深海生物テヅルモヅルの分類学的研究

支援総額
634,500円
達成率
158%
サポーター
81
残り時間
終了

プロジェクト内容 コメント 63 進捗報告 6

目標金額を達成しました!


みなさまのご支援のおかげで、「深海生物テヅルモヅルの分類学的研究」が無事にサクセスしました!

支援金額を超えた分につきましては、研究をより効率的に進めるための電動ピペットの購入や、支援者対象のサイエンス・カフェの企画に充てる予定です。プロジェクト期間中にしか手に入らないリターンもございますので、引き続きご支援のほど宜しくお願いいたします!

テヅルモヅルとは

はじめまして。岡西政典(OKANISHI Masanori)と申します。 私は、深海生物テヅルモヅルの分類学的な研究をしています。<br><br>

下の写真は、セノテヅルモヅルというテヅルモヅルの一種です。サンゴや海藻ではなく、これで一個体の動物です。テヅルモヅルはクモヒトデ(ヒトデとは腕の骨格が異なる別のグループ)というグループに属しています。ヒトデの仲間といえば五本の腕しか持たないと想像されるかもしれませんが、テヅルモヅルは腕が何度も枝分かれするため、このような形をしています。


キヌガサモヅルの分類を調べたい

テヅルモヅルは研究が進んでいない部分が多く、例えば生物学研究の基礎となる種の分類も不明瞭です。左の写真のキヌガサモヅルはそのような種の一つです。

キヌガサモヅルは世界中に生息していると言われていますが、実際には生態や形が異なる複数の種に分類できるのではないかと私は思っています。長らく研究者がいなかったためこうした問題は手つかずのままでしたが、近年のDNA分析などの手法を用いることで、その謎が解明できるのではないかと期待しています。


研究費サポートのお願い

そこで今回、皆様からのご支援をいただくことで、キヌガサモヅルのさらなる分類を進めていきたいと考えています。

具体的には、既に博物館から拝借している日本近海産の標本からDNAを抽出し、実験所の施設を利用し各々の配列を比較します。もし、DNA配列の異なる集団を見出し、それらの形などの特徴の違いも検証することができれば、複数の種に分けることができます。場合によっては新種の発見も十分期待できるでしょう。このように、材料は揃っておりすぐにでも研究にとりかかる準備はできているのですが、実験費用が足りていません。

今回の研究では少なくとも150個体のDNA配列を決定したいと思っていますが、そのためのDNA抽出用、配列増幅用の試薬、およびDNA配列解析用の企業への外注費が20万円を超えるため、個人での研究遂行は困難です。

そこで是非とも、皆さんのご支援を頂きたいと考え、今回のプロジェクトを立ち上げました。

academistJounalに掲載中のインタビュー

研究計画

以下のスケジュールで研究を進めていきます。

2014年 4月~5月 プロジェクト実施
  1. クラウドファンディングに挑戦します!皆さま、ご支援よろしくお願いします。
2014年 7月 実験開始
  1. 実験準備(3日)
  2. DNAの抽出(4日)
  3. DNAの増幅実験(2週間)
  4. ※1日16個体分の実験を行います。 実験の失敗も予想されるため2週間に設定しました。
  5. DNAサンプルの調整・配列解読外注(3日)
  6. 解読結果到着・配列解析(1日)
2014年 9月 学会発表
  1. これまでの研究成果を日本動物学会@仙台で発表いたします。ご支援いただいた方全てのお名前をスライドに掲載し、スライドをメールにてお送りいたします。
  2. また、3,000円以上のご支援をいただいた方には学会発表動画もお送りいたします。
  3. ※万が一、病気や災害等の理由で日本動物学会に不参加となった場合には、後日発表内容を撮影した動画をお送りいたします。ご了承ください。
2014年 10月 ~2015年 3月 論文執筆、投稿
  1. 論文執筆に取りかかります。
2015年 4月以降 論文掲載
  1. 論文掲載を目指します。10,000円以上ご支援いただいた方のお名前を謝辞に掲載いたします。
  2. ※採択時期に関してはお約束出来ませんので、予めご了承ください。

リターンの説明

500円(税抜)

注目のリターン:学会講演資料

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 

本プロジェクトで実施した研究成果を9月に仙台で開催される日本動物学会で発表する予定です。支援をして頂いた方には、学会で利用するプレゼンテーション資料をメールにてお送りいたします!

