  3. 学会講演資料 

Hannover Medical School ポロシャツをプレゼントします。ここでしか手に入らない限定商品です。サイズはS, M, Lからお選びください。また、デザインはこちらで選ばせていただきますので、到着してからお楽しみいただければと思います。

現在、40人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

10,000円(税抜)

注目のリターン:サイエンスカフェ参加チケット

  1. サイエンスカフェ参加チケット 
  2. お礼の手紙(電子版) 
  3. 学会講演資料 

2016年8月19日(金)、20日(土)に大阪でサイエンスカフェを開催します。当日は、はじめに肺移植の現状と課題をお話しします。その後、課題を改善するためにどのような研究が行われているのか、そしてどの程度進んでいるのかということについてお話しするとともに、私の研究の位置づけをお話しいたします。

現在、22人のサポーターが支援しています。

( 限定30個 )

20,000円(税抜)

注目のリターン:お悩み相談チケット

  1. お悩み相談チケット 
  2. サイエンスカフェ参加チケット 
  3. お礼の手紙(電子版) 
  4. 学会講演資料 

手術全般に関するお悩み相談にのります。サイエンスカフェにお越しいただける場合にはその前後の時間を利用して、お越しいただけない場合にはメールで対応させていただきます。

現在、2人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

30,000円(税抜)

注目のリターン:Hannover Medical School パーカーとUSBメモリ

  1. Hannover Medical School パーカー 
  2. Hannover Medical School USBメモリ 
  3. サイエンスカフェ参加チケット 
  4. お礼の手紙 
  5. 学会講演資料 

Hannover Medical School のパーカーとUSBメモリをお届けします。ポロシャツと同様こちらでしか手に入らない限定品ですので、ぜひご支援をご検討ください。

現在、13人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

50,000円(税抜)

注目のリターン:Hannover Medical School セット

  1. 学会資料にお名前掲載 
  2. Hannover Medical School パーカー 
  3. Hannover Medical School USBメモリ 
  4. サイエンスカフェ参加チケット 
  5. Hannover Medical School ポロシャツ 
  6. お礼の手紙 
  7. 学会講演資料 

Hannover Medical School グッズ(パーカー、USBメモリ、ポロシャツ)をお届けします。また、学会資料にあなたのフルネームを記載し、メールにてお届けいたします。

現在、5人のサポーターが支援しています。

( 限定10個 )

100,000円(税抜)

注目のリターン:論文の謝辞にお名前掲載

  1. 論文の謝辞にお名前掲載 
  2. 学会資料にお名前掲載 
  3. Hannover Medical Schoolパーカー 
  4. Hannover Medical SchoolUSBメモリ 
  5. サイエンスカフェ参加チケット 
  6. Hannover Medical Schoolポロシャツ 
  7. お礼の手紙 
  8. 学会講演資料 

論文の謝辞にお名前を掲載します。今回の研究は、肺移植後の研究の中でも、慢性拒絶の免疫に関するもので、その中でもリンパ球のあるグループの働きを見ると言うものです。このように書くと今回の研究はすごく狭い範囲に聞こえてしまいますが、今回のマウスモデルはこの慢性拒絶自身を作るモデルの研究なので、免疫・リンパ球に限らず、あらゆる慢性拒絶の研究に用いることが出来ると考えています。このモデルを通して、他の研究分野も発展してくれることが期待されます。

現在、5人のサポーターが支援しています。

( 限定5個 )

300,000円(税抜)

注目のリターン:Vision Sharing Partner

  1. 直筆のお礼のメッセージ 
  2. 研究室にお名前いりの額縁を掲載 
  3. 論文の謝辞にお名前掲載 
  4. 学会資料にお名前掲載 
  5. 学会講演資料 
  6. サイエンスカフェ参加チケット 

直筆のお礼のメッセージを2名様限定でお届けします。また、Vision Sharing Partner として研究室にお名前入りの額縁を掲載します。肺移植の研究を長期的に応援していただけると嬉しく思います。

現在、0人のサポーターが支援しています。

( 限定2個 )

サポーターからの応援メッセージ 79 件中 1-10 件を表示


Akiko Murata

Akiko Murataさん

色々大変だと思いますが頑張ってくださいね。応
援してます

2016-06-21 16:41:46

ありがとう!

棚田 稔

棚田 稔さん

応援しております。

2016-06-21 13:24:54

ありがとうございます!これからが本番です。がんばります!

むむ

むむさん

目標達成されていたようですが、動画を
見て少しでも協力できればと思いまし
た。応援しています!