現在、13人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

1,000円(税抜)

注目のリターン:モヅル壁紙(3枚)

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 

私が撮影したテヅルモヅルの壁紙を3枚お送りいたします。 1枚目:ヒメモヅル、サキワレテヅルモヅル、セノテヅルモヅルのいずれか 2枚目:和名がつけられていない1種 3枚目:私が発表した1新種

現在、7人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

3,000円(税抜)

注目のリターン:学会講演動画

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 

本プロジェクトで実施した研究成果を9月に仙台で開催される日本動物学会で発表する予定です。支援をして頂いた方には、学会で利用するプレゼンテーション資料に加えて発表動画をお送りいたします!

現在、7人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

5,000円(税抜)

注目のリターン:モヅルポロシャツ

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 

私の友人のアイコン作成師がデザインしたオリジナル・モヅルポロシャツ(色:ブラック)を郵送にてお送りいたします。サイズはS, M, L, XLからお選びください!

現在、22人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

10,000円(税抜)

注目のリターン:論文の謝辞に氏名掲載

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 

本研究成果をまとめた論文の謝辞に実名を掲載させていただきます。また、完成した論文をメールにてお送りいたします。出版までにはある程度の時間はかかりますが、末永く応援していただけると幸いです。

現在、16人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

15,000円(税抜)

注目のリターン:モヅルパーカー

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 
  7. モヅルパーカー 

私の友人のアイコン作成師がデザインしたオリジナル・テヅルモヅルパーカー(色:ネイビー)を郵送にてお送りいたします。サイズはS, M, L, XLからお選びください!

現在、10人のサポーターが支援しています。

( 数量制限無し )

30,000円(税抜)

注目のリターン:モヅル標本(乾燥)

  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 
  7. モヅルパーカー 
  8. モヅル標本(乾燥) 

私が実際に採取したテヅルモヅルの乾燥標本を郵送にてお届けいたします。(※研究対象として使えなくなった標本ですが、見た目に問題はありません。)

現在、6人のサポーターが支援しています。

( 限定6個 )

サポーターからの応援メッセージ 63 件中 1-10 件を表示


Hitomi SUTO

Hitomi SUTOさん

すべり込み!好きなモヅルはキヌガサモヅルです!

2014-05-29 11:51:23

ありがとうございます!真広域性かつ深海性のキヌガサモヅルを応援してくださるとはお目が高い!そんなあなたにお勧めしたいのはフシモヅルです!これからもモヅルをよろしくお願いいたします!

しっぽよ

しっぽよさん

テヅルモヅル大好きです
頑張ってください

2014-05-09 14:13:04

ありがとうございます!こんなにテヅルモヅルを好きな方々がいるとは,本当に感激です.いずれは,テヅルモヅル好きの皆さんのテヅルモヅル欲を満たすことの出来るコンテンツも作っていきたいと考えています.

Morichika Miyazaki

Morichika Miyazakiさん

ダイオウイカ、ダイオウグソクムシに続く人気者となってほ
しいです

2014-05-09 13:31:38

ありがとうございます!三年経った現在,それら二者にはまだ知名度では及んでおりませんが,どうやら隠れ(?)ファンはいるようです.今後も普及活動に務めたいと思います.

asoheey

asoheeyさん

知人に紹介してもらいテヅルモヅルに興味をもちました。
研究を応援させて下さい。

2014-05-02 19:54:05

ありがとうございます!お陰様で,論文成果として発表する事ができました.是非,今後ともテヅルモヅル,そしてひいてはなかなか陽の目を見ないようなマイナーな生き物に興味を持っていってもらえればと思います.

Hirokazu Abe

Hirokazu Abeさん

クラウドファンディングとても面白い取り組みだと思います。プロジェクトの成功とアカデミスト第一号として幸先の良いスタートを願っております。

2014-04-28 13:23:09

はい,皆さんのおかげで,目標額を大きく上回るご支援をいただきました!本当にありがとうございました.その後も,academistで様々なチャレンジが生まれ,研究費を獲得しているようです.その第一弾となれたことを光栄に思っています.

oiwa

oiwaさん

テヅルモヅルは昔から好きでした。このような研究に貢献できることを光栄に思います。

2014-04-28 00:01:28

なんと!それは多分,私よりもテヅルモヅル歴が長いと思います.皆さんの応援を無駄にしないために,日々研究に勤しんでおります.最近論文第一弾を発表しましたが,第二弾も準備中ですので,ご期待いただきたいと思います.

maanya

maanyaさん

研究結果を楽しみにしています。そして、未知なる生物に対する
今後の研究のさらなる発展にも期待しています。

2014-04-27 11:05:36

ありがとうございます!最近,やっと成果の一部を発表できました.この研究を機に,更にテヅルモヅルの謎の解明に精力的に取り組んでいきたいと思っています!

5tupid

5tupidさん

テヅルモヅルを見ていると、メルヘンの世界を感じます(友人は誰
も賛同してくれませんが…)水族館や博物館でもいつもクギヅケで
す!ぜひ色々と解き明かしていって下さい!!

2014-04-25 19:59:36

はい,実はこの腕の分岐パターンにも何か系統や進化との関係がありそうだなと思っている今日この頃です.いずれはそのような数学的なアプローチもできればと考えています.応援ありがとうございます!

Hironobu Muragaki

Hironobu Muragakiさん

いやぁ、テヅルモヅルってのは懐かしい。中高が生物研究部で海によく行きましたが、そのせいかデカイ魚よりも腔腸動物なんかの小型の生物に興味があります。海産のよう分からん生物に遺伝子の方からアプローチをするというのは、理にかなっているように思います。頑張って下さい。長崎の方ではヒトデを食べる地方もあるようですが、さすがにテヅルモヅルは食べられんでしょうなぁ。テヅルモヅルもサポニンとか持ってるんでしょうか?俄かに興味が沸いてきました。ではではー。

2014-04-25 17:07:59

はい,実際に遺伝子解析を行う事で,いくつかの分類学的な成果が得られています!現在論文執筆中ですので,ご期待いただければと思います.テヅルモヅルは,大昔にフィリピンで食べていたという記録があります.少なくとも茹でれば毒は少ないようです.

Masataka Shishido

Masataka Shishidoさん

テヅルモズルの生態が解明できるといいですね。びっくりするような生態が発見されたり、我々の生きるヒントにつながるようなものが見つかったら、うれしいです。ワクワクします。研究がんばってください。

2014-04-25 12:59:01

はい,まさにそんな研究の基礎を築くことができればと思っています.最近,私以外にもテヅルモヅルの研究者が現れたようで,うれしい限りです!

63 件中 1-10 件を表示
次へ

2017-04-01 13:45:40

ご支援いただいた皆様,

2014年には多大なご支援をいただき,誠にありがとうございました.既にネットニュースなどでご存知の方もおられるかもしれませんが,皆様にご支援頂いた成果の一部が,この度,論文として発表されましたので,お知らせをさせていただきます.書誌情報は以下の通りです.

Okanishi, M, Fujita, T, Maekawa, Y, Sasaki, T. Non-destructive morphological observations of the fleshy brittle star, Asteronyx loveni using micro-computed tomography (Echinodermata, Ophiuroidea, Euryalida). Zookeys. 663: 1-19.