2016-06-21 10:19:07

むむさん
ありがとうございます。動画を見て支援していただけたなんて光栄です!

Yozo  Kashiwa

Yozo Kashiwaさん

中桐先生、ドイツに行ってたんですね、
知らんかったです。先生の努力が大きく
結実することを心より祈念しておりま
す。

2016-06-20 22:53:32

Kashiwa先生
そうですよ、ドイツに居ます。研究も、生活も綱渡り状態ですが…
ありがとうござます!頑張ります!

Hirohisa HIRABAYSHI

Hirohisa HIRABAYSHIさん

松田 暉先生のFB投稿で知りました…遅ればせながら、更
に微力ながら応援させていただきます。

2016-06-20 22:41:00

HIRABAYASHI先生
ありがとうございます!どうしても諦められなくてドイツに来てしまいました。
頑張ります!

Takako Yamashiro

Takako Yamashiroさん

応援しています。頑張ってください!

2016-06-20 21:57:51

Yamashiroさん
ありがとうございます。頑張ります!

hiru-p

hiru-pさん

微力ながら再び支援させていただきます。
ぜひ達成して研究を続けていただき、術後の拒絶反応がなくなるこ
とを願っております。

2016-06-20 21:57:30

hiru-pさん
術後拒絶を「なくす」のは本当は出来ないと思うのですが、この研究で出来る限り「へらす」ことが出来るようになればと思っています。

Shinpei Okada

Shinpei Okadaさん

ギリギリでごめん。到達しますようになっ

2016-06-20 20:43:05

Shinpei
ありがとう!いやいや、これ強制じゃないねんから。

ringooo

ringoooさん

こんにちは。twitterで拝見しまして、少しですが参加さ
せていただきたいと存じます。ご成功お祈りしておりま
す。

2016-06-20 18:55:30

ringoooさん
ありがとうございます。おかげさまでクラウドファンディングは達成しました。でもこれからが本番です。がんばります。

komehana

komehanaさん

チャレンジしていること尊敬します。
研究頑張って!!
達成祈ってます!
(誰かわかんないかな、、、附属の人です)

2016-06-20 13:10:07

komehanaさん
コメハナ…ごめんなさい、ちょっと分からないです。でもありがとうございます!

79 件中 1-10 件を表示
次へ
まだ進捗報告がありません。
このプロジェクトは、
2016年06月21日 19時00分までに目標金額 2,000,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
1,000円(税抜)
  1. お礼の手紙(電子版) 
  2. 学会講演資料 

29人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. Hannover Medical School ポロシャツ 
  2. お礼の手紙(電子版) 
  3. 学会講演資料 

40人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. サイエンスカフェ参加チケット 
  2. お礼の手紙(電子版) 
  3. 学会講演資料 

22人が支援しています。
( 限定30個 )

20,000円(税抜)
  1. お悩み相談チケット 
  2. サイエンスカフェ参加チケット 
  3. お礼の手紙(電子版) 
  4. 学会講演資料 

2人が支援しています。
( 数量制限無し )

30,000円(税抜)
  1. Hannover Medical School パーカー 
  2. Hannover Medical School USBメモリ 
  3. サイエンスカフェ参加チケット 
  4. お礼の手紙 
  5. 学会講演資料 

13人が支援しています。
( 数量制限無し )

50,000円(税抜)
  1. 学会資料にお名前掲載 
  2. Hannover Medical School パーカー 
  3. Hannover Medical School USBメモリ 
  4. サイエンスカフェ参加チケット 
  5. Hannover Medical School ポロシャツ 
  6. お礼の手紙 
  7. 学会講演資料 

5人が支援しています。
( 限定10個 )

100,000円(税抜)
  1. 論文の謝辞にお名前掲載 
  2. 学会資料にお名前掲載 
  3. Hannover Medical Schoolパーカー 
  4. Hannover Medical SchoolUSBメモリ 
  5. サイエンスカフェ参加チケット 
  6. Hannover Medical Schoolポロシャツ 
  7. お礼の手紙 
  8. 学会講演資料 

5人が支援しています。
( 限定5個 )

300,000円(税抜)
  1. 直筆のお礼のメッセージ 
  2. 研究室にお名前いりの額縁を掲載 
  3. 論文の謝辞にお名前掲載 
  4. 学会資料にお名前掲載 
  5. 学会講演資料 
  6. サイエンスカフェ参加チケット 

0人が支援しています。
( 限定2個 )