論文は,以下のリンクから閲覧できます.ページの右上の方の「PDF」をクリックすると電子版がダウンロードできます.
https://doi.org/10.3897/zookeys.663.11413

上手くいかない方は,個別に電子版をお送りいたしますので,お申し付けください.

また今回の成果は,初の学術系クラウドファンディングを基にした論文発表としては国内初という事で,いくつかプレスリリースもさせていただいております.

茨城大学
http://www.ibaraki.ac.jp/news/2017/03/280911.html
academist journal
https://academist-cf.com/journal/?p=3986
Euekalert!
https://www.eurekalert.org/pub_rel…/2017-03/pp-tfc032717.php

実は今回の論文の内容は,皆さんにご支援いただいたそのものではございません.研究対象のキヌガサモヅルをX線で観察し,分類に有効である,という手法を示した論文で,新種の発表には至っておりません.これは,皆さんに予想以上のご支援をいただき,新種記載に先立ってキヌガサモヅルを見分けるための形態を色んな方法で観察した結果です.

この観察手法(X線)は最近になって様々な動物で進められつつあるため,あまりのんびりしていると価値が薄れてしまう恐れがありました.そのため,新種の記載論文を進めつつも,こちらの出版を急いだ形となります.事実,本論文の掲載が決定してすぐ後に,他のクモヒトデでX線画像を撮ったという似た論文が出ており,本当にギリギリセーフだったかと思っております.

勿論,本筋の新種の記載論文の方も,今年の内に発表できるように進めております.少しだけ成果をお話しますと,日本には一種しかいないと思われていたキヌガサモヅル類ですが,実は少なくとも3種が存在している事がわかりました.この結果と,古今東西のキヌガサモヅルの採集記録120件ほどの論文を比較した結果,このうち一種は従来のキヌガサモヅルで,2種は新種として記載すべき,という結論に至っております.

ということで皆様にご支援いただいた研究成果は,少なくとも論文2報分になりそうです.本当に,皆さんのご支援なしにはここまでの成果には至りませんでした.今回の論文や現在執筆中の論文では,これまでに使った事のない手法にチャレンジしておりますので,単なる研究成果を上げるだけでなく,私自身の研究のスキルアップにもつながっております.

改めまして,ご支援をいただき,本当にありがとうございました.しかしながら,当初の予定から成果公表が遅れてしまっている事は,全て私の不徳の致すところで,ただただお詫びを申し上げるしかございません.皆様をお待たせしてしまい大変申し訳なく思っておりますが,新種の記載論文も引き続きお待ちいただけましたらと思います.

それでは,今後ともよろしくお願いいたします.

茨城大学 岡西政典

2014-11-19 09:31:49

皆さんにご支援いただいた研究費で電動ピペットを購入して実験したサンプルを,本日企業の外注に出しました!

間もなく結果が出ると思います!楽しみです!

2014-10-16 15:43:16

本日,DNA実験を開始いたしました.出張などが重なり,実験開始が遅れてしまいましたが,いよいよ本格的に研究開始です!また随時,新著置く状況をご報告いたします!

2014-09-22 15:39:00

【もづるカフェのご案内】

皆さまのご支援のおかげで,キヌガサモヅルの研究に必要以上の金額が集まりました.本当にありがとうございました.

そこで,支援者の皆様への感謝の意味も込めまして,「もづるカフェ」を開催したいと思います!概要は以下の通りです.

----------------------------------------------------------------
【もづるカフェ】
■日 時:2014年12月7日(日)14:00~16:00
■場 所:10°cafe(JR高田馬場駅早稲田口より徒歩3分)
(http://judecafe.com/access-%E4%BA%A4%E9%80%9A%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/)
■対 象:支援者(もづT,もづポロ,もづパー所有者優先)
■人 数:限定20名
■参加無料!
■講演内容:
1. てづるもづるとは?
2. 分類学って?
3. これまでの研究紹介
4. キヌガサモヅルの分類学的研究の進捗状況
----------------------------------------------------------------

講演の後は参加者を交えてのサイエンスカフェ形式での鼎談を行いたいと思います.カフェ終了後は,早稲田近郊で懇親会(こちらは有料)も開催予定です.参加者の皆様の親睦を深めていただくため,首から下げる名刺ケースをご用意いたしますので,名刺等ご所属のわかるものをご持参ください.

開催場所の詳細は以下の通りです

申し込みは私岡西政典( mokanishi@tezuru-mozuru.com )までお願いいたします.タイトルを「もづるカフェ申し込み」としていただき,以下のフォームをお埋めください.

氏名(アカデミストユーザー名):
講演会参加:有・無
懇親会参加:有・無

申し込み締め切りは,11月14日とさせていただきます.懇親会のみの参加も歓迎です.

それでは,12月に皆様にお会いできますことを楽しみにしております!

岡西

2014-09-22 15:27:01

【支援者の皆様へ】

事務の方々の積極的な働き掛けもあり,academistの支援金を,ついに本日(9/22)付で実際に使えることになりました!

これで研究が進められます!ありがとうございます!九月中は実習でなかなか時間がとれませんが,十月以降に本格的に研究を開始したいと思います.

十二月にはリターン用の研究発表の他,イベントの企画も考えております.

お楽しみに!

2014-07-24 18:06:15

【支援者の皆様へ】

京都大学の岡西政典です。この度はご支援をいただきありがとうございました。リターンは楽しんでいただけておりますでしょうか?

スケジュール上では既に研究を開始しておりますが、実は、今回の研究費獲得のための購入型クラウドファンディングは日本でも初めての試みということで、京都大学での事務処理に時間がかかっており、まだ研究に使うことができない状況でした。

現在は事務受入れの見通しが立ってきており、うまくいけば9月から研究費を使える見通しです。

従いまして、もっとも重要な研究部分に関する変更となってしまい大変恐縮なのですが、研究スケジュールを二ヶ月遅らせ、9月から研究のスタートとさせていただきたいと思っております。

これに伴い、9月の日本動物学会@仙台での研究発表資料/動画を、一部のリターンとして皆様にお届けする予定でしたが、スケジュール上難しい状況となってしまいました。そこで、代わりに、12月に開催予定の棘皮動物研究集会(ヒトデ・ナマコなどの動物を扱う研究者の集会。学会に負けない規模の研究者が集まります)での発表資料を、皆様にお届けしたいと考えております。

当初の予定と異なるため皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よりよい研究内容を見ていただくための決断であることをご理解いただけましたらと思います。

現在、予察的ではありますが、手元にあるキヌガサモヅルのサンプルの顕微鏡観察や生息情報の整理の結果から興味深い知見を得ており、早く実験に着手したくてうずうずしております。

皆様にはなるべく早く、「研究上のリターン」をお届けできますよう、邁進しておりますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いです。

それでは、今後とも応援よろしくお願いいたします。

岡西政典

このプロジェクトは、
2014年06月05日 12時00分までに目標金額 400,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

お支払について

academistでのお支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。


銀行振込をご希望の方は、info@academist-cf.comまでご連絡ください。

セキュリティについて

当サイトはSSL暗号化通信に対応しておりますので、入力した情報は安全に送信されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
500円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 

13人が支援しています。
( 数量制限無し )

1,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 

7人が支援しています。
( 数量制限無し )

3,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 

7人が支援しています。
( 数量制限無し )

5,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 

22人が支援しています。
( 数量制限無し )

10,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 

16人が支援しています。
( 数量制限無し )

15,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 
  7. モヅルパーカー 

10人が支援しています。
( 数量制限無し )

30,000円(税抜)
  1. お礼のメッセージ 
  2. 学会講演資料 
  3. モヅル壁紙(3枚) 
  4. 学会講演動画 
  5. モヅルポロシャツ 
  6. 論文の謝辞に氏名掲載 
  7. モヅルパーカー 
  8. モヅル標本(乾燥) 

6人が支援しています。
( 限定6個 